薬剤師の転職に遅いはない!?30代後半でも大活躍

カンチよ。20代後半30代前半の薬剤師の需要が高いというのは分かったが、30代後半の薬剤師の転職事情はどうなっとるんだ?

30代後半で転職されるのなら、かなりシビアになった方が良いと思います。

「給料が高いから」とか「残業が少ないから」と、あまり良く考えずに転職をしてしまうと、後に痛い目を見てしまう可能性があります。

ほう、いろいろ問題がありそうだな。

ええ。まずですね、やっぱり転職自体は他の業種に比べてしやすいかと思います。ただ、正社員として薬剤師を一生続けていくと考えているのであれば、この年代の転職は最後にした方が良いでしょう。

そうなのか?若いときのように、条件の良い所へどんどん転職して言っては駄目なのか?

駄目というわけではないのですが・・・。色々理由はあります。

まず退職金ですが、これは勤続年数に応じて支払われるものです。そのため、勤続年数が短ければその分だけ金額は少なくなります。

そのため、30代後半から新しい職場に勤め始めるとなると、やはり長く勤めている薬剤師に比べて金額は少なくなってしまいます。更に年齢を重ねてからの転職では、もっと金額が少なくなってしまいます。

まぁ、それはどこの会社でも同じだよな。

なので、将来その会社を退職するときのことを考え、なるべく長く勤められる会社を見つけ出した方が良いかと思います。

そう考えると、30代後半は良い時期かなと思うわけです。

なるほどなぁ。他には何かあるのか?

年齢を重ねると今までの事を裏読みされる可能性がある

年齢を重ねてからの転職は、採用者に余計な疑問を持たせる可能性が出てきます。それまで転職回数が多い場合には厳しくなることでしょう。

オヤジさんがもし面接官だったとして、40歳近い人が面接に来て、それも転職回数が多かったりしたらどう思いますか?

普通に考えて、「あ、この人、何かあるな。あったんだろうな。きっとあったに違いない。だからこんなに転職回数が多いんだろう」とどうしても思ってしまうよな。例え違ったとしても。

ですよね。面接する側としても心配になってしまうんです。「何か問題を起こさないかな。すぐに辞めてしまうのではないかな。」と言った具合に。転職回数が少なかったらまた違うんですけどね。

なるほどな。

30代後半でも採用されやすい主婦薬剤師

ここまでは正社員での話だったのですが、30代後半でも採用されやすい人はいます。

お?どんな人だ?

それは「主婦の薬剤師」です。結婚や出産で現場を離れていた女性の薬剤師が、このくらいの年齢になると現場復帰してくることが多いのです。

子供が大きくなり手が掛からなくなって、自分の時間を作りやすくなるからだな。

そうですね。子供がどこかに預けられる年齢になることで、仕事に復帰することを考えるようになるのです。また、子供が大きくなるにつれお金も必要になってきたり、マイホームを購入してその支払いのためにやはりお金が必要になってくるのも、このくらいの時期なのです。

そうだな。で、みんな正社員希望なのか?

家庭の事情やその人の考え方にもよりますね。正社員でフルタイムで働き始める人もいますし、「時短勤務」で働き始める人もいます。

また、現場に慣れるまでは「アルバイト」で働く人もいます。また、「派遣」を選んで完全に自分のペースで働く人もいます。

本当、人それぞれですね。

どうなんだ?採用側としては?どんな働き方をしてくれる人を望むんだ?

正直どんな勤務体型でも歓迎してくれると思いますよ。余程人材が余っている会社以外は。

そんなもんなのか?

やはり人手不足というのが大きな原因ですね。少しでも働いてくれる人がいるだけで、本当に助かるんです。

じゃぁ、主婦で復帰する人は年齢の心配はそれほどしなくても良いということか?

そうですね。そこまで年齢はネックにならないと思います。

それでも薬剤師は転職しやすい

30代後半の薬剤師の転職は、少しずつ厳しいものになってくるというのは分かった。それまで転職を繰り返していた場合は特に厳しくなるということも。主婦の場合は、現場復帰してくる頃だというのも分かった。

そうですね。そんな感じです。とは言っても、他の職業に比べたら、まだまだ転職しやすい職業と言えます。

転職を繰り返していたとしてもか?

働き方を選ばなければ、薬剤師の需要はもの凄くあります。

働き方を選ばないとは?

基本的には、会社からしてみると正社員として雇用したいと考えるものです。ところが、少しの時間働ける、いわば時間に融通が利くようなアルバイトの存在は、どの会社でも重宝されるのです。

また、忙しい時期だけ入ってもらえるアルバイトや派遣と言った勤務形態の方はやはり重宝されます

つまりどういうことだ?

例えばドラッグストアの場合。ギリギリの人数で店舗を回していることが多いのです。でもそれでは、薬剤師の負担が大きくなってしまいます。休むことすらできないこともあります。

そんな時に、アルバイトでも薬剤師の免許を持っている人がシフトに入ってくれれば、店舗を閉めず、薬の販売をすることができます。

そんなものなのか・・・。

あ、見たことがあるぞ。ドラッグストアに行ったら、薬の棚にネットがかけられていて薬を買うことができなくなっていた。

ああ、それは薬剤師が不在ということです。なのでそういった時間が少しでもあるということは、商売している側からしてみると損失でしかありません。

消費者からしてみれば、「あの店はよく閉まっているから、薬は他の店で買おう」といったイメージが付いてしまいます。

それはまずいよな。

ですよね。なので開店休業状態は避けなければなりません。ということもあって、アルバイトの存在は大事であり貴重なのです。

なるほどな。

どんな状況でも仕事をする上での希望は伝えよう

以上のこともあり、薬剤師として仕事ができなくなると言ったことは、例え30代後半だとしてもほとんどないと言って良いでしょう。

そうだな。でも、20代後半や30代前半に比べると転職はしにくい状況になってくるんだろ?

その年代と比べればそうですね。年齢を重ねれば重ねるほど、どうしても転職はしにくくなるものです。

大抵の場合、転職してくる薬剤師の給与額は、年齢や経験が考慮されます。そのため、年齢が上の人が転職してきたら、それ相応の給与を初めから払わなければならないのです。

それは、長くその会社で勤めていた人から不満が出そうですよね。会社としても大きな出費となってしまいます。

確かにな。それ相応の年齢の人材に、初任給レベルの金額を渡すわけにもいかないもんな。

そうですね。と言いながらも、それは転職する先の会社の事情であるので、そこまで自分の年齢は気にしなくても良いと思いますよ。

年齢を気にする?どういうことだ?

転職する薬剤師の中には「もう30代後半だから、会社の言っている条件を全て飲まないと採用してもらえないかもしれない・・・。」と考えてしまう方がいらっしゃいます。つまり「イエスマンになってしまう」のです。

分かるなぁ、その気持ち。

でもそれでは、その先何年も働くわけですから自分がどんどん大変になってきてしまうのは目に見えています。

何歳であろうと、働く上での希望をしっかりと会社に伝えることは自分を守る為にも大事なことです

というと?

正社員としてもアルバイトとしても同じことが言えますが、「給与はいくらなのか」「労働時間は何時から何時なのか」「残業はあるのかないのか」「休日はどのようになっているのか」など、当然のことですが、この辺りはしっかりと確認を取った方が良いでしょう。

そして、自分が許せないような条件を出された場合には、断ってもいいと思います。

なるほど。なんでもOKになってしまうと、無理な労働を強いられる可能性があるということか。

そうですね。ただでさえ人手不足です。「ちょっと残業してくれない?」「ちょっとこの日、出勤してくれない?」といった具合で言われてしまうことがあります。

それを許してしまうと、その後、当然のようにどんどん要求されるようになり、結局大変になってしまうのは自分になってしまいます。

そうだな。ある程度は助けても良いかもしれないが、毎回毎回要求を飲んでいると、いつの間にか「この人は何を頼んでも大丈夫」と思われてしまうからな。

そうなんです。

そのため、入職前には必ず希望を伝えるようにしましょう。どんな細かいこともです。

でも言いにくいよな・・・。

ですね。でも肝心なことです。

もし言いにくいようなら、薬剤師の転職サイトを利用して就職活動を行えば、転職サイトのスタッフが代わりに言ってくれますよ

それはいいな。転職サイトって転職者以外も使えるのか?

はい。薬剤師の免許さえ持っていれば使えます

転職しようとしている薬剤師や、復帰しようとしている薬剤師といった具合に、免許さえ持っていれば大丈夫です。利用料も無料ですから安心して使ってください。

そうか。

登録だけしておいて、良い求人が見つかった時にだけお願いするという手もあります。

そういう人っているのか?

沢山います。すぐに転職したいという人がいる一方、条件が良い求人が見つかったら転職をしたいと思っているという人もいます。

なるほどな。

特に30代後半ともなってくると、転職には慎重になってきますので、複数の転職サイトに登録してなるべく多くの求人情報を集め、その中から十分に吟味することが多いです

なるほど。

なので、少なくても3つ前後の転職サイトに登録した方が良いと思います。どうせ無料ということもありますし、その方がより多くの求人情報を集められます。

沢山登録しても情報が被っているということはないのか?

そういったことも当然出てきますが、「その転職サイトにしかない求人情報」というものがあります。そういった求人情報の中には好条件のものがあったりするので、転職サイトの複数登録は転職・就職を成功させるための1つの方法だと思います。

なるほどな。

記事のタイトルとURLをコピーする

複数に無料登録して就職成功確率大幅アップ!

※転職を成功させるコツは「複数の求人サイトに登録すること」です。すべて無料で登録することができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ