満足度が高い薬剤師求人って?人それぞれ違うもの

転職してよかったのか?それとも悪かったのか?

本当のところは実際に転職してみないと分からないものですよね。

でも、転職する前にどうすれば自分で納得のいく、そして満足のいく転職ができるのかを考えておくと良いでしょう

また、転職を満足させるためには、その道のプロのサポートを受けることで転職成功率を上げることができます。

満足のいく転職 人それぞれ満足は違う

なぁ、カンチよ。薬剤師にとって「転職して良かったぁ」と思える転職ってあるのか?

それはつまり、『満足度いく転職はあるのか』ってことですか?

まぁそういうことになるわな。

そうですねぇ。一言で「満足」と言っても、人によって違いますからね。

え?どういうことだ?

もらえる給与が高いと満足する薬剤師もいますし、残業がないから満足だという薬剤師もいます。人間関係が良好であれば満足という人もいますし、通勤時間が短ければ満足という人もいます。

なるほどな。確かに人によって様々だな。

また、給与が不満で転職して給与が高くなったとします。給与に関しては満足できたことでしょう。でも、新たな不満が出てくることもあります。

え?どういうことだ?

転職先では給与が上がった分、残業時間が増えてしまったりするわけです。以前の職場は給与は低かったけど、残業はほとんどなかったとか。

なるほどな。以前の不満が転職により満足になることもあるが、以前当たり前だと思っていたことが、転職することにより、当たり前じゃなくなるってことか。

ええそうです。なので満足する職場を探すのは大事なのですが、自分の中で条件に対して優先順位を建てたり、最低ボーダーラインを決めておいた方が良いです。給与は最低いくら。残業はあり、なし。通勤時間は何分。といった具合にですね。

でも全ての条件を満たす求人なんてあるのか?そもそも自分で仕事をしながら見つけるなんて時間もかかるし大変だぞ。

確かに!なので、「薬剤師転職サイト」を使う薬剤師が多いのです。
自分が決めた条件を提示することで、その条件に合う求人情報を代わりに見つけて来てくれるのです。

インターネットの求人って怪しく感じるが大丈夫なのか?

大丈夫ですよ。今や、転職する薬剤師のほとんどが利用しているくらいですから。しっかりと実績のある確かなサイトだけを利用すれば良いのです。

給与がもっと高いと満足!

薬剤師の転職理由としてまず挙げられるのは「給与をもっと高くしたい」ということです。

おい聞いたぞカンチ。薬剤師って給料が高いらしいな。

そうですね。正直否定しません。色々仕事がありますが、比較的収入面では恵まれた職業と言えるでしょう。30代で年収600万円前後と言った所でしょうか。

な、なんと!そんなにもらっているなら転職する必要ないじゃないか!

私が言いたいのは、「もらっている人もいる」ということで、中にはもらっていない人もいるということなんです。

給与は勤めている会社が決めます。つまり薬局やドラッグストアですね。勤めている会社によって、仕事内容は同じなのに、給与に大きな開きが出ることが珍しくないのが薬剤師なんです。

そうなのか?

ええ。例えば総合病院の周りには、薬局が複数ありますよね。それぞれの薬局は経営者が異なる為、それぞれ給与が異なります。

なので、「目の前の薬局で働いた方が同じ仕事なのに全然給与が高い」何て事が普通にあるのです。

なぜそんなに給与の差が出るんだ?

やはり薬剤師の人材不足が挙げられます。そのため、高い給与を払ってでも人材確保をしたいという経営者は多いのです。人材がいなければ薬局経営できませんからね。

なるほどな。それでどんどん給与が高騰しているというわけか。

はい。逆に働く薬剤師にとっては、高い給与を得られる場所が沢山あるわけです。チャンスですね。

残業がないと満足!

カンチ、お前は残業しているのか?

昼間、オヤジさんの相手をしていますからね。残業でもしないと仕事が片付きませんよ。

お、そりゃ失敬!やはり「残業のあるなし」も転職の動機にはなるんだろ?

そうですね。先ほど「薬剤師は人手不足」と言いましたが、その影響もあり、少ない人数で仕事をしている場合が多いです。

患者さんを断るわけにもいきませんので、自然と仕事が回らなくなってきます。結果として残業をすることになります。

でも、全員が全員、残業を望んでいるというわけではないよなぁ。

おっしゃる通りです。確かに残業代は出ます。でも、例えばお子さんをお持ちの方はお迎えの時間があったりします。食事を作ったりもしなければなりません。

また、ただ単純に残業はしたくないという方もいます。

そうだよな。俺も仕事をしていた頃は、残業なんてしたくなかったからな。定時になったらササーって気配を消して帰っていたもんだ。

でしょうね。そんな感じですもんね。

何を!若造!

・・・。

それはそうとして残業のあるなしを転職理由に挙げる薬剤師が多いため、今では「残業はどのくらいあるのか」というのを求人に掲載するところも増えてきました。

求人に「残業なし」と出ていたら本当に残業はないのか?

大体は・・・です。

求人では「残業なし」と言っているのに、実際は残業があったという話もあります。でもそういった時には、転職サイトのスタッフに相談すると、代わりに会社に言ってくれます。それでも会社の対応が変わらないようでしたら、新しい職場を紹介してくれます。

自分じゃなかなか言いづらいもんな。代わりに言ってくれるってのはいいな。

時短勤務だと満足!

時短勤務を1番の条件に挙げる方も結構います。特に女性が多いですね。

子育て中の女性や、家事に時間を費やしたい女性、子供といる時間を長くとりたい女性って感じかな?

まさしく!あと、プライベートの時間を長めに確保したいという方も時短勤務を希望しますね。

でも、時短勤務を取り入れている会社なんてあるのか?

それが薬剤師業界だと結構一般化してきているのです。なので、条件として「時短勤務」を挙げると、転職サイトのスタッフがしっかり探してきてくれます。

もしも希望する転職先に時短勤務がなかったとしたら、導入してくれるよう交渉をしてくれます。

Wow!It’s nice!

・・・(なんで英語?)

通いやすいと満足!

職場までの通いやすさを重要視する方もいます。距離であったり、最寄駅からのアクセスであったりです。

通勤時間は短いに越したことはないよな。例えば車通勤の場合、朝のラッシュに巻き込まれると遅刻しかねないしな。そのために早めに家を出なくちゃいけない。

そうですね。電車通勤の場合もラッシュに巻き込まれたくないと思う方もいますし、駅からあまり歩きたくないと思われる方もいます。特に天気の悪い日はきついですからね。

例えばドラッグストアの場合。近くの店舗では求人が出ていなくて、遠くの系列店舗で求人が出ている場合には、何とかなるのか?家から近い店舗の方が通勤しやすいもんな。

交渉次第ですね。

そうか。でも交渉の余地があるだけでもいいな。

パートや派遣で満足!

噂で聞いたんだが、薬剤師のパートは時給が高いらしいな。

そうですね。私が聞いた中では時給5000円という求人があったとのことでです。

ゴッ!・・・5000円!凄いな!

ええ、それほど人材が欲しいんでしょうね。気持ちは分かります。薬剤師がいなければ店を開くことすらできませんし、元々働いている人を休ませる時間もありませんしね。

かといって、周りの薬局と同じ時給を提示しても他に取られてしまう可能性もありますし・・・。

じゃぁ、主婦の薬剤師にとっては良い収入源になるだろうな。

ええ、子育て、介護、家事の合間に1日3時間程度、働きに来ている方もいます。この厳しいご時世。少しでも家計の助けにと思う方は多いです。

あと、将来的に本格的に復帰する予定で、勘を鈍らせないためにパートをしている方もいますね。

なるほどな。

人間関係が良い職場は転職前に分かるのか?

少し疑問なんだけどな。給与や残業と言うのは転職の条件として分かりやすいものだと思うわけだ。でもな、転職サイトのスタッフはその職場にいるわけでもないのに、「人間関係」なんてわかるものなのか?

「なんとなく分かる」が正しい表現だと思います。
多くの転職サイトは転職希望者のデータを長年蓄積し持っています。転職を希望してきた薬剤師にヒアリングを行うことで、データはどんどん精度を増していきます。

例えば、ある薬局に勤めていた薬剤師が、転職を希望したとします。転職理由が「人間関係」だったとします。数年後、やはり同じ薬局に勤めていた人が転職希望を出してきたとします。転職理由がまたも「人間関係」だったとします。

なるほどな。同じ薬局に勤めていた薬剤師が揃って転職の動機を「人間関係」と答えるということは、その薬局には何かしらの原因があると考えるのが普通だな。

そうなんです。ただその場で見ているわけではないため、「なんとなく分かる」と言った感じになります。

まぁ、何となく分かるだけでも、まったく分からないよりは全然いいよな。

あと、転職を希望する職場の人間関係が気になるのであれば、「紹介予定派遣」という制度を利用すると良いと思います。

紹介予定派遣とは?

一定の期間、派遣社員として働き、その後、正社員になるかどうか話し合いで決めるといった働き方です。

これなら、しばらく働いている間に人間関係も見えてくると思います。

嫌なら他の職場に行けばいいし、良ければそこで正規に就職すれば良いしという感じになります。

つまり「お試し期間」というわけか。それは便利だな。転職の成功率は間違いなく上がるな。

そうですね。色々な転職方法がありますので、まずはプロに相談してみると良いと思いますよ。

高い満足度の求人に関しては「薬剤師が選ぶ満足度が高い求人サイト」でも紹介していますので、参考にしてみてください。


記事のタイトルとURLをコピーする

複数に無料登録して就職成功確率大幅アップ!

※転職を成功させるコツは「複数の求人サイトに登録すること」です。すべて無料で登録することができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ