薬剤師が転職するときの流れ -簡単に転職するために-

こんにちは、カンチです。

今回は「薬剤師が転職するときの流れ」を紹介します。

実は、薬剤師が転職する方法はいくつもあり、どの方法を選ぶかによって転職が成功するか失敗するかが左右されることがあるのです。

そこで「どんな転職方法があるのか」、そして、「どの転職方法を選べば転職が成功しやすいのか」、さらには「自分は何をすれば良いのか」を紹介したいと思います。

●このページの目次


1.5つの転職の方法

カンチよ。薬剤師が転職するときってまずはどうするんだ?

そうですねぇ。まずは求人を探します。その求人を探す方法として5つあります

  • 薬剤師求人サイト
  • ハローワーク
  • 卒業大学を利用
  • チラシや求人誌
  • 知人の紹介

このいずれかの方法となってくるでしょう。一番のおススメは「薬剤師求人サイト」ですね。


仕事を見つけると言ったら「ハローワーク」「求人誌」じゃないのか?

薬剤師の場合は断トツで「薬剤師転職サイト」ですね。次いで「知人の紹介」「求人誌」でしょうか。

なぜ転職サイトが利用されるんだ?何か理由があるのか?ただの流行りか?

自分の条件に合った求人を沢山紹介してくれるんです。利用料は無料ですし、ただ待っているだけなんです

それに交渉をしてくれて、給与や休日が増えることもあります。

なんと!それならみんなが利用するわけだな。

2.履歴書を準備しよう

転職と言っても面接はするんだろ?その時に履歴書は必要なのか?

必要ですね。一般的な履歴書を用意してくれれば問題ありません。履歴書自体そこまで重要ではありません。

面接するときの「話のタネ」みたいなものです。「〇〇大学出身なのかぁ」「〇〇薬局に勤めていたのかぁ」と言ったように面接官も話を膨らませやすいですからね。

話のタネ程度なら、そんなに履歴書は重要じゃないのか?じゃぁ簡単に書いてしまっても良いのか?

いえ、情報は正確に、そして正直に書いてください。

面接官が重要視するのは主に2つ。「職歴」「コミュニケーション力」です。薬剤師免許を持っていることは当然大前提です。

「職歴」「コミュニケーション力」

まず「職歴」ですが、一番重要視するのは「転職回数」でしょうか。転職回数が多ければ、採用しても辞められてしまう可能性がありますからね。

辞めてしまう可能性の高い人材を採用するのは難しいですし、もし採用したとしても重要な仕事は任せることは難しいですよね。

確かにな。ではなぜ「コミュニケーション力」は必要なんだ?

そりゃぁあった方が良いとは思うが・・・。

どういった会社に転職するのかにもよりますが、例えば薬局やドラッグストアの場合は、患者と毎日触れあいます。コミュニケーション力はどうしても必要になってきます。

そっけない態度で患者に接していたら、「あそこの薬局もう行かない!」ってなっちゃいますからね。薬局もお客商売ですから、それは避けたいですよね。

確かにな。

でも、普通にコミュニケーションが取れる程度で良いと思いますよ。あまり採用基準を厳しくすることはないと思います。やっぱり人手不足ですからね。

3.内定が出てからの注意点

今のご時世、面接をすれば大抵、内定は出ると思います。

転職する薬剤師は複数の面接を受けることがありますので、もらった内定の中から、どの会社が自分に一番合うのかを良く考えて選ぶようにしましょう。

まぁ、そうだな。いくつもの会社で勤務することはできなからな。

くれぐれも、内定が出てから退職するようにしてください。内定も出ないうちに辞めてしまい、万が一内定が出なかったら・・・ピンチですからね。

そうだな。気がはやる気持ちは分かるがな。

後、大抵複数の面接を受けることが多く、複数の内定が出ることが良くあります。

面接の前に優先順位を決めておきましょう。そして優先順位が高い会社の内定が出たら、その他の内定は丁寧にお断りするようにしましょう。

その辺りはしっかりと対応したいな。

万が一、断り辛いと思うのでしたら、転職サイトのスタッフに相談してみると良いでしょう。大抵代わりに断りの連絡をしてくれますよ。

そ、そんなことまでしてくれるのか。

4.入職前に必ず確認すること

どの会社に就職するのか決めたら、必ず最後にしなければならないことがあります。

それは「条件面の最終確認」です。

と言うと?

働き始めてから「あれ?話と違うぞ?」ということが起こり得ることがあります。

そういったことを避けたいため、最終確認をするのです。例えば以下の項目です。

  • 給与の金額
  • 休日の日数
  • 残業の有無
  • 異動の有無
  • 労働時間

最終確認って会社に聞けば良いのか?

いえ、そこは書面にしてもらうことをおススメします。口約束では反故にされてしまう可能性があります。

せっかく前の職場よりも良い環境を求めて転職するわけですからね。

書面にしてもらえるものなのか?それに「書面にしてください!」何て言ったら新しい会社への印象が悪くなるんじゃないか?

長く勤める会社ですから、その辺りをしっかりとして、納得した状態で働かないと、結局苦労するのは自分になってしまいます。

もし自分で言いにくかったら、転職サイトのスタッフにお願いすることもできます。

そんなことまでやってくれるのか?

多くの転職サイトではしてくれるはずです。こういったこともあり、転職する際に転職サイトを利用する薬剤師が多いのです。

5.円満退職をしよう

新しい職場も決まり、今勤めている会社を辞めるときにはどうしたら良いんだ?

辞める意思を伝えれば良いです。その意思表示として「辞表」を提出するわけです。

ただし、辞めるときにはもしかしたら一悶着ある可能性があります。

そうなのか?

薬剤師は人手が足らない状態です。どこも人材不足で苦労しています。

そんな中、一人でも人材が欠けるのは痛手になる会社が多いのです。そのため、引き止められることが良くあるのです。

でも、辞める辞めないは自由だろ?

そうなんです。なので、どんなに引き止められても強い意志を持って辞めなければなりません。

時には「辞めさせない」とか「代わりの人材が見つかるまで働いてくれ」と言われることがありますが、そこは正直関係ありません。

そうだよな。

でももし困ってしまったら、転職サイトのスタッフに相談してみると良いでしょう。解決策を提案してくれます。

そんなことにまで相談に乗ってくれるのか?凄いな。

また、法律上ですが、辞める14日前までに意思表示をすれば何の問題もなく辞めることができます。

引き止められたとしても、辞表を提出してから14日経てば法律的に辞めてしまっても何の問題もありません

なるほどな。

ただ、喧嘩別れは後味が良くないので、なるべく穏便に、そして毅然とした態度で臨むことをおススメします。

大人の対応ってやつだな。

6.まとめ

ということで「薬剤師が転職するときの流れ」を紹介させてもらいました。

絶対的に薬剤師転職サイトを利用することをおススメします。

希望を伝えて待っているだけなんだろ?利用料は無料だし。使わない手はないな。

転職の流れ おさらい

  • 薬剤師転職サイトに登録する(出来れば複数)
  • 希望する条件を転職サイトのスタッフに伝える
  • 希望した条件の求人を転職サイトのスタッフから受け取る
  • どの求人の面接を受けるか決める(複数でも可)
  • 面接を受ける
  • 内定をもらう
  • 退職届を出す
  • 新しい職場で働き始める

  • 記事のタイトルとURLをコピーする

    複数に無料登録して就職成功確率大幅アップ!

    ※転職を成功させるコツは「複数の求人サイトに登録すること」です。すべて無料で登録することができます。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ