薬剤師転職サイトの利用料が「0円」の理由

カンチよ。転職サイトってどうやって利益を出しているんだ?

まさか、利用する薬剤師からお金を取っているのか?

利用者からお金は取りませんよ。無料ですよ。無料

いやぁ~、それはおかしいだろ、カンチ君よ。君はまだまだ青いな。世の中「タダほど高いものはない」と教わらなかったか?

そんな都合の良いものあるわけないだろ?

オヤジさん、まだまだ青いですね。世の中タダのものがあるんですよ。

ワ、ワシが青いじゃと?この若造が!ではなぜタダなのか説明してみせい!

薬剤師転職サイトがタダで利用できる理由

オヤジさん、落ち着いてください。

仕組みを聞いたら「あ~なるほど!」と思うくらい結構単純な話ですよ。

単純とな?さっさと説明せい!

分かりました。

転職サイトには転職を希望している薬剤師が登録をします。同じように、薬剤師を欲しいと思っている会社(薬局やドラッグストアなど)も人材を求めて求人を出します。

つまり転職サイトとは転職したい薬剤師と、薬剤師が欲しい会社の間に入るわけです。つまりマッチングサイトというわけです。

それは分かる。

転職サイトは、薬剤師を求めている会社に薬剤師を紹介するわけです。

紹介した結果、転職が決まったとします。すると、会社から転職サイトに対して紹介料を支払うことになります

つまり「薬剤師を紹介してくれてありがとうね。紹介してくれた薬剤師が働いてくれることになったよ。謝礼を上げるね。」といった具合です。

なるほど。それが転職サイトの利益になるわけか。

でも、薬剤師を一人紹介する程度では大した利益にならないのではないか?

そう思いますよね?でもそうではないんです。

紹介して入職した薬剤師の年収のおよそ30%が紹介料と言うことで転職サイトに入るのです。

30%・・・?年収の?それって相当な金額になるんじゃないか?

ええ、かなりの金額ですね。

年収500万円だった場合、500万円×0.3ですから150万円です。

150万円!!!紹介した薬剤師が一人働き始めるだけで、そんなに利益を上げることができるのか?逆に言うと、採用した会社は150万円も支払うのか?

そうなんですよね。転職サイトと会社の契約にもよるのですが、そのくらいが一般的です。

しかし、そんな金額を支払える会社ってそんなにないんじゃないのか?

それがですね。薬剤師の世界では特別な事じゃないんです。

現に、薬剤師転職サイトの「薬剤師ではたらこ」の場合、扱っている求人数は7万件を超えています。つまり、それだけ多くの会社が求人を出していて、紹介料を支払えるということなんです。

薬剤師の世界ってそんな世界なのか・・。

ん?ちょっと待てよ。紹介した薬剤師の転職が決まったら紹介料をもらえるなら、どんどん紹介してしまえばそれだけ利益になるということか?

そうなると、訳の分からない会社に紹介されてしまうのではないか?

そう思いますよね。でも、そうはいかないんです。

なんじゃ?もったいぶらずにさっさと説明せんか!

一定の期間働かないと紹介料はもらえない

大抵の場合、紹介した薬剤師が一定の期間働かないと、転職サイトは紹介料をもらえないシステムになっているんです。

なるほど。つまりすぐに辞めてしまった場合には、紹介料を支払わなくても済むのか。

そうなんです。もちろん転職サイトと会社がどのような契約を結んでいるかにもよるのですが、一般的にはそんな感じです。

そうしないと、入職したのにすぐに辞めてしまったけど、莫大な金額の紹介料だけは支払うなんてことが現実として起こってしまいます。多くの薬局が潰れてしまいますよ。

そうだよな。「紹介料は支払いました。でも紹介してくれた薬剤師は3日で辞めました。」では、シャレにもならないな。

そうですね。ということで、転職サイトが紹介した薬剤師が数ヶ月から1年程度働くと、紹介料を支払うと言ったシステムを採用している所が多いです。

なるほど。でも、数ヶ月から1年程度で紹介料の元が取れるものなのか?

その会社の経営状況にもよりますが、求人を出しているくらいですからね。紹介料を支払うことは承知しています。

でも、会社としても採用した薬剤師がすぐに辞めないような努力は必要となってくるでしょうね。

人材が辞めない努力。企業努力と言う奴だな。

そうですね。
そもそも、会社としても高い紹介料を支払いたくはありません。でも転職サイトを利用しなければ人材を確保できないと言った現実があるのです。

ん?ちょっと待てよ、カンチ。良く新聞広告や雑誌で「薬剤師募集」みたいな広告を見ることがあるぞ?

そっちの方が費用が掛からなくて良いんじゃないか?

経営者の話だと、「紙媒体ではほとんどアクションがない。」とのことでした。今は転職サイトを利用する薬剤師ばかりだそうです。実際転職サイトの方が便利ですしね。

何年か紙媒体で求人募集を出していたこともあるそうですが、1人も採用できなかったようです・・・

う~ん・・・。会社からしてみたら、高い紹介料を支払っても人材確保しやすい転職サイトを使わざるを得ないということか・・・。

私は経営者ではありませんが、経営者に話を聞いたところ、「3年働いてくれれば十分だ。」と言っていました。

万が一3年で辞めたとしても会社として損はせず、十分利益が取れるそうなのです。つまり年収の約30%の紹介料は、薬剤師の世界にとってはそこまで高い金額ではないようなのです。

なるほどな、そんな感じなのか、薬剤師の世界とは。

まとめ ホントにホントにホントに利用料無料

いかがですか?薬剤師転職サイトを無料で利用できる理由は分かりましたか?

無料で利用できて当然のシステムだな。もし有料にしてしまったら、利用する薬剤師が減ってしまうかもしれないもんな。利用者が減ってしまっては利益にならないもんな。

おっしゃる通りなんです。

なので、転職サイトとしてもしっかりとしたサービスを提供していかなければならないのです。その他にも多くのライバルがありますからね。

もう1度聞くぞ。全てが無料なのか?一切お金がかかることはないのか?あとで、「あれは有料です、えへへ。」なんてことはないのか?

ないです。

ホントのホントのホントはどうなんだ?

ないです。

でも・・・

ないって言っているだろーーー!!!

・・・すみません。

記事のタイトルとURLをコピーする

複数に無料登録して就職成功確率大幅アップ!

※転職を成功させるコツは「複数の求人サイトに登録すること」です。すべて無料で登録することができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ