薬剤師を辞めたくて辞めたくて仕方がない・・・

決めた!

ん?何を決めたんだ?

薬剤師を辞める!

は?

薬剤師を辞める!辞めてやるぅ!辞めるんだぁぁぁ!!!

血迷ったか、小僧・・・。
何だ?どうした?何がお前をそうさせた。

あ、オヤジさん。来てたんですか?また自分の世界に入ってしまっていました・・・。ついつい心の声が・・・。

相変わらず熱くなると周りが見えなくなるな。
で、心の声ってことは、少なからず薬剤師を辞めたいと思っているということだと思うのだが、何が原因なんだ?

あ、薬剤師を辞めるつもりはないですよ。この薬局も辞めるつもりはないです。やはり条件面からしてみても、他の職業に比べて優遇されていることは多いですからね。

まぁ多少なりとも不満はありますけどね。

恐らく私以外の多くの薬剤師も、多かれ少なかれ何かしらの不満を抱えていると思いますよ。

まぁ、どの仕事でも不満は出てくるもんだよな。その上で、その職場に留まるのか、それとも転職するのかを決断するわけだよな。

ええ、そうですね。

薬剤師を辞めたいと思うほどの不満は?原因は?

薬剤師を辞めたいと思うほどの不満や原因はどんなものがあるんだ?

あ、前提としてなんですが、「薬剤師を辞めるという人は余程の事がない限りほとんどいないと思います」

これは先ほど言ったように、労働条件面で考えると、他の職業に比べて比較的恵まれた環境であるとみんな知っているためです。それにせっかく取得した国家資格ですから、無駄にはしたくないですからね。

ということは、薬剤師が「辞める」という時には、その会社(薬局・ドラッグストア)を辞めるということであって、薬剤師を辞めるというわけではないんだな?

そうですね。今までにも何人もこの会社を辞めた人がいますが、みんな他の会社で薬剤師として活躍していますよ。

なるほどな。

じゃぁ質問を少し変えよう。「薬剤師が会社を辞めたい、もしくは、転職したいと思うほどの不満や原因はどんなものがあるんだ?

そうですね。人それぞれなので何とも言えないのですが、いくつか例を挙げてみます。

多いのは「給与」「時間」「人間」系の問題です。

「給与」について

基本的に薬剤師の給与は高めに設定されています。国家資格を取らないとなれない職業ですからね。

ただ、会社によってかなりの差があるのです。なので、近くにある薬局よりも年収が100万円低いなんて事も普通にあります。

なるほどな。同じような仕事をするのなら、給与が高い方が良いもんな。

そうですね。人手不足であり人材を確保したいがために、高い給与額を提示する会社も多いです。

だから薬剤師は転職の多い職種なんだな?

そうですね。

「時間」について

ここで言う「時間」というのは、始業時間、終業時間、休憩時間、残業時間を指します。

ふむふむ、時間は大切だよな。無限にあるわけじゃないしな。

そうですね。仕事をする上で時間は大切な要因の1つです。

例えば始業時間があまりにも早すぎるとか、終業時間が遅すぎるとか・・・。

休憩時間を長めに設定している会社もあれば、短い会社もあったり、休憩時間があるはずなのに、実際は患者が多くて休憩できなかったり・・・。残業がないという話だったのに、実際はあったり・・・。

おう!あるな!そういうのよくあるな!

ええ・・・。やっぱりどの世界でもあるんですよね。

「人間」について

人間関係も転職の大きな原因になりやすいです。

これはどの職場でも聞く話だよな。

そうですね。ただ、薬剤師の場合、ちょっと他の仕事とは違った面を持っています。

特に調剤薬局の場合なのですが、調剤室は基本的に狭いものです。狭い空間で長い時間、他の薬剤師と一緒の時間を過ごします。これが人間関係が悪化している状態ですと大変です。

そりゃ嫌だな。

たまにだったら良いかもしれないが、毎日のように狭い空間で一緒にいるなんて、精神的にストレスだな。

薬剤師は転職先でも薬剤師を続けることがほとんど

今回は特に転職の原因となりやすい「給与」「時間」「人間」の3つを紹介しました。ただ、まだまだ薬剤師の転職の原因となるものは沢山あります。

そして、「会社は辞めるけど、薬剤師自体を辞めるわけではない」というのが一般的です。


なるほどな。

たしかに色々話を聞いているが、薬剤師の免許を持っているのに、その他の全く違った仕事に転職するのはもったいないもんな。

当然給料も下がるだろうし、1からの覚えなおさなければならないし。

皆さん色々ですよ。門前薬局で働いていた方がドラッグストアに転職したり、その逆だったり。眼科の門前で働いていたけど、内科の門前に転職したり。

いずれにせよ、薬剤師は続けています

では、転職する薬剤師が気にしている事は、どのような事なんだ?

やはり、転職の原因となったことを解決したくて転職するわけなので、それらを避けるようにしますね

つまり、「給与」に不満があった場合は、給与が上がるようにし、「時間」に不満があった場合は、時間の問題が解決できるような会社に転職するということか?
そういうことになりますね。そのため、一番ネックとなっている問題が解決されれば、後は別に気にしないという人もいます。

例えば人間関係が問題で転職を考えた薬剤師がいて転職をしました。その際に、多少給与が下がってしまったようです。しかし、周りの同僚が良い感じの人ばかりらしく、満足していました。

なるほどなぁ。たしかに、いくら給与額が高くても人間関係が悪化している状態では長く続けられないからなぁ。

その他にも、時間の問題で悩んでいたママ薬剤師の話ですが、子供の送り迎えがあり毎日決まった時間に仕事が終わらないと困るという事情がありました。

時間の融通が利く会社に転職することで、その問題は解決されたそうです。それも給与額は上がるといったオマケ付きでです。

そうなんだよな。そういったこともあるんだろ?薬剤師の場合は。

ええ。職場の選び方と労働条件の交渉次第で、ある程度条件が良くなる職業です。何と言っても人手不足で、どの会社ものどから手が出るほど薬剤師が欲しいわけですからね。

でも、どの職場が自分に向いているのかやなんて分かるものなのか?それに労働条件の交渉なんて、誰でもできることじゃないだろ?

はい。なので皆さん「転職サイト」を利用するのです。「餅は餅屋」って言いますからね。やはりプロに任せるのが一番です

なるほどなぁ。

記事のタイトルとURLをコピーする

複数に無料登録して就職成功確率大幅アップ!

※転職を成功させるコツは「複数の求人サイトに登録すること」です。すべて無料で登録することができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ