残業はしたくない!残業なしの薬剤師求人を探せ!

「薬剤師という職業柄、残業は付き物。」

そんな風に思っていませんか?

実は残業していない薬剤師は沢山いるのです

今日も残業・・・嫌になっちゃうなぁ~

ある夜の事。オヤジさんが散歩をしていると、いつもお邪魔している薬局に明かりが付いていました。

ん?こんな時間に明かりが。さてはカンチ、残業してるな。

そう思ったオヤジさんは、激励(冷やかし?)をしに、薬局を訪れてみることにした。


あ~やんなっちゃうなぁ~。昨日も残業、今日も残業。明日も多分残業・・・。なんだかなぁ~・・・。

おいカンチ!精が出るなぁ。残業か?

あぁ、オヤジさん・・・。そうですよ。残業ですよ・・・。

やる時はやるなぁ。

ん???どうした?元気がないな。

そりゃそうですよ。残業なんてなるべくやりたくないですよ。でも、人手が足りないんで残業でもしないと、どんどん仕事が溜まっていくんですよ・・・。

薬剤師業界は全体的に人手不足だものなぁ。大変だなぁ。

そうですねぇ。人手が足りないということが原因の一つなのですが、仕事のやり方も問題かもしれません。

え?どういうことだ?

この薬局の経営方針は「地域密着型」なんですよね。地域に根付いた交流を目指しているわけです。患者さんへの薬の説明も、なるべく丁寧に行っていきたいんですよ。

でも、それをすると、1人の患者さんに対応する時間が長くなって、結果として仕事が溜まっちゃうんですよね。

なるほどな。薬局の経営方針は良いとしても、それを実現させるためには、人材が必要となってくるわけだ。

そうですね。もう少し人手があれば、残業が無くなったり、無くならなかったとしてももっと少なくなることでしょうね。

だけど、残業代は出ているんだろ?

まぁ出てはいますが、それでも残業はなるべくしたくないですよ。プライベートの時間を大切にしたいんで。

一理あるな。

数字のマジック 給与に残業代が含まれてる?含まれてない?

薬剤師はもともと給与が高いから、別に残業代なんて必要ないからプライベートを充実させたい!って思う薬剤師も多いものなのか?

ええ、いますよ。あなたの目の前に・・・。

心の底から、残業代はいらないから残業なしにしてほしいと思います。

あ、そういえば、知っていました?実は薬剤師の給与って「数字のマジック」が隠されていることがあるんですよ。

数字のマジック?

薬剤師の求人に「年収700万円」とか「月給30万円」とか、比較的高額な数字を掲載していることがあるじゃないですか。

実はこれって、「残業代を含む場合」「残業代を含まない場合」があるのです。

なんだそれ!なんかズルいなぁ。

ですよね。なのでこの辺りを確認しないで働き始めて、後々トラブルになるケースがあるわけです。

そうだろうなぁ。

残業代について確認したいけど言いづらい・・・ならプロに頼もう

本当は確認すべきことなのですが、なかなか聞きづらいことでもあるんですよね。

確かに。
じゃぁ、聞けない人は損をする場合があるということなのか?

う~ん・・・、そうなっちゃいますね。
なので、この辺りは勇気を出して聞いてもらいたいものです。

だとしても、特に若い薬剤師は聞きづらいだろうなぁ。

そんな時に「薬剤師転職サイト」を利用するといいと思います。

え?なぜ?転職サイトって新しい職場を紹介してくれるだけじゃないのか?

新しい職場を紹介するのは当然なのですが、より良い条件の職場を提供するのが本来の役目になるのです。

転職サイトとしては薬剤師を紹介することで、紹介した会社(薬局・ドラッグストア)から手数料をもらうことができます。これで成り立っているわけです。

ふむふむ。

そして、紹介した薬剤師が一定の期間働かないと、紹介料がもらえないという契約をしていることが多いのです。すぐ辞めてしまって紹介料だけ払ったら大きなマイナスですからね。

つまり、転職した薬剤師がすぐに「この会社、聞いていた条件と違う。辞める!」となってしまうと、転職サイトは紹介料をもらえないし、雇った会社としてもやっと採用できた人材を失ってしまうわけです。

求人を出してもなかなか募集してこないって話だもんな。採用した人材はなるべく手放したくないよな。

ええ。そういったこともあり、転職サイト側としても、転職希望の薬剤師の条件を満たした会社を紹介する必要があるのです。

なので、「残業なし」を希望している薬剤師には、残業なしの会社を紹介する必要があるのです。

なるほどなぁ。
でも、本当に「残業なし」なのかやっぱり薬剤師自らが確認しないと駄目なんだろ?

そこが転職サイトの便利な所なんです

やっぱり自分でお金の交渉や労働条件の交渉をするのは、なかなか気が引けることだと思います。それを転職サイトのスタッフが代わりに交渉や確認をしてくれるのです。

え?じゃぁ、自分で直接交渉する必要はないのか?聞きづらいことも聞かなくていいのか?

そうですね。もちろんしても良いのですが、代わりに交渉してもらった方が楽でしょ?それに転職サイトは常にこの手の交渉をしています。なので交渉事の経験値が違います。

薬剤師は滅多に交渉なんてしませんよね?プロに任せた方が何かとスムースに事が進むことが多いのです。

確かにな。
でも、万が一、万が一だぞ。「残業なし」ということで転職したとしよう。なのに、仕事を始めてみたらやっぱり残業があったなんてこともあるだろ?

残業なしで転職したはずなのに実際には残業があった・・・

少し気になるんだが、「残業なし」ということで転職したとしよう。なのに、仕事を始めてみたらやっぱり残業があったなんてこともあるだろ?

正直な所、ありますね。でもそれはとっても損な事なんですよね。

薬局側としては、人材が欲しいから求人サイトに求人を出しているわけです。「残業なし」の約束を破ってしまったら、転職してきた薬剤師の信用はなくなります。そして転職サイトからの信用もなくなります。

それだと、また新たな人材を紹介されにくくなってしまうな。それに悪い噂が、薬剤師業界で広まってしまうよな。

そうですね。ということで、なるべく約束は守るとは思うのですが、それでも破ってしまう会社もあるわけです。

困ったもんだな・・・。

そういった場合、転職した薬剤師が泣きを見るのか?

心配ないですよ。転職サイトがまた新しい職場を紹介してくれます。

もし、その転職サイトが頼りないと感じたならば、他の転職サイトを利用しても良いと思います。

なるほどな。
でも、あまり転職回数を増やしたくないと思う薬剤師も多いんじゃないか?

そうですね。転職回数があまり多すぎてしまうと、採用されにくくなってしまうという声も実際聞かれますからね。

とは言っても、薬剤師は人手不足です。正当な理由で過去に転職をしていたのであれば、余程の事がない限りは採用したいと思う会社は数多くあるのが現状です。

そうか。

初めに「残業なし」と書面にしてもらった方が良い

でもやっぱり初めの段階で、強く「残業なし」を提示し、できれば書面にしてもらうと良いでしょう

書面にか?言いにくくないか?

まぁ確かにそうかもしれませんね。

でも大丈夫ですよ。転職サイトのスタッフにお願いしておけばよいのです。

そんなことまでしてくれるのか?

ええ。でもそこまでの対応をしてくれない転職サイトもあるかもしれないので、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

そうだな。

それでも残業を頼んでくる職場もあるかもしれません。

そういった場合には、一切受け入れない姿勢を貫く必要があります。

結局は自分の意志が大事ということか。

そうですね。別に悪いことではないですし、契約でもあることですしね。

困ったときには転職後でも転職サイトが助けてくれますので、安心してください。

そうか。

というか、こんなに長く話してなんですが、そもそも、「残業なし」というのは人気の転職条件ですから、薬剤師を欲しがっている会社であればあるほど、残業なしという条件を提示してきます。

もし「残業なし」でなかったとしても、交渉次第で残業が無くなることもあります

なるほどなぁ。

でもまぁ、仕事をしていればいろいろ問題もあるだろうが、そんな時に誰かしら味方がいてくれるのは心強いものだな。

ということで、カンチも残業頑張ってくれ!

はい・・・えっ?はっ!!!やばっ!!!

こんな話をしていたら、メチャクチャ遅い時間じゃないですか!

・・・。ワ、ワシは帰って寝る。さらばだ。

待て!貴重な時間をぉ!手伝っていけぇぇぇぇぇ・・・。

残業なしの薬剤師求人に関しては「残業がない・少ない薬剤師求人」でまともに紹介していますので、参考にしてみてください。

もう帰ろ・・・。

記事のタイトルとURLをコピーする

複数に無料登録して就職成功確率大幅アップ!

※転職を成功させるコツは「複数の求人サイトに登録すること」です。すべて無料で登録することができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ