リクナビ薬剤師のクチコミ 評価と評判

薬剤師転職求人サイト リクナビ薬剤師就職・転職・派遣の大手で実績もある「リクナビ」。そのリクナビが運営している薬剤師専用の転職サービスが「リクナビ薬剤師」です。

元々、転職系に強い会社として知名度も高く定評がある為、業界内では一歩も二歩もリードしている存在です。

薬剤師の転職サイトとして必要なものは「確かな実績と信頼性」「優秀なコンサルタント」の2つなのですが、リクナビ薬剤師はこの2つを兼ね備えているのもさることながら、質が高いと評判です。

 


●このページの目次


1.確かな実績と信頼性

リクナビ薬剤師の認知度は業界ナンバー1転職は一生のうちに、何度もあることではありません。そのため、できることなら初めに入った会社にベストな労働条件が揃っていれば良いのですが、なかなか上手くはいかないものです。

転職を成功させている薬剤師が、転職の時に利用するサービスが「薬剤師専門の転職サイト」です。薬剤師専用の転職サイトは数多くあるわけですが、闇雲に登録しても実際上手くは行かないことがあります。それは、ここ数年で転職サービスを始めた会社が多いためです。

転職を成功させたいと本気で思っているのなら、昔から転職業界に精通している会社を利用した方が、断然成功率が高いです。そういった会社は、薬剤師の業界内でも知名度が高く、そういった所へ転職希望の薬剤師は登録します。そして、さらに転職の成功率を上げるためには「実績」、そして「信頼性が高い」会社を選ぶと良いでしょう。

知名度、実績、信頼性

この3つを兼ね備えているのが、リクナビ薬剤師です。

「リクナビ」という単語を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?リクナビは上場企業のリクルートが運営しています。リクルートと言えば知名度が抜群で、求人系に確かな実績を持っています。長く運営していることからも信頼性も高いものがあります。

2.優秀なコンサルタントは転職に必須!

優秀なコンサルタントは転職に必須!

転職サイトを使う大きなメリットは、転職希望者の希望する条件通りの転職先を見つけ出し、更に、条件以上の労働条件を取り付けてくれるコンサルタントの存在が重要になってきます

転職活動はじっくり時間をかけ、複数の会社を比較検討し決定したいところなのですが、忙しく働く薬剤師にはなかなかその時間を確保することができません。

そのようなときに、リクナビのスタッフが代わりに転職先を探し出してくれます。ただ探すだけではなく、希望に沿った求人を見つけてくれるのです。

有利に働けるように条件交渉をしてくれる

また、条件交渉も行ってくれ、少しでも働きやすい良い条件にしてくれるのです。

よく「転職に成功した」とか「転職に失敗した」という話を聞くかとは思うのですが、その重要なポイントとなるのが「交渉」なのです。

条件交渉次第で、給与の額も休みの日数も大きく変わってきます。

リクナビの場合、求人系のサービスを長く運営してきており、独自の確かな交渉ノウハウを持っているため、転職を成功させやすいのです。

3.転職まで面倒を見てくれ利用料はタダ!

転職する際に活用すると非常に便利な「リクナビ薬剤師」ですが、このサービスは薬剤師の資格を持っていればであればだれでも受けることができます。また、利用料は「無料」です。お金は一切かかりません。

転職まで面倒を見てくれ利用料はタダ!利用料が無料な理由は、リクナビ薬剤師は転職先の会社から「紹介料」を貰うためです。一般的に薬剤師が転職した際、その仲介に入った会社には、転職した薬剤師の年収の約30%が紹介料という形で支払われます。

そのため、例えばあなたがリクナビ薬剤師を利用して薬局Aに転職したとします。そしてあなたの年収は450万円だとします。すると、薬局Aはあなたを紹介したリクナビ薬剤師に対し、年収の30%である150万円を支払うことになります。

かなり大きな金額ですよね。

ただしすぐに辞められてしまうと、紹介料の対象外になる可能性がある為、リクナビとしては転職した薬剤師に止めてもらわれたくないわけです。そのためには、転職した薬剤師が辞めないような会社を紹介しなければなりません

このような事情がある為、希望に沿った転職先を探し出してくれ、親身になってサポートしてくれるのです。

4.薬局の人事に聞いてみた

薬局の人事に聞いてみた複数の薬局経営者に話を聞いたところ、大抵3つほどの転職サイトに求人を出すそうです。そのうち1つが「リクナビ薬剤師」とのことです。

それは、求人を出す側、つまり薬局やドラッグストアとしてみたら、「あの転職サイトに求人を出せば人材が見つかるはず!」と思う転職サイトに求人を出します。

闇雲に求人を出すわけではなく、知名度が高く、確かな実績があり、信頼できる会社に求人を出すのが一般的であり、リクナビ薬剤師はそのうちの3つに入るとのことでした。

つまり業界内でも名の通った転職サービスということになります。

5.リクナビ薬剤師を利用するメリット

リクナビ薬剤師を利用するメリットここまでの事をまとめてみます。

リクナビ薬剤師は、薬剤師専門の転職サービスです。大手転職会社での有名なリクルートが運営しているため、知名度、実績、信頼性が揃っています。

忙しい薬剤師に代わり、希望の条件に沿った転職先を探し出してくれます。条件面で多少でも問題がある場合には、交渉をしてくれます

面談の日程調整、履歴書の書き方、退職手続きの方法など、転職をする時に関わる業務の一切をサポートしてくれます

つまり簡単に言うと「何もせず待っているだけで希望の転職先が見つかるため便利」ということです。しかもサービスは無料で受けられます。

このようなこともあり、最近の薬剤師は転職するときにリクナビを使う人が多いのです。

 

6.転職成功者の声

薬剤師が転職をするときの動機は人それぞれです。

ここでは「キャリアアップ」「低給与」「家族との時間」に悩んでいた方たちがリクナビを利用して転職した時の体験談を紹介しています。

30代 女性 スキルアップを目指し転職

以前は、個人病院の門前に勤めていました。複数店舗を構えているわけではないため、異動はなく良いのですが、同じ作業の繰り返しになってしまい、同じ科の処方しかしていませんでした。

そのままそこに勤めるのであれば問題はないのかもしれませんが、薬剤師としてのスキルの幅が狭くなっているような気がして、転職を決意しました。

なるべく多くの処方例を扱いたかったため、大病院の門前を希望し、さらに通いやすさ、有給をしっかり取れるということを転職の条件とし、リクナビ薬剤師のスタッフに伝えました。

結果として、大病院の門前に転職が決まりました。取り扱う処方例も増え、自分の希望した通りの環境で働き始めることができました。さらにその店舗は他にも店舗を持っているため、ヘルプをすることもあり、それが刺激となっています。

人によっては、大変で忙しい環境と思われるかもしれませんが、それこそが私の求めていたものであり、薬剤師としての活躍の場が広まったと実感しています。

 

20代 男性 給与アップを希望し転職

以前の労働環境は、思い返したくもないほどのものでした。医師は高圧的な態度で、さらに休憩も満足に取れなく、更に給与も低い・・・。正直やる気を出せと言う方が難しい環境でした。

そのため、少なくても給与だけは少しでもアップさせたいと思い、転職を決意し、リクナビ薬剤師に相談しました。

すぐに新たな転職先の候補を探してもらい、提示された給与の額があまりにも多くてびっくりしました。手取りが約3倍になるのです。驚きましたがチャンスだと思い、転職することにしました。

転職してみると、以前は休みを満足に取れない事もあったのですが、今では土日休みになりました。職場の人間関係も良く、社内での研修にも力を入れていて、薬剤師としてステップアップできる環境です。

同じ薬剤師の仕事なのに、職場を変えただけでこれほどまでに給与が上がり、休みも増え、自分の生活が変わることに驚きました。職場選びって大事だと痛感させられたと同時に、本当に転職して良かったと思います。

 

30代 女性 家族との時間を作るために転職

以前の職場はかなり忙しく、夜遅くまで勤務し、さらに自宅に仕事を持ち帰ることが多々ありました。そのため、家庭に迷惑をかけてしまうことも度々あり、特に小さな子供には可哀そうな思いをさせてしまっていました。家族のために仕事をしていたはずなのに、家族に迷惑をかけてしまっている事実に気づき、転職を思い立ちました。

ただし、毎日忙しく、自分では転職活動を満足にすることが出来ないと判断し、リクナビを頼ることにしました。

私の転職条件は、土日休み、大手の調剤薬局、それなりの給与、家からの距離など、少し多かったかもしれません。それでも転職は何度もするものではなく、もしかしたら最後の転職活動になるかもしれないという思いもあったため、自分の条件には妥協したくはありませんでした。

リクナビのスタッフも、私の条件に合う求人を粘り強く探してくれ、少し時間はかかりましたが、希望通りの薬局に就職することができました。

新しい職場は、土日が休みで残業もないため、家族と過ごす時間をしっかりと作ることができました。これにより、精神的にも楽になり、仕事を楽しく感じるようにもなりました。何よりも、子供の笑顔が増えたような印象があり、とても嬉しいです。

 

       
おススメ薬剤師転職求人サイト
記事のタイトルとURLをコピーする

転職先を『条件』で選ぶ

転職先を『お子さんの年齢』で選ぶ

転職先を『年代別』で選ぶ

このページの先頭へ