20代後半の薬剤師の悩みランキング

   
就職したての頃は、右も左もわからず毎日を過ごすだけでも精一杯だったのが、数年経ち、20代後半になることには色々なことが分かってきます。

色々なことが分かって、段々ルーチンな毎日に疑問を抱くようになってきます。このままで良いのか?今の仕事は本当に自分がしたかった仕事なのか?理想と現実の間で悩む。そんな時期と言えます。

●このページの目次


第1位 今の職種でキャリアアップ?他の職種でキャリアアップ?

今の職種でキャリアアップ?他の職種でキャリアアップ?会社に入ってしばらく仕事を続けるうちに一番多く抱える悩みは「今の職種で続けていくのか否か」ということです。

調剤薬局に入ったものの、思ったほど薬剤師としての専門性を活かすことができなかった、ドラッグストアに就職したが品出しと商品の場所を説明するばかりの毎日に嫌気が差してしまったなどというのは、調剤薬局に勤める薬剤師がよく考えることでもあります。

一方で、20代後半に入ると少しずつ昇進していく人が出てきます。調剤薬局なら管理薬剤師や薬局長を経て早い人だと30歳頃にはマネージャー職につきますし、ドラッグストアでは、郊外型の店舗であれば就職して数年で店長になります。

一念発起して他職種に転職してキャリアアップするか、今のまま昇進してキャリアアップしていくか。20代後半に入ると誰もが選択を迫られる問題です。

第2位 昇進による収入アップは仕事量に見合っているのか?

昇進による収入アップは仕事量に見合っているのか仕事をしている以上、収入というのは大きな問題であり、重要なことです。

薬剤師というのは基本給が低く、薬剤師手当てや役職手当てなどで月給がある程度高くなるものです。そのためボーナスが企業薬剤師などに比べて低い場合があり、現場で働いている限りでは収入もあまり上がっていきません。

最近では薬局であっても開いている時間帯が長く定休なしという薬局も増えてきたので、仕事内容がハードな割に収入が少ないということもあります。

さらに薬局長やマネージャー職に就くと仕事はさらにハードになっていきます。昇進を目の前にした20代後半の薬剤師達は上司の姿を将来の自分に重ねて、仕事の大変さと得られる収入を天秤にかけて悩むことになります。

第3位 この会社で続ける意味は本当にあるのか?

この会社で続ける意味は本当にあるのか将来的なキャリアや収入、待遇など会社内の様々なことが分かってきた20代後半では、今の職種で続けていきたいとは思っているが、このまま今の会社にいる意味を考えてしまうということがあります。

会社の方針や昇進の仕方、現場と本部の温度差など様々なことが原因となります。会社のやり方が気に入らないという理由で辞めていく人が増えるのがこの時期です。

20代後半では以上のようなことに悩みながら転職を決意する人も少なくありません。

       

 

転職先を『年代別』で選ぶ

   

複数に無料登録して就職成功確率大幅アップ!

※転職を成功させるコツは「複数の求人サイトに登録すること」です。すべて無料で登録することができます。

記事のタイトルとURLをコピーする

転職先を『条件』で選ぶ

転職先を『お子さんの年齢』で選ぶ

転職先を『年代別』で選ぶ

このページの先頭へ