20代後半で採用されやすい薬剤師とそうでない薬剤師とは

   
20代後半の薬剤師が転職する場合、調剤薬局やドラッグストアに転職する場合には、採用されない方が少ないと思います。しかし、病院やメーカーなどになると、人によって採用されたり採用されなかったりということがあります。

では採用される薬剤師と採用されない薬剤師の違いはどこにあるのでしょうか。

●このページの目次


1.採用されやすい薬剤師とは

採用されやすい薬剤師とは20代後半の薬剤師で採用されやすい薬剤師の一番の条件は、「辞めにくい人」ということになります。

具体的にいうと、今までの転職回数が少ない、もしくは全くない人です。ただし初めての他職種への転職の場合はできるだけ若い方が採用されやすくなるので、この場合においては転職までの期間というのは大きな問題になってきません。

しかし同職種への転職の場合や、転職回数が複数回になる場合には、あまりに短い期間で転職していると採用されにくくなってしまいます。

病院やメーカーの場合は特に熱意・やる気を見られる

仕事に熱意とやる気を持っている人はどこでも採用されやすくなります。

病院やメーカーは基本的には中途採用はほとんどありません。新卒で入るのが一般的です。そこにあえて中途で入るということは、「ある程度できて当たり前」という前提で採用されます。手取り足取り教えてもらうといったことはまずないでしょう。即戦力として扱われるのです。つまり、それまでも実績・経歴を見られます。

とは言っても、新しい職場ではルールも異なりますので、しっかり覚える必要があります。そういった努力を短期間で埋められるような人材は重宝されます。

労働条件は悪くなる

また病院であれば、夜勤であったり休みの日数や収入が、他の職種より少なくなったりします。メーカーであれば職種によっては、出張や転勤が当たり前になることもあります。労働条件面から考えると、薬局やドラッグストアに勤めているよりも、悪くなることもあります。

そのような条件は必ず面接の際に確認されます。少しでも条件が悪くなることを知ると、言葉に詰まったり悩んだりしてしまうことでしょう。しかし、事前に労働条件の事を調べておき、自分の中でしっかりと答えを出せていれば、言葉に詰まらず即答することができるでしょう。

面接する側にとっては、提示された条件下でも就職したいという明確な意志を表してくれる人材を欲しいと考えるものです。。

2.採用されにくい薬剤師

採用されにくい薬剤師とはまず全ての職種に言えることとして、短い期間で転職を繰り返している薬剤師は採用されにくいことでしょう。また転職理由が明確で無い場合も同様です

また会社に求める条件が厳しかったり、会社の意向にそぐわない場合というのも採用されにくくなります。

例えばドラッグストア併設店を多く出店しているような会社で調剤単独店のみでの勤務を希望していたり、チェーン店で1つの店舗でのみの勤務を希望しているような場合です。このようなケースを避けるためにも受ける会社についてしっかりとリサーチすることが必要になってきます。

病院やメーカーへの転職は難しい

特に病院やメーカーの場合であれば年齢が上がるほど採用されにくくなります。30歳を超えるとこのような職種に就職することはかなり難しいと言っても良いでしょう。20代であってもできるだけ早い方が就職できる可能性が高くなります。

20代後半の薬剤師の場合、転職出来ないと言ったことはほとんどありません。調剤薬局やドラッグストアへならば、問題なく転職できることでしょう。しかし転職先が病院やメーカーに絞って考えている場合は、話は別になります。かなり厳しいものになると思って間違いないでしょう。

そのような場合は、今までの経験や資格以上に熱意とやる気がポイントになってきます。面接の際にしっかり自分の意志と何をしたいか何ができるのかということをアピールしましょう。

そもそも病院やメーカーは人気の高い就職先です。病院の場合は始めの給与こそは低めですが、毎年昇給があります。メーカーの場合も同じことが言えます。薬局やドラッグストアに比べ安定しているという面でも人気が高くなります。

3.普通に転職する限りはそこまで問題はない

普通に転職する限りはそこまで問題はないつまり、調剤薬局やドラッグストアに転職する場合には、20代後半は問題なく転職することができます。しかし、メーカーや病院となると、採用されやすいとは言い難くなってきます。正直運も必要です

「運」というのは、「たまたま新規病院が開院した」とか「たまたま空きが出た」と言ったものです。

また、人手不足の今だからこそ、転職活動を行えば、不採用になることの方が珍しい状態となっていますが、それでも転職回数が多い人や、個性が強すぎる場合には、採用が見送られる可能性があります。

4.転職を成功させるために必要な事

以上にように、20代後半の薬剤師の場合、薬局やドラッグストアを転職先と希望するならば特に悩むということはありません。ただし、病院やメーカーとなると話は別となり、運も必要になってきます。

いずれにせよ、転職を繰り返した過去を持ってしまうと、転職の成功率は下がっていきます。

転職を繰り返す主な理由は、「自分に合った職場を見つけることができない」ためです。つまり解決方法としては「自分に合った職場を見つければ良い」のです。

そんな時に役に立つのが「薬剤師転職サイト」です。薬剤師の転職に特化したサービスであり、転職のプロが希望に合った求人を探し出してくれます。多くの薬剤師が登録し活用していているのが実績の証拠です。

       

 

転職先を『年代別』で選ぶ

   

複数に無料登録して就職成功確率大幅アップ!

※転職を成功させるコツは「複数の求人サイトに登録すること」です。すべて無料で登録することができます。

記事のタイトルとURLをコピーする

転職先を『条件』で選ぶ

転職先を『お子さんの年齢』で選ぶ

転職先を『年代別』で選ぶ

このページの先頭へ