20代後半の薬剤師の求人サイトの選び方

   
20代後半の薬剤師の転職では、初めての転職である場合も多く、転職を決めた本人自身が何をして良いのか分からないといったこともよくあります。また、勉強を目的に病院への転職を希望していたり、メーカーへの転職を希望するような場合、個人で探すには案件自体がなかなか見つけられなかったりします。

このようなことから、常日頃から転職を扱っている転職サイトを利用した転職をおススメします

●このページの目次


1.20代後半におススメしたい転職サイト

薬剤師の転職サイトは本当にたくさんあります。インターネットで検索をかけると、あまりにも沢山の求人が出てくるので、どれにした方がよいのか、どれにすべきなのか迷ってしまうと思います。

「とりあえず今と違う環境で働きたい」と考えてあまり慎重に転職先を選ばずに転職してしまうと、結局またすぐに転職をすることになってしまいます。

ではどのように選べばよいのでしょうか。

2.まず押さえておいてもらいたいこと

20代後半の薬剤師は、薬局やドラッグストアにとって一番欲しい時期の人材と言えます。また、転職が初めて、もしくは転職回数が少ない状態です。この2点を抑えておいてください。

20代後半の薬剤師は即戦力

20代後半、そして30代の薬剤師はどの会社でも欲しい年代です。前の職場で薬剤師として働いてきた経験がある為、基本的な指導をしなくても済みます。

会社というのは、経験のない、もしくは少ない人材に対して、「教育」を行います。教育にはコスト(時間もお金)がかかってきます。しかし、既に薬剤師としての仕事経験があればこのコストを大幅に削減することができるのです。

会社が変わったため、多少基本的なことは指導しますが、即戦力となってくれるのは会社にとっては非常に有難いことなのです。

転職回数が少ないからこそ足元を見られることがある

今までに転職経験がない、もしくは少なかったりすると、どのくらいの条件で働くことが適正なのかが、なかなか分からないものです。採用する側の会社経営者にも色々な考えの持ち主がいますが、「高い給料を払ってでも人材が欲しい」と思う人もいれば、「なるべく優秀で安く人材を雇用したい」と考えている経営者もいます。

もし後者の場合、転職経験がなかったり少ないということが分かると、相場よりも安い給料を提示してくることがあります。

また、社会保険や福利厚生、残業、交通費、住宅手当など、働く上で重要になってくることの説明をうやむやにして、採用しようとすることも考えられます。

3.若いうちは転職サイトを利用した方が良い

このように、若い薬剤師は会社にとって欲しい人材なのに、労働条件で足元を見られないためにも、転職のプロにお願いすることをおススメします。この転職のプロというのが、「薬剤師転職サイト」になります。

経験豊富で代わりに交渉をしてくれる

転職サイトのスタッフは日々、転職希望の薬剤師に向かい合い、転職活動のサポートを行っています。そのため、若い薬剤師にとっては初めての事だとしても、転職サイトのスタッフにしてみると日常茶飯事の事であり、経験豊富ということになります。

このため、どのようにサポートを行ったら転職が成功するのかというノウハウを蓄積しています。そのため、自分一人で転職活動をするよりも、ずっと条件の良い会社を見つけ出してくれるのです。

また、交渉は全て代わりに行ってくれます。「もう少し給与が高ければ・・・」「残業がなければ・・・」といった希望を、代理となって交渉を行ってくれます。そのため、希望さえ出しておけば、後は待っているだけで良いのです。

労働条件の相場を教えてくれる

どの仕事にも「相場」というものがあります。年齢を重ねた薬剤師の場合、相場をある程度は理解していますが、若い薬剤師の場合、相場が分からない方も多くいます。

例え相場を知っていたとして、それよりも低い条件を提示されたときに、本当は断れば良いのに、言い出せない方もいます。

転職サイトを利用すると、スタッフが相場を教えてくれます。また、低い条件を提示されたときには代わりに交渉してくれたり、断ってもくれます。

複数の大手転職サイトに登録

それでもやはり初めての転職はわからないことが多いものです。そのような場合にはとりあえず大手の求人サイト数社に登録するのが良いでしょう。

大手の転職サイトの場合、多くの薬剤師が転職するときにまずは利用します。そのため、コンサルタントの経験値が高いのです。自分が分からなくても、どのような転職先が向いているのかを適切にアドバイスしてくれ、サポートしてくれます。

20代前半で転職した経験を持つ女性薬剤師の体験談

私自身も転職しようと思った時にはまだあまり条件などが絞れていなかったのですが、大手のコンサルタントの方が的確なアドバイスをくれたお陰で、何が自分にとって必要か必要でないか、そしてその条件であればどういった転職先を探さなくてはいけないかといったことがわかるようになりました。

小さいサイトにも登録していたのですが、話を転職会社側の都合の良いように持っていかれてしまい、自分の希望とはそぐわなくなってしまったので断りました。

 

5.転職に慣れてきたら他の転職サイトも試す

転職慣れをして薬剤師側が転職サイトを使えるようになれば、小さいサイトでも思い通りの求人を探すことができるのでしょう。ただし、まだ転職に慣れていない20代後半の転職では、大手を選んだほうが無難に転職できるでしょう。また、大手の方が求人数が多いのでたくさん求人の案件を持ってきてくれます。

しかし大手でも得意分野と不得意分野というものはあります。大手だからといって安心して一社しか登録をしていないと、希望の転職先が見つからない場合もあります。比較検討するためにも数社は必ず登録したほうが良いでしょう。

でも何度も転職するのはなるべく避ける

ただし、そもそも転職は何度もしない方が良いでしょう。転職を繰り返していると、離職癖があると取られてしまうようになります。

「きっとここでもすぐに辞めるだろう・・・」

そう思われてしまうと、採用の妨げになってしまいます。そのため、なるべく初めからしっかりとした計画を立てて転職をした方が、将来的に良いでしょう。

       

 

転職先を『年代別』で選ぶ

   

複数に無料登録して就職成功確率大幅アップ!

※転職を成功させるコツは「複数の求人サイトに登録すること」です。すべて無料で登録することができます。

記事のタイトルとURLをコピーする

転職先を『条件』で選ぶ

転職先を『お子さんの年齢』で選ぶ

転職先を『年代別』で選ぶ

このページの先頭へ