30代後半の薬剤師転職・求人の注意点

ここでは「30代後半」の薬剤師で転職を考えている方への情報を掲載しています。

30代後半と言うと、自分の居場所が見つかり、転職活動が徐々に落ち着いてくる時期です。このくらいの年代であれば、まだまだ転職もしやすいと言えます。

ただし、これ以上年齢を重ねてしまうと、いくら転職のしやすい薬剤師と言えども、なかなか自分の思い通りの転職先が見つからなくなってくる可能性が出てきます。

また、この年代では、主婦の薬剤師が多く現場復帰して来るころです。雇用形態は正社員であったりアルバイトであったりと色々です。正社員の場合でも始めのうちは時短勤務を希望する方もいます。また、アルバイトであっても1日に数時間程度、もしくは1週間に数日程度と、少しずつ現場に慣れていきながら、本格的な復帰を目指される方がいます。






1.転職体験談(37歳女性)


37歳の女性の薬剤師の転職体験談です。

子育てをしながら働いていたのですが、子育てと仕事をうまく両立することができなかったそうです。

そのため、子供を育てながらでもうまく働くことができる環境を求め、転職活動を始めました。

時間はかかりましたが、思い通りの条件で働ける職場を探すことができました。



2.30代後半の薬剤師の求人サイトの選び方


30代後半にもなると、やはり少しずつ好条件の転職は難しくなってきます。

なぜなら、年齢的なものもあるのですが、そのくらいの年代の薬剤師は、すでにある程度の条件で働いているため、転職でそれを上回る条件を提示してくれる会社が少しずつ減ってきてしまうためです。

とはいえ、人手不足の業界であるため、プロの手を借り根気よく探せば、まだまだ好条件で転職することができます。



3.30代後半で採用されやすい薬剤師とそうでない薬剤師とは


正社員として働くのであれば、自分の将来像や目的がはっきりとしていれば転職に成功しやすいです。

また、子育て中、もしくは子供から手が離れた主婦の薬剤師が復帰してくるのもこの時期です。どのような勤務形態を望むのかを、しっかりと決めておくことで、子育てと仕事を両立しやすくなることでしょう。



4.30代後半の薬剤師の転職のメリット・デメリット



30代後半の薬剤師の場合、豊富な知識と経験がメリットとなります。早い段階で責任のある仕事を任されたりすることがあります。

デメリットは年齢です。採用側が躊躇する可能性があります。ただしそれを補うだけの知識や経験、そして人間性があれば大きな問題にはならないでしょう。

ただし、若い時には転職することで収入がアップしやすかったのに対し、この年代での転職では収入アップは難しくなってしまうこともあります。

なるべく上手に条件交渉をすることが肝心となってきます。



5.30代後半の薬剤師の転職の注意点



30代後半ともなると、その先、何度も転職をするわけにはいかなくなってきます。「最後の転職」と考える人がほとんどでしょう。

そのため、労働条件はしっかりと確認する必要があります。また、転職先の将来性にも注目すべきでしょう。



6.30代後半の薬剤師のキャリアアップとは



この年代にもなると、病院やメーカーへの転職は非常に困難となってきます。

そのため、活躍の場として考えられるのは調剤薬局やドラッグストアとなってきます。そして採用する側としては、それまでの豊富な経験に自然と期待してきます。

そのため、薬剤師としての仕事を問題なくこなすことはもちろんのこと、その他にも、パソコン操作や英語力など、プラスアルファの技術を持つことで、中途採用でもキャリアアップを期待することができることでしょう。



7.30代後半の薬剤師の悩みランキング


若かったころよりも、より現実的な目線で物事を見るようになってきます。

「この先昇進は期待できるのか」「時短勤務で働いていたが、この後はどのような雇用形態になるのか」「復職を考えているが長いブランクは補えるのか」



8.30代後半の薬剤師の特徴


30代後半の薬剤師業界では2つの大きな流れが起こります。

1つは、退職まで働く職場を選ぶ「最後の転職」をする人たちの転職活動です。今までの薬剤師としての経験で、自分がどういった職場環境なら退職まで勤められるのか分かるようになってきています。

また、家族を持つようになり、将来的にも安定した職場に就きたいと考えるようになります。

もう1つは、特に女性に多いのですが、結婚や出産を機に仕事から離れていた人たちが職場復帰をする活動です。子供に手がかからなくなってきて、また子供の成長とともに生活費がかかるようになってきて、職場復帰を考える人が多くなってくるのです。


正社員として長く働くつもりであれば、30代後半が転職の最後と考える人が多いです。

この時期を逃しもっと遅くに転職をしてしまうと、毎月の給与や退職金にも響きますし、年下の薬剤師が上司になってしまうことも考えられます。

職場復帰を復帰をしてくる主婦の薬剤師の場合は、正社員を目指す方もいますが、派遣やアルバイトを選ぶ方もいます。主婦の場合、時間の制約があることが多いためです。

それでも、他の派遣やアルバイトをするよりも収入が断然良いため、十分な家計の足しとなります。

30代後半の薬剤師の薬剤師求人サイトの選び方

30代後半の薬剤師が転職するときには、将来の仕事スタイルを思い描いた状態で、なるべく多くの転職サイトを活用し、より条件の良い職場を探すと良いでしょう。

30代後半の薬剤師の転職のメリットとデメリット

30代後半という時期は収入面や条件面から考えると転職をするには不利な年代に思えます。 しかし今までの経験をうまく活かすことによって、今まで経験の浅かった時期にはなかった有利な面がたくさんでてきます。 その有利な面を上手く・・・

30代後半の薬剤師の転職の注意点

30代後半の薬剤師が転職するときには、将来的な自分の姿を想像しながら、その上で転職の条件を考え転職した方が良いでしょう。

30代後半で採用されやすい薬剤師とそうでない薬剤師とは

30代後半の薬剤師で採用されやすい人は自分のやりたいことがはっきりしている人です。この時期になると収入は頭打ちになる場合が多いので、単に収入アップのための転職は難しくなってきます。 将来的に収入アップを目指しているにして・・・

30代後半の薬剤師の悩みランキング

30代後半の薬剤師が抱える悩みをランキング形式で紹介しています。

30代後半の薬剤師のキャリアアップとは

30代も後半になってくると他職種への転職は難しく、病院やメーカーなどへ初めて転職することは、ほとんど不可能というほどになってきます。またある程度のキャリアを積んで収入が上がっている場合には、転職で収入アップを期待すること・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ