30代前半の薬剤師転職・求人の注意点

ここでは「30代前半」の薬剤師の転職事情について紹介しています。転職する薬剤師の中の多くは30代前半に行動を移す傾向があります。

また、「20代後半から30代前半くらいの年齢が、転職するのには転職する側としても採用する側としても、とても良い時期ともされています。

ただし、条件だけにつられて、高い条件の会社を選ぶだけが、転職成功の秘訣とは限りません。

将来的に自分がどのような薬剤師になりたいのかを考え、そのゴールに向かった道を選ぶことが大切です。






1.転職体験談(32歳男性)


ここでは、32歳(男性)の薬剤師の転職体験談を紹介しています。

新卒で就職した調剤薬局で10年間勤務しました。その間、「このまま同じ職場に勤め続けて良いものだろうか・・・。もっと薬剤師として活躍の場を広げたい。」という悩みを持つようになったそうです。

調剤薬局のことしか知らない状態で、薬剤師としての見聞に不安を抱いたのです。

そんな中、不満を持つ同僚が一斉に退社したことをきっかけに、本格的に転職の道を歩み始めました。



2.30代前半の薬剤師の求人サイトの選び方


30代前半の薬剤師の需要は非常に高いといえます。

それは、「ある程度の知識も経験もあるため研修なしで即戦力になりうるため」です。

それだけ薬剤師としての力を持っている年代なのですが、せっかく転職したのに十分に力を発揮できない、もしくは十分に評価してもらえない人も少なくはありません。

どのような点に気を付けて転職をすれば、自分の思った通り、もしくはそれに近い転職ができるのかを紹介しています。



3.30代前半で採用されやすい薬剤師とそうでない薬剤師とは


需要が高く採用されやすい30代前半の薬剤師ですが、それでも採用されやすい人とそうでない人と分かれてしまうことがあります。

主に明暗が分かれるポイントとしては、「今までの職歴」です。

大抵の場合、それまでに薬剤師として活躍してきているため、経験、知識、技術面で大きな問題を抱えていることは少ないです。

問題となるのは、「なぜ転職を希望しているのか」「今まで何回転職をしてきたのか」です。



4.30代前半の薬剤師の転職のメリット・デメリット



30代前半の薬剤師が転職する上でのメリットとしては、好条件で採用されやすいということでしょう。

しかしそれは調剤薬局やドラッグストアの場合です。

もし将来的に病院薬剤師や公務員薬剤師を目指すのであれば、年齢的なリミットが近いということでしょう。

また、転職しやすい年代であるがゆえに、転職を繰り返し、転職歴を増やしてしまう人もいます。

チャンスだからこそ、ピンチに陥りやすい年代ですので、よく考えて行動しましょう。



5.30代前半の薬剤師の転職の注意点



30代の転職となると、その後退職まで働く職場を探す人が多くなります。

つまり長く続けられる職場、自分に合った職場を見つけられるかがポイントとなります。

そのためには、思い付きで転職をするのではなく、しっかりと情報を集め、取捨選択することが重要となるのです。

そんな時に、自分一人の判断で転職先を決定せず、転職のプロに相談すると、良い結果が訪れる確率がグッと上がります。



6.30代前半の薬剤師のキャリアアップとは



薬剤師のキャリアアップは人それぞれです。

社内で昇進するのもキャリアップでしょうし、給与がアップするのもそうでしょう。30代前半の薬剤師は、キャリアアップしやすい時期といえます。

しかし、この年代で全く昇進をしないようであれば、今後もあまり期待できません。それならば、転職することでキャリアアップをした方が良いという考え方もあります。

薬剤師は人手不足のため、転職することで一気に給与をアップすることも珍しくありません。年収が2倍になったという話も、案外よく耳にします。

何が自分にとって良い方法なのか。将来のことを見据えて考えてみるとよいでしょう。



7.30代前半の薬剤師の悩みランキング


30代前半は、仕事でもプライベートでも変化の大きい時期といえます。

仕事では責任のある仕事を任されやすくなり、プライベートでは結婚や出産を経験する人が増えてきます。

それにより、悩みを抱えストレスを貯めてしまうことも珍しくないのです。

しかし、同じ年代の薬剤師の多くが抱える悩みですので、それほど心配する必要はありません。



8.30代前半の薬剤師の特徴


30代前半の薬剤師は、仕事の面でもプライベートの面でも様々な変化がある年代です。

仕事の面では、一人前の薬剤師になる時期です。そのため、責任のある仕事を任されやすくなります。昇進をするのもこの時期です。

また、業界の事情もしっかりと把握できるようになり、自分の置かれている立場や収入が適正なのか、判断できるようになります。

また、この年代の転職を最後にする方も多くなり、転職には特に慎重になってきます。

プライベートでは、結婚をする方が多くなり、また、女性なら出産を経験し、一度職場から離れたり、復帰を経験される時期でもあります。


30代前半の薬剤師は、特に重宝される人材です。それは、採用する側からすると、即戦力となるためです。

業界全体を通して人手不足のため、多くの薬局が好条件を提示して人材確保に努めています。そのため、もし今以上の条件で働きたいと思っている方には、転職するなら最適な時期といえるでしょう。

また、どのような働き方が自分に合っているのか分かってくる時期でもあります。そのため、転職に対しても明確に条件提示ができるようになってきます。

これにより、この時期の転職を「最後の転職」とする方が多いです。

最後の転職にするならば、なるべく自分に合った職場を選びたいところです。そのためにも、多くの求人情報を集め、慎重に厳選して選ぶようにしましょう。

また、転職のプロにも相談をし、表には出てこない裏の情報を手に入れることで、さらに転職成功の確率をアップさせることができます。

30代前半の薬剤師の求人サイトの選び方

30代になり、徐々に転職しづらくなってきます。将来の事も考え、転職は絶対に成功させたいものです。

30代前半で採用されやすい薬剤師とそうでない薬剤師とは

薬剤師にとっては30代は転職するにはちょうど良い記事です。ただし、採用されやすい人と、そうでない人がいます。それまでの経歴に左右されることがあります。

30代前半の薬剤師の転職の注意点

30代前半で薬剤師が転職するときには、長く勤められるように、転職先の会社の運営方針をしっかりチェックした方が良いでしょう。

30代前半の薬剤師の転職のメリット・デメリット

30代前半での転職が、一番希望がかないやすいと言えます。メリットもありますがデメリットもあるので、よく考えてから転職しましょう。

30代前半の薬剤師の悩みランキング

30代前半の薬剤師が良く抱える悩みをランキング形式で紹介しています。20代とは違い、プライベートが転職に大きく影響を与えるようになってきます。

30代前半の薬剤師のキャリアアップとは

30代前半は、薬剤師として活躍する良い時期です。この時期にどのようなキャリアアップを目指すのかが重要になってきます。

サブコンテンツ

おススメ転職サイト

このページの先頭へ