30代前半の薬剤師のキャリアアップとは

   
30代前半になると、調剤薬局では薬局長クラスからマネージャークラスに昇進するというのがスタンダードな道となってきます。つまり大きくキャリアアップする時期なのです。

ただしキャリアアップの方法はその他にもあります。

30代前半の薬剤師がキャリアアップするために考えなくてはならないのは社内で昇進していくのか転職してキャリアアップをしていくのかということです。

●このページの目次


1.社内で昇進してキャリアアップ

社内で昇進してキャリアアップ社内で昇進していく場合、調剤薬局によってはキャリアアップのために必要となる資格というものがあります。

以下ではキャリアアップを目指す薬剤師が取得したい「認定実務実習指導薬剤師」「ケアマネージャー」「研修認定薬剤師」といった3つの資格を紹介します。

認定実務実習指導薬剤師の資格を取得する

一番多く見られるのが認定実務実習指導薬剤師でしょう。この資格は薬学生の実務実習を受け入れるための資格です。受け入れ施設に資格保持者が一人は必要なので、実務実習を受け入れている調剤チェーンでは通常薬局長が取ることを求められます。

認定実務実習指導薬剤師の資格を取得するためには講義である座学と、泊まり込みのワークショップの両方を受ける必要があり、座学は比較的開催回数も多く受けやすいのですが、ワークショップは人数制限があり、なかなか順番が回って来ないので調剤薬局の規模によっては受けるのが難しい場合もあります。

ケアマネージャーの資格を取得する

最近では在宅医療における調剤報酬点数の増加に伴い、在宅医療に力を入れる調剤薬局が増えてきました。このような在宅医療を行っている薬局では薬局長クラスがケアマネージャーの資格を取るよう求められることがあります。

ケアマネージャーの資格を取ったからといって、本格的にケアマネージャーとして働くというわけではありませんが、在宅医療に関わる以上一応取っておいたほうが良いという位置づけの会社もあります。

研修認定薬剤師の資格を取得する

その他にも薬局長に上がるまでに社内テストの他、研修認定薬剤師を取ることが必須になっている会社も多くあります。研修認定薬剤師については資格を取ると手当てがついたり、取っていないと薬局長になるどころかサブの位置にもつけないという会社もあるので、現在ではかなり取るのが当たり前の資格になっていると考えても良いかもしれません。


このように、同じ会社内にいても様々な資格を取得することができます。日々の業務は大変で、なかなか勉強をする時間を確保することが難しいかもしれませんが、キャリアアップをしている人は、少なからず自分の時間を割いて、資格取得のための勉強時間に割り当てています。

資格をいくつか取得することで、将来的に転職する際にも大きな武器となります。また自分への自信にもつながるので、結果として良い状態で仕事にも臨めるようになるでしょう。

2.転職してキャリアアップ

転職してキャリアアップ薬剤師というのは、転職することがキャリアアップにつながりやすい職業です。

転職することで給与が高くなったり、労働条件が良くなったりすることが多々あるためです。

役職に就くと言ったこともあります。少しでも良い条件で転職するために資格を取っておくという方法を取る人もいるほどです。

20代のうちは特別プラスαというものがなくても問題なく転職できますが、やはり年齢が上がるにつれ、薬剤師といえども転職が難しくなっていきます。ただし薬剤師の仕事に何かしらでも関係のある資格を取得しておくことで、転職は断然しやすくなります。

認定薬剤師や専門薬剤師

例えば認定薬剤師専門薬剤師。個人医院の門前や併設店を多く出店しているような調剤薬局で働いている薬剤師の中では、あまり取得している人はいません。そのため転職の際にその辺りの資格について聞かれることがありません。そのため転職の際のアピールポイントになります。

また、大きな病院への転職や、大病院の門前で病院と提携して専門的な指導を行っているような薬局においては、これらの資格は必要なものとなってきます。つまりこれらの資格を持っていることが転職に有利に働くわけです。

英語やパソコン・色彩検定も有効な資格

また都心など様々な国籍の人が訪れる薬局では英語で対応できることは大きなプラスになりますし、薬剤師はパソコン関係に弱い人が多いので本部などの上層部を狙うのならパソコン関係のスキルは重宝されます。さらにドラッグストアではポップを書くためなどに色彩検定などを取る人もいます。


30代前半の時期に、ただ薬剤師として働いてきただけではなく、何か一つ自分の強みを持つことは、今後働いていく上で大きな強みになります。薬剤師という資格を持っているからというだけではなく、そこからさらに自分が何をしたいのかを考えてスキルを磨くことがこれからの薬剤師に必要になってくると考えられます。

3.カンチから一言!

薬剤師としてのキャリアアップは、なにも転職することだけではありません。外国人の患者さんに対応するために英語を身に付けておくのもキャリアアップの1つですし、パソコンに強くなるものキャリアアップの1つと言えます。

また、将来的に転職をすることになったとしても、持っている資格やスキルは転職する際の大きな武器となります。場合によっては、持っているスキルによって、待遇が変わることもあります。

そのため、薬剤師の仕事をする上で何かしら役に立つであろう資格は、全てキャリアアップの要因となる為、取得できるときにしておいた方が良いと思います。

 

       

 

転職先を『年代別』で選ぶ

   

複数に無料登録して就職成功確率大幅アップ!

※転職を成功させるコツは「複数の求人サイトに登録すること」です。すべて無料で登録することができます。

記事のタイトルとURLをコピーする

転職先を『条件』で選ぶ

転職先を『お子さんの年齢』で選ぶ

転職先を『年代別』で選ぶ

このページの先頭へ