30代前半の薬剤師の転職の注意点

   
30代前半に転職を考える薬剤師は、前職でもある程度の経験がありそれなりの役職を経験した人がほとんどです。転職についても今までに経験があるか、経験がなくても他の薬剤師の転職をたくさん見たり聞いたりしているので転職に関する知識は多く持っています。

30代前半の薬剤師が転職する際の注意点として一番重要なのは、「長く続けられる職場を選ぶ」ということです。ただし、長く続けられる職場を探すためには、事前の情報を集めることは必要不可欠となってきます。


●このページの目次


1.30代になると少しずつ転職しづらくなる

30代に入ってくると少しずつですが転職の幅が狭くなってきます。また転職をコロコロ繰り返す人と、1つの場所で長く働ける人に分かれてくるので、企業側も今までの転職経験や転職理由を重視するようになります。

転職理由は特に重要で、20代で転職するときよりも、30代で転職する方が面接時に、転職理由や、今後同じ理由で転職する可能性についてはかなり詳しく聞かれることもあります。

複数回の転職は今後のキャリアアップに影響してくるので、しっかり続けられる職場を選ぶことは大切です。

2.長く続けられる職場を選ぶコツ

では、長く続けられる職場を選ぶためにはどうしたら良いのでしょうか。

まずは「どうして転職したいのか」「どのような条件を望むのか」をしっかり把握することです。

30代前半になってくると今までのような通勤時間や収入、休みの日数などの当面の条件の他に、「今後どのような形でキャリアアップしていくのか」ということを考える必要があります。

そのためにはその会社が何に力を入れているかを知っておかなくてはいけません。会社の方針はこれから自分が何をしていくかに直結していきます。

例えば在宅医療やコンビニと提携した出店、今後は院内薬局などといった構想も出始めているので、このような「会社の方針を自分のキャリアプランや働き方の希望と重ねて考えた方が良いでしょう」

中には在宅医療をしている薬局に就職したら投薬をしている時間もなく、ひたすら調剤をさせられてまた転職を繰り返してしまったり、ドラッグストアに転職したつもりが併設店に力を入れている薬局で一人薬剤師を任されてしまい、結局は辞めることになってしまったという人もいます。

3.30代前半の採用は薬局長候補として採用!?

30代前半は通常であれば薬局長クラスの仕事をしている年代です。会社側も薬局長候補もしくは同等の仕事を任せられる人材として採用することが多いです。

そのため会社の方針と自分の希望が異なる場合、思っているのとは違う仕事を任されることも少なくありません。後で後悔しないためにも、どのような会社か正しい情報を得て転職先を考えることが大切になってきます。

そのため事前情報として、「なぜ求人を出しているのかを知ること」が重要と言えます。実際にはなかなか聞きづらいことかもしれませんので、転職サイトのコンサルタントを通じて質問してみると良いでしょう。

       

 

転職先を『年代別』で選ぶ

   

複数に無料登録して就職成功確率大幅アップ!

※転職を成功させるコツは「複数の求人サイトに登録すること」です。すべて無料で登録することができます。

記事のタイトルとURLをコピーする

転職先を『条件』で選ぶ

転職先を『お子さんの年齢』で選ぶ

転職先を『年代別』で選ぶ

このページの先頭へ