30代前半の薬剤師の悩みランキング

   
30代前半の薬剤師というのは、仕事とプライベートの両方で悩むことが多くなる時期です。

仕事では仕事を色々覚え、薬局長を経験したり、早い人では20代終わりころからマネージャー職に就いたりして多忙になってきます。その中で「このままで良いのだろうか?」と悩む方も出てきます。

プライベートでは結婚をしたり、女性であれば出産や育児を経験する人が多くなる時期であり、生活環境が大きく変化する時期でもあります。

そんな変化の多い30代前半の薬剤師の悩みをまとめてみました。

●このページの目次


薬剤師ではたらこ
薬剤師ではたらこ

 


第1位 出産・育児のために今後どうするか

出産・育児休暇はどうなっているのかな?余裕を持って取れるのかな?

復帰するときには時短勤務をすることができるのかな?

女性が多い薬剤師という仕事の中では出産・育児の問題は大きな鍵になります

最近では産休・育休や時短制度が取り入れられている会社がほとんどです。しかしまだ「時短勤務」の期間が3歳までと短い会社が多かったり、ドラッグストアの場合では一人薬剤師の状態で、休みが取りにくいということもあります。

そのため、将来を考えて一旦退職するという人も少なくありません。実際、辞めてからパートで復帰するという人はかなり多いです。

大手の調剤チェーンで正社員で働いていたりすると、併設店が多く店舗間の移動があったりして、通勤時間が長くなったりすることが多々あります。パートの場合は基本的には1つの店舗での勤務となるのでそういった問題は起こり辛いです。

このようなことからも、出産を機に一旦辞める道を選ぶ人は、半数近くいました。

第2位 このまま今の会社にいる意味はあるのか

もう30歳になったけど、この会社に居続けていいのだろうか?もっと自分のやりたい仕事が他にあるのでは?もっと評価をしてくれる会社があるんじゃないだろうか?

30代になっても比較的簡単に転職できる薬剤師という仕事は、いつでも転職するかどうかという悩みがつきまといます

これは短い期間で転職を繰り返している人に限ることではありません。新卒から10年以上働いてきた人でも、特に30歳前後で一度ターニングポイントがあるように感じます。

ただし、20代では多かった「調剤薬局から病院、ドラッグストアから調剤薬局などの他業種への転職というのは減ってきます」

20代の頃のように新しいことにチャレンジしたいという転職より、自分の生活が変わったのでそれに合った職場への転職や、会社に見切りをつけて同業種内で他の会社へ転職するというパターンが多くなります。

第3位 このままこの業界にいるべきか否か

薬剤師として活躍できる場所は沢山ある。薬局、ドラッグストア、製薬会社、病院、公務員・・・。どこが自分に最適なんだろう・・・?

30代前半というのは他業種への転職ができる最後のチャンスになってくるかと思います。この時期を逃すともう他の業種への転職は年齢的に厳しくなってくるためです。

30代前半という年齢もあってか、この時期に多業種への転職を考える人は20代とは転職先が異なってきます。調剤薬局やドラッグストアから内勤へという人たちです。

私の知っている中では「出産を考え、後発品メーカーの内勤に転職した調剤薬局の薬剤師」や、「調剤薬局のマネージャーから、製薬関係のデスクワークを選んだ薬剤師」などがいます。

また、この辺りからぽつぽつ見られるようになるのが、MRや治験関係の仕事から調剤薬局や小さな病院への転職です。MRや治験関係の仕事から転職してくる人は40代以上が多いのですが、早い人では30代に入ったくらいから考えるようです。

4.転職の悩みは変わらないが原因が変化してくる

以上の事が、30代前半の薬剤師が特に抱えやすい悩みです。20代の頃と比べ変わってきたのは転職を考える際の原因です。

特に注目すべきなのは、20代の頃は、自分のスキルアップに関する悩みや、自分が思い描いていたような会社ではなかったと言った感じで「悩みが仕事中心」となっているわけです。

しかし、30代になると結婚や出産など「悩みがプライベートも大きく影響してくる」ようになるかと思います。

5.簡単に今ある悩みを解決する方法

今回は「30代前半」の薬剤師が抱えがちな悩みを3つ紹介しました。しかしこれらの悩みは年代を問わず、多くの薬剤師が抱える共通の悩みでもあります。また、薬剤師の数だけ大小様々な悩みを抱えているものです。

職場が原因で発生している悩みをすぐに、そして簡単に解決する方法。それは「転職をすること」です。それも「転職のプロのサポート」を受けながらの転職です。

良く考えてみてください。職場が原因で発生している悩みは、すぐに解決できそうですか?自分一人の力で解決できますか?誰かが解決してくれますか?そんな労力を使ってまでその会社で働いていたいですか?

薬剤師の場合、幸いにもすぐに転職できる職業です。転職することで、希望通りの給与や労働条件になることも珍しくありません。人間関係に悩んでいたとしてら、新しい職場でリフレッシュできます。

それも間に転職のプロを通すことで、代わりに希望通りの転職先の候補をいくつも提案してくれます。給与交渉、労働条件交渉も代わりにしてくれます。悩みの相談にも乗ってくれます。それが「薬剤師転職サービス」なんです。

どうですか?良く考えてみてください。悩みを解決する方法はいくつもあるとは思いますが、転職することも、その中の1つの有力な悩みを解決する方法です。

       

 

転職先を『年代別』で選ぶ

   

複数に無料登録して就職成功確率大幅アップ!

※転職を成功させるコツは「複数の求人サイトに登録すること」です。すべて無料で登録することができます。

記事のタイトルとURLをコピーする

転職先を『条件』で選ぶ

転職先を『お子さんの年齢』で選ぶ

転職先を『年代別』で選ぶ

このページの先頭へ