30代前半で採用されやすい薬剤師とそうでない薬剤師とは

   
30代前半の薬剤師の場合、20代でどのように働いてきたのかが採用に影響してくることがあります。

具体的には今までの転職の有無、転職理由などが挙げられます。

基本的には、まだまだ採用されやすい年代と言えますので、長く続けられるような会社を選ぶようにしましょう。

●このページの目次


1.アピールできるような経験を積んでおきたい

アピールできるような薬剤師としての経験を積んでおきたい採用されやすい人というのはまず、転職回数が少なく一つの会社で長く続けられる人です

薬剤師は転職が多い職場ではありますが、やはり会社側は長く続けられる人を求めています。

あまりに短い期間で転職を繰り返している人はまた採用してもすぐに辞めてしまうのではないかと思われてしまいます。よく言われることですが、少なくとも一つの会社で3年以上続けることが大切です。

また30代になってくると、ある程度、薬剤師としての経験を積んできます。今までの経験から得た自分の能力をしっかり売り込むことができ、今後のキャリアプランがはっきりしていると採用されやすいばかりか、今後のキャリアアップにも有利に働きます。

転職は新卒での就職とは違い、必ず今までの仕事内容を聞かれます。調剤薬局であれば何科の門前で薬剤師は何人くらいで処方枚数はどれくらいか、そこで何年どのような立場で働いてきたかといったことです。

もちろん書類審査の段階で職歴は提出しており、転職サイトを利用している場合にはコンサルタントから伝えられているはずですが、必ず面接でも聞かれます。

これは自分がどのような職場で何をしてきたかについて、しっかり説明できるだけではなく、今までの経験を転職先でどう活かせるかということを、きちんとプレゼンテーションできるかどうか、今後どのような働き方を希望しているか会社側も見ているのです。

2.採用されにくい薬剤師には理由がある

採用されにくい薬剤師には理由がある採用されにくい人というのは採用されやすい人の逆で、まずは転職を短い期間で繰り返している人です。30代に入ると転職を繰り返している人と、一つの会社で長く続けている人にはっきり分かれてくるので、転職回数と期間は重要なポイントです。

また転職理由ということもポイントになってきます。配偶者の転勤や出産に伴う転職などでは、必ずまた同じ理由で転職する可能性はどれくらいあるのかということが聞かれます。実際に配偶者が転勤族の場合、パートなどでもなかなか転職先が決まらないので短期でできる派遣で働いているという人もいます。

3.それでも30代前半は採用されやすい

それでも30代前半は採用されやすい色々採用されにくい薬剤師のお話もしましたが、30代前半くらいであればまだまだ採用されやすい年齢と言えます。それが薬剤師と言う仕事です。採用されないというケースは稀でしょう。

採用する会社にとって、あまりにも受け入れがたい条件を提示した場合は採用されないことはあります。私も出産後にパート先を探していた時、小さい子供がいるため書類審査の段階で落とされた会社がいくつかありました。

運転免許は武器になる

また最近では在宅医療を行っている薬局が多くなってきたので、運転免許を持っていないといけないという薬局もあります。子供がいて面倒を見なくてはならないなど勤務に制限が出てくる場合や薬局側が特定の条件を求めている場合は注意が必要です。

在宅医療のために薬剤師には運転免許が必須!?

 

       

 

転職先を『年代別』で選ぶ

   

複数に無料登録して就職成功確率大幅アップ!

※転職を成功させるコツは「複数の求人サイトに登録すること」です。すべて無料で登録することができます。

記事のタイトルとURLをコピーする

転職先を『条件』で選ぶ

転職先を『お子さんの年齢』で選ぶ

転職先を『年代別』で選ぶ

このページの先頭へ