30代後半の薬剤師の転職体験

今回のインタビューは、37歳の時に転職をした女性の薬剤師にインタビューを行いました。

彼女は、お子さんを2人育てながらの転職となったため、転職条件を厳しくせざるをえませんでした。数多くの転職サイトに登録をし、時間はかかりましたが、ある程度、希望通りの条件で転職することができました。

●このページの目次


1.家族の事を考え転職を決意

私は、2人目の子供の時短勤務期間が切れた37歳の時に転職しました。

時短勤務期間が終了した時、会社からは自宅に近い併設店の勤務を勧められました。併設店にしては珍しく「19時閉店」、「日曜休み」と比較的条件も良かったので、最初の数ヶ月は勧められるがままにその併設店で働いていました。

しかし併設店に移動して数ヵ月後、子供が2人揃って水疱瘡にかかってしまったのです。水疱瘡は登園許可が必要で、症状自体が引いても1週間近く休む必要がありました。その時、所属薬剤師の人数が私を含めて2人だったので、他店舗から応援をもらったり、それでも難しい時は、主人に会社を休んでもらって私が出勤せざるえませんでした。

子供の水疱瘡をきっかけに、子供を育てる以上、同じようなことが起こり得ると考え、このまま働くのは無理だと思い、転職を決意しました。

2.条件が厳しくなかなか転職先が決まらなかった

転職はかなり難しいものとなりました。

子供がいるため、自宅近くで薬剤師数も多いそれなりの規模の薬局、勤務時間もあまり長くなければなりません。さらに当時私は薬局長を勤めており、その時の収入から大幅に下がってしまうと家計に響くため、ある程度の収入は確保しておきたかったのです。

大手はもちろん、小さな転職サイトもいくつか登録しました。中には「その条件では働くところを見つけるのは難しい」と最初から言われてしまうこともありました。途中でパートにしたほうが良いのではないかなどという考えも浮かびましたが、家のローンのことも考えると収入がネックになってきます。

3.半年以上経って転職先が決まった

やっと転職先が決まったのは、探し始めて半年以上経ってからのことでした。

転職先は中規模の病院の門前で、個人で開いている薬局です。自宅からは当初考えていた距離よりも遠くはなりましたが、自家用車での通勤が可能なところなのでそこまで問題ではありません。

個人薬局なので最初の収入はそこそこ良いのですが、今後の昇給はあまり見込めそうにありません。しかし病院に合わせて「18時閉店」、「土日祝は休み」と子供がいる私にとってはこれ以上ない条件です。

4.初めの話と少し違うが理解のある職場で良かった

転職後、在宅の患者さん宅訪問や、在宅の薬を作るために毎日1時間ほどの残業があったり、土曜出勤が月に1~2回位あるなど、少し面接時の話と違うところはありますが、問題があるほどではありません。なにより薬剤師の人数も5人とそれなりに多く、みんな家庭持ちのため、子供の行事や病気にもとても理解があるので助かります。

大手のチェーン店で働いていた以前は、子供が大きくなったら昇進もしたいと考えていたのですが、家庭のことを考えるとこういった働き方はありなのかもしれないなと思います。

       

複数に無料登録して就職成功確率大幅アップ!

※転職を成功させるコツは「複数の求人サイトに登録すること」です。すべて無料で登録することができます。

記事のタイトルとURLをコピーする

転職先を『条件』で選ぶ

転職先を『お子さんの年齢』で選ぶ

転職先を『年代別』で選ぶ

このページの先頭へ