「年代別」で見た薬剤師の転職事情

年代別の薬剤師転職の注意点、タイミング等を紹介しています。

薬剤師は20代~30代にかけて、特に状況が変化してきます。

仕事では昇進をしたり異動をしたり、プライベートでは結婚をしたりと、変化の多い年代と言えます。そのため、色々な不安や悩みを抱える薬剤師は少なくありません。

ここでは年代別の悩みを掲載しており、同じような経験をしてきた薬剤師からの解決方法のアドバイスを紹介しています




●このページの目次




1.「20代後半」 転職・求人の注意点

20代後半はまだ薬剤師として働き始めて数年ほどです。この時期に多くの人が1度目の転職を意識するようになることが多いです。


2.「30代前半」 転職・求人の注意点

30代前半の薬剤師は仕事では管理薬剤師になったり、プライベートでは結婚をしたりと変化が激しい年代です。


3.「30代後半」 転職・求人の注意点

30代後半となると、男性の場合、転職も落ち着いてきた時期であり、女性の場合は子育てから復帰する薬剤師が多くなります。



4.(年代)年齢は転職の大きな動機の1つとなる

138「年代(年齢)」は転職をするための動機の1つとなります。

薬剤師の場合、20代後半から30代後半にかけて転職する人がかなり多いといった特徴があります。

ある程度薬剤師の仕事に慣れ、周りや将来の姿が見えてくるのが理由でしょう。また、採用する側にとっても、薬剤師の仕事が身に付いている人材は即戦力となる為、需要は高いのです。

この辺りの事情が双方合致するため、転職に拍車がかかっているのです。

一般的には、年齢が高くなると転職をしなくなってくるものです。理由は企業年金や退職金を考えての事です。例えば退職金の場合、勤続年数によって金額が変わってくるため、1つの会社でずっと勤め上げた人が一番もらえるようになっています。つまり転職を繰り返してしまうと、退職金の額が少なくなってしまう可能性が十分にあるのです

とは言っても、不満を抱えている職場で長く勤めることはできませんので、若いうちに転職を繰り返し、自分の働きやすい、そして長く続けられる職場を探す人が多いのです。

前の職場の給与や労働条件が考慮されることが多い


薬剤師が転職する時には、前の職場の給与や経験が考慮されることが一般的です。そして、転職することで前の職場の給与よりも金額がアップしたり、労働条件が良くなったりすることはよくある話です。そのため、これらを目的として転職をする人は多くいます。

これは賢い方法のように思えますが、あまり転職を繰り返すことはおススメできません。

それでも少しでも給与の高い所へ高い所へと転職を繰り返し、給与や労働条件をアップさせていくのは賢い方法のように思えますが、あまりやりすぎてしまうと、今度は自分の首を絞めてしまう可能性があります。

それは、企業年金や退職金の額が少なくなってしまい、生涯収入が他の薬剤師と変わらなくなってしまう、もしくは少なくなってしまうといった現実があるためです。

このようなこともあり、20代後半から30代後半の薬剤師は次のような選択に迫られます。

  • サラリーマン薬剤師として定年まで働く
  • 安定的な公務員薬剤師になる
  • 高い給与を求めて転職を繰り返し、ある程度まとまったお金が貯まったら独立する
  • 家計の足しになる程度と割り切りって働く(正社員、アルバイト、派遣)


5.人によって選ぶ道は様々


人によって選ぶ道は様々「サラリーマン薬剤師として定年まで働く」の場合、勤続年数が長くなる為、会社の体制がしっかり整っている所であれば退職金はしっかりもらえることでしょう。

「安定的な公務員薬剤師になる」の場合、初めの給与こそ低いですが、退職まで年々昇給していくので、景気に大きく左右されず安定的にそれなりの金額をもらい続けることができます。

「高い給与を求めて転職を繰り返し、ある程度まとまったお金が貯まったら独立する」という方法を取る方もいます。独立資金を若いうちに貯めるといった感覚です。上手く経営が軌道に乗れば、大きな収入を手にすることができます。

「家計の足しになる程度と割り切りって働く(正社員、アルバイト、派遣)」は、主に主婦の薬剤師が選択する道です。「家計の足し」と書いていますが、薬剤師の場合はアルバイトでも時給が高いので、かなりまとまった収入になります。

どの道を選ぶのかは人によってそれそれですが、これらいずれかの考えにまとめるのが「20代後半から30代後半」にかけてのことが多いです。
サブコンテンツ

このページの先頭へ