薬剤師の転職はお給料をアップする一番効率の良い方法

薬剤師の転職理由の大きな理由の1つに「お給料の問題」があります。

同じような仕事をしているのに、他の薬局の方が比べられないほど年収が高いと言ったことは良くある話です。

ここでは「どうやって多くの薬剤師が年収をアップさせているのか」を紹介しています。


●このページの目次


1.前提として

前提としてまず今回の記事を読んでいただく前に。

もし私が安い給与の会社で働いていたとすれば、間違いなく他の会社に転職します

なぜなら、それが一番効率が良いためです。変に会社に期待しても給与を上げてくれない会社は、ずっと上げてくれません。

会社というのは、基本的に会社の利益になることを最優先とします。つまり会社にとって有益だと思うものに対してはコストをかけていきます。

そのため、雇っている薬剤師が会社にとって有益であり、離れて欲しくない人材だと思うのであれば、適正な金額を支払ってくれます。ただし、会社がそう考えていない場合には、人件費を抑える動きに出ます。そのため、適正な金額を貰っていない場合、会社からしてみると重要な存在と思われていない可能性があり、いつまで経っても安い給料で使われてしまいます。

そのため、適正に評価をしてくれない会社に辺に期待をしない方が良いでしょう。「いつかきっと」という思いを持つ方もいますが、時間を無駄にしてしまうだけです。今評価してくれない会社は、その先も評価してくれる可能性は少ないです。

それならば、早い段階で見切りをつけ、転職してしまった方が自分のためになります。

薬剤師は転職しやすい職種です。今の会社を辞めてしまったら新しい会社が見つからないと言ったことはありません。それならば、より良い条件を求めるのは当然のことです。

また転職することで一気に給与がアップする職種でもあります。不確かな将来の給与と、すぐにアップする給与とどちらを選びますか?

このような事情がある為、薬剤師は転職する人が多いのです。
 

2.同じ仕事なのに場所によってお給料の金額に大きな差がある事実

同じ仕事なのに場所によってお給料の金額に大きな差がある事実薬剤師の働く場所は数多くあります。薬局、ドラッグストア、病院、治験関連、研究職など様々です。

薬剤師は働く場所によって大きく給与額が変わる職業です。選び方によっては年収がビックリするくらい違うということは普通にあります。

「大手企業だからお給料が高い」「仕事が大変だからお給料が高い」と、大学を卒業したばかりの時は思いがちですが、実はそのようなことはありません。

しかし、そういった事実は初めて就職するときにはなかなか知らないものです。

 

3.大学を卒業したばかりでは知らないのは当然

大学を卒業したばかりでは知らないのは当然あなたはどのような理由で初めて就職する会社を決めたのでしょうか?

多くの薬剤師は、業界でも名前の通っている会社への就職を希望する傾向にあります。

初めのうちは提示された金額で納得します。世の中の薬剤師のお給料の相場を知らない人は「このくらいのお給料が普通なんだろうな」と思ったりします。

少し給与額が低いと思ったとしても、「そのうちアップするだろう」と、将来に向けの淡い期待を持ったりします。

しかし、3年ほど働き、仕事を一通り覚え周りが見えてくると気付くのです。

「あれ?今のお給料、私の知っている薬剤師よりも全然低い・・・。」

実は、このように思っている若い薬剤師は沢山いるのです。そして、この事実に気づき行動力のある薬剤師ほど、転職をするのです

決断できず、迷っている薬剤師は低い給与のまま時間だけが経っていくことになります。そしていつしか転職するには年齢を重ねすぎてしまった事実に気づくのです。

 

4.転職をするだけで給与が2倍になるのは珍しくない!?

転職をするだけでお給料の金額が倍になるのは珍しくない!?新卒から3年ほど経った薬剤師の多くが転職をします。理由は単純で「転職をするとお給料の金額が高くなりやすいため」です。

「転職するだけでお給料の金額がアップするの?」

そう思われる方もいるかもしれませんが、かなりの期待が持てると言っても良いでしょう

実際に転職することで、年収が2倍近くまで伸びる方もいますし、珍しいことではありません

それを知った若い薬剤師は、どんどん転職活動をし始めるのです。

では、なぜ転職することでお給料の金額が上がるのかを説明したいと思います。

 

5.仕事のやり方を知っているからこその高待遇

仕事のやり方を知っているからこその高待遇会社は大学を卒業したばかりの新卒者を採用すると、新人教育を行わなければなりません。いくら国家資格を持っていたとしても、あくまでも基本的な知識があるというだけです。現場での仕事の仕方や患者との接し方など、会社で働く上で多くの事を学ぶ必要があります。

新人教育を行うためには、会社としても多くの時間や労力など、多くのコストを割くことになります。コストがかかるし経験も少ないため、当然給与も低いわけです。

しかし、数年薬剤師として働いた経験を持つ人を採用することができれば、大掛かりな新人教育は行う必要がありません。そのため、大きなコストを割く必要が無くなるのです。

つまり、即戦力として働いてもらうことができます。

そのため、割くコストが少なく即戦力として扱えるため、経験者が転職して来る際にはお給料が高めに設定されやすいのです。

さらに転職してきた薬剤師は、以前の職場に不満を持っていたからこそ転職してきています。つまり、今度の職場でも不満を感じたら転職されてしまう可能性があります。このようなこともあり、可能な限り希望に沿った条件で採用するようになるのです。

 

6.薬剤師は自分の力でお給料の金額を上げられる職業

薬剤師は自分の力でお給料の金額を上げられる職業一般的な会社では、1年ごとに昇給があります。しかしそれは一般的な会社の話で、薬剤師の場合少し勝手が違うことがあります。

つまり、「昇給をしなかったり、しても微々たるもの、さらには、頭打ちすることがある」ということです。

例えば薬局に勤めている場合。昇給がある場合と無い場合があります。たとえ昇給があったとしても、一般の会社よりも少なめだと思ってください。しかしそれでは生活していくことができません。そのため、初めに設定されているお給料の金額が、一般的な会社に比べると高めに設定されていることが多いのです。

また、場合によっては、ある程度の年収の金額になると、頭打ちになることもあります。それ以上、収入が伸びなくなるということです。

これではやる気が無くなってしまいますよね。そのため、お給料の金額に不安を感じた薬剤師は転職を考えるようになるのです。

ここで注目すべきは「薬剤師の場合、転職するとお給料が上がりやすい」ということです。お給料だけではありません。残業が無くなったり、昇進したり、様々な特典が付くことがあるのです。これが薬剤師と言う職業の凄い所です。

理由は「薬剤師は人手不足であり、欲しがっている会社が数多くあるため」です。

薬剤師には扱える処方箋枚数が決められています。そのため、人手がいなければいくらたくさんの処方箋が来ても扱うことができません。つまり会社として利益を出すことができません。

そのため、会社として利益を伸ばすためには、多くの処方箋を集め、それらを扱える薬剤師の人数を確保しなければなりません。人材を確保したいのに、世の中は薬剤師不足です。そのため、転職希望の薬剤師を取り合う状態になります。少しでも周りの会社よりも良い条件を提示し、薬剤師を獲得しようと考えるのです。

このようなことがあり、高いお給料を提示することで人材を集めようとするのです。

 

7.昇給目的で転職するのは当たり前

昇給目的で転職するのは当たり前薬剤師の場合、昇給はなかなかしづらいとされています。昇給したとしても少額、もしくは昇給しないことさえあります。頭打ちになってしまうという意見も良く聞かれます。理由としては、初めの給与設定が高めに設定されているためです。

そのため、将来の不安を感じ、昇給目的で転職するケースが良くあります。

しかし、ただ転職するだけでは昇給しない場合があるのです。転職するときには必ず自分の条件をしっかりと提示する必要があります。更に必要とあらば交渉もしなければなりません。

「自分の価値をしっかり提示する」

なかなか日本人にとっては難しいことかもしれませんが、とても重要なことなのです。もし自分の価値を上手く伝えられなかったら、転職してもお給料の金額が変わらない、もしくは下がってしまうなんてこともあり得ます。

昇給目的で転職を考えているのなら、しっかりと自分をアピールすることが必要不可欠です。

8.自己アピールや交渉事が苦手な人は・・・

自己アピールや交渉事が苦手な人は・・・自己アピールや交渉事が苦手な人は、それらを得意とする人にお願いすると良いでしょう。

それが「薬剤師専門の転職サイトのスタッフ」です。彼らは日頃から転職希望の薬剤師の代わりとなって、交渉を行っています。交渉のプロと言うわけなのです。

ただし、転職サイトを利用するのであれば、多くの薬剤師が利用しているサイトを選ぶようにしてください。つまり有名どころの転職サイトです。

転職サイトは非常にたくさんあります。毎日のように交渉を行っている転職サイトがある一方、たまにしか交渉を行わない転職サイトもあります。たまにしか交渉を行わない転職サイトと言うのは、知名度が低く、転職希望の薬剤師を集められていないことが原因です。

交渉力の差は経験によるところが大きいです。どれだけ場数を踏み、どれだけノウハウがあるのかが肝心となります。

そのため、転職サイトとして知名度が高く、多くの転職を希望する薬剤師を集めることができている転職サイトに登録することが、転職を成功させる近道と言えるでしょう

複数に無料登録して就職成功確率大幅アップ!

※転職を成功させるコツは「複数の求人サイトに登録すること」です。すべて無料で登録することができます。


記事のタイトルとURLをコピーする

このページの先頭へ