薬剤師求人 転職成功までの流れ

ここでは「薬剤師が転職をする時の一般的な流れ」を紹介しています。

約7割が1度は転職したことがあるというほど、薬剤師の世界で転職は一般的なものとなっています。つまり、転職には「成功と失敗」があるのです。なるべく成功確率を上げるためにも、以下の事に注意してください。

●このページの目次


1.薬剤師求人を探す方法

薬剤師が転職をする時の方法はいくつかありますが、大きく分けると「自分で探す」のか「専門家に探してもらう」のかのどちらかになります。どちらにせよ、次の5つの方法のいずれかで探すことになるでしょう。

5つのポイント

1番のおススメ方法は「薬剤師求人サイトで探す」でしょう。

求人サイトに登録して待っていれば、求人サイトのスタッフ(コンサルタント)が、希望通りの求人案件を複数提示してくれます。提示された案件の中から、好きな物を選ぶことができます。気に入ったものがなければ断ることも自由です。

求人サイトを利用するのが一番簡単で確実!

複数の転職サイトに登録した方が良い

また、求人サイトを利用されるのであれば、複数の求人サイトに登録をしておいた方が良いと思います。

複数の求人サイトに登録しておくことで、好条件の求人情報を集められる確率が上がるためです。どの求人サイトも無料で利用できるため、少なくても3つくらいには登録しておきたいところです

転職成功の流れ1 複数の転職サイトに登録
転職サイトから転職サイト登録の確認の連絡が入ります。
希望や条件に沿った求人案件をいくつか提示してくれます。更なる条件交渉もコンサルタントが行ってくれます。
履歴書のアドバイスから面接の日程の段取りと、入職までのサポートを全て行ってくれます。不安なことはいつでも相談に乗ってくれます。

複数の求人サイトに登録する理由
求人サイトが無料で利用できる理由

 

複数の転職サイトに登録すると、転職成功確率は大幅アップ!

2.履歴書の準備・自己紹介PR文例

履歴書は一般的なものを用意すれば問題ありません。

複数の採用担当者からの話では、履歴書はあくまでも「面接のときに話をするための材料程度でしかない」と話していました。

必要項目が書かれていて、どの学校の出身で、どの薬局に勤めていたのか。履歴書には当然書くことですよね。それらの事が書いてあれば、履歴書で合否を決めることはまずありません。

採用で特に重要視する点は、履歴書に書かれていることよりも、面接でしっかりと受け答えができるかどうかです。特に薬局やドラッグストアの場合、接客することが重要な仕事の1つとなります。患者に対し薬の説明をする必要が出てくるため、コミュニケーション能力は重要視されます。

ただ、現在は極度の人手不足ということもあり、余程コミュニケーション能力が低くない限り、採用する可能性は高いということです。また、そこまで重要視されない履歴書ですが、不安な方は転職サイトのスタッフが書き方を教えてくれます。

特別なことは書く必要はありません。それよりも面接でしっかりと受け答えができるようにしよう!

3.転職内定後の流れと注意点

面接を受けしばらくすると、内定の通知、連絡が来ることになります。

転職する薬剤師の多くは、1つだけではなく、2つ、3つと複数の会社を受けている場合があります。複数受けることにより、比較することができるためです。せっかく転職するのであれば、少しでも良い条件の会社に入りたいですからね。

複数面接を受けた方は、内定をもらった会社をよく吟味しましょう。そして一番自分に合うと思った内定先に入職する旨を伝えましょう。その後、内定をもらった会社へは、断りの連絡を入れるようにしましょう。

時間をかけてでもゆっくり決めれば良いでしょう。困ったときには転職サイトのスタッフにサポートしてもらおう!

4.転職するときに必ず確認すること

転職するときに、必ず契約内容を確認するようにしましょう。

転職する方の多くは、何かしらの原因があって転職することになります。

  • 給与が低い ⇒ 具体的な数字で確認
  • 残業代が出ない ⇒ 残業代が出るのか確認
  • 時間外労働をしたくない ⇒ 時間外労働がないか確認
  • 通勤時間が長い ⇒ 通勤時間が考えている範囲内か確認
  • 土日休みがない ⇒ 土日休みにしてくれるか確認

まず、面接を受ける以前にこれらのことは確認しましょう。また、少しでも気になることがあれば確認する必要があります。もし、自分で聞きづらいときには、転職サイトのコンサルタントが代わりに聞いてくれるので聞いてもらいましょう。

そしてここからが大事です。必ず契約内容は書面にしてもらうようにしましょう

「書面でもらうなんて図々しく思われるかも・・・。」

そのように思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。もし書面にしないと、入職後、話が変わってきてしまう可能性があります。後々、自分を苦しめる可能性があるのです。書面にしてもらうことで、抑止力となるのです

自分の身を守る為にもくどいようですが必ず書面でもらうようにしましょう。

労働契約書をもらうのは当然の権利。将来の自分を守るためにも必ず手に入れよう!

5.円満退職の方法と準備

転職、もしくは離職する際には、なるべく「円満退社」をしたいものです。特に、退社をした後も薬剤師として働くわけですから、なるべく業界内に変な噂は広げたくないものです。特に同じ地域の会社に転職するときには尚更です。どこでどのように繋がっているか分かりません。

このようなことからも、円満退社をして損をすることはありません。

退社の意向を示すと、大抵引き止められます。「辞めさせない」と言われることもあります。

人手が足りないんだ!辞めさせないぞぉ!!!
ひぃぃぃぃ・・・。

しかし辞めさせないといった権利は、どの経営者にもありませんので安心してください。

ただし、例えば雇用契約書のようなものが存在し、雇用期間が明確に定められた書類にサインをしており、その期間内に辞めるという場合には、何かしらのトラブルになる可能性もあります。

もし退社するにあたり困ったことがあったら、転職サイトのスタッフに相談すると良い解決方法を教えてくれます。

会社を辞める辞めないは自由。しっかり法律で決められているから心配しなくてOK。

6.まとめ

以上、薬剤師が転職する流れについて紹介してきました。

簡単にまとめますと以下の通りです。

  1. 薬剤師転職サイトに登録する
  2. 条件を転職サイトのスタッフに伝える
  3. 複数の求人を提案してくるので、その中から選ぶ
  4. 必要とあれば転職サイトのスタッフに条件交渉をしてもらう
  5. 面接の日程を決めてくれるので面接する
  6. 内定が出る
  7. 現在の職場に退職の意向を示し退職
  8. 新しい職場で働き始める

転職サイトを利用すれば、転職サイトのスタッフが全て段取りをつけてくれるので、仕事をしながらでも楽に転職活動をすることができます。

 

おススメ薬剤師転職求人サイト

記事のタイトルとURLをコピーする

このページの先頭へ