薬剤師の転職理由 これが転職する2大理由!

人間関係

人間関係の悪化
人間関係の問題で転職を決意される方は非常に多い世界です。

低給与

お給料が低い問題
お給料の問題で転職される方は非常の多いです。

薬剤師が転職するときの理由としては断トツで「人間関係」「低給与」が上げられます。ただし、この2つの問題は、この業界ではすぐに解決することが可能です

それは「転職すること」です。

転職することで、これらの問題を解決できるだけでなく、その他の労働条件まで良くなることも珍しくありません

問題解決に向けて動くことができるのか?それともできないのか?動くことさえできれば問題解決は目の前です。

転職先を『条件』で選ぶ

転職するときには、必ず転職先に自分が望む条件を提示するようにしましょう。それにより、良い給与や労働環境の下、仕事をすることができるようになります。
せっかく転職するのですから、少しでも働きやすい環境のほうが良いですからね。

転職先を『お子さんの年齢』で選ぶ

育児をしながら働くのは、何かと制限がかかってしまうものです。

しかし薬剤師の場合、お子さんの年齢や状況に合わせて無理なく働くことができます。そのためには、条件の良い求人、つまり「好条件の求人」を探すことが重要です。

好条件の求人を探し出すためにはコツが必要となりますが、見つけることはそれほど難しくはありません。

転職先を『年代別』で選ぶ

薬剤師としての働き方は「年齢」「年代」に大きく影響を受けます。

20代後半では仕事を覚えてきて周りが見えてくる時期です。30代前半は薬剤師として一人前の力を身に付け、さらに上を目指したり、プライベートでも結婚や出産という大きな転機を迎える時期です。30代後半では、生涯勤められる環境を決定したり、出産育児から復帰する方が多い時期です。

どんな働き方が自分に適しているのかを考えつつ、損をしない働き方を探しましょう。

知らなきゃ損する転職ノウハウ

知らなきゃ損する転職ノウハウ
薬剤師のカンチとオヤジさんが、分かりやすく薬剤師の転職に関する悩みや問題点を解決していきます。
カンチは転職経験を持つ薬剤師で、オヤジさんはただただ暇を持て余している近所の住人。そんな2人が薬剤師の転職のノウハウについて熱く語っています。
ナビゲーター紹介
当サイトのナビゲーターのカンチの紹介をしています。
人手不足で多くの薬局やドラッグストアが困っている中、このサイトがきっかけとなり、適した人材を適した労働条件で配置し、いつでも薬を手に入れられる環境になることを望みます。
 

現役・元 薬剤師に聞いてみました!

現役薬剤師インタビュー
現場で働く現役薬剤師、もしくは現場経験のある薬剤師に、仕事や転職事情に関してインタビューしました。
年齢や性別は様々ですが、ほとんどの方に転職経験があり、転職は特別なものではないということでした。
薬剤師の転職体験記
転職経験のある薬剤師に、「どのような経緯で転職をし、転職をした結果どのようになったのか」を教えていただきました。
これから転職を考えている方は参考にしてみてください。
 

薬剤師転職情報 転職サイト or 地域別求人

薬剤師求人サイト
薬剤師の転職求人サイトは数多くあります。無料で利用でき非常に便利なサービスですが、具体的に利用者にどのようなメリットがあるのかや、それぞれの求人サイトの特色を紹介しています。
地域別薬剤師求人情報
全国にある代表的な薬局やドラッグストアを地域別で紹介しています。
会社によって給与や労働条件が異なる為、転職の際にはしっかりと比較検討しましょう。
 

当サイトについて

サイトは、「薬剤師に向けて、求人や転職情報を紹介するサイト」です。

 

現在では数多く薬剤師のための「転職求人サイト」「転職求人サイトを紹介するサイト」がありますが、このサイトが他とは決定的に違う点があります。それは「複数の薬剤師の声を反映して作成されているという点」です。

 

このサイトを作成する上で、現役、もしくは元薬剤師にインタビューを行い、情報を収集し、その上で作成しています。そのため、薬剤師の目線に立ち、情報をお届けすることができます。

転職を成功させる2つのコツ

薬剤師が転職を成功させるためには最低限、2つのポイントを抑えておくだけで、転職成功率がグッと上がります。

 

1つは「大手の転職サイトを複数利用すること」。もう1つは「しっかりと条件を提示すること」です。

 

「大手の転職サイトを複数利用すること」

転職するときには大手の求人サイトを複数利用することをおススメします。

大手の場合、日頃から薬剤師の転職をサポートしているため、転職を成功させるノウハウや経験が膨大にあります。

求人サイトのスタッフの腕によっては、転職活動が失敗することもあるので、登録者数が多い大手がおススメでしょう。

また、1つの転職サイトだけでは好条件の求人を完全に網羅することができないため、3つほどのサイトに登録しておくと、かなりの高確率で自分の条件に合った求人を見つけやすくなります。

 

しっかりと条件を提示すること

薬剤師は人手不足のため、非常に需要の高い職業です。そのため、ある程度高い条件を提示しても採用してくれることは良くある話です

逆に先方の条件を丸呑みしてしまうと、同僚より給料が低かったり、休みが少なかったりなど、後で痛い目を見ることがあったりします。

転職の際には自分から労働条件を提示し職場を選ぶようにしてください。自分から言いにくい場合には、求人サイトのスタッフが代わりに交渉をしてくれます

こういった交渉を代わりにしてくれるだけでも、転職サイトを利用する価値は高いと言えるでしょう。交渉1つで、転職後の条件は大きく変わってきます。

   
記事のタイトルとURLをコピーする

サブコンテンツ

このページの先頭へ