「小学生未満」のお子さんを持つ薬剤師さんへ

お子さんが小学生以下の薬剤師さんへ未就学児(小学生未満)のお子さんを持っている主婦が仕事をするのはなかなか大変なことだと思います。子どもの年齢にもよりますが、フルタイムで働くのは厳しいでしょう。

そのため、「短時間勤務(時短勤務)」が好まれる傾向にあります。

0歳~5歳までの未就学児は、日を追うごとに成長します。どんどん大きくなり、その成長を楽しみにしている方も多いはず。

「ずっと一緒にいたい。でも育てるためにはどうしてもお金が必要」

そういった方は「時短勤務」で働いてみてはいかがでしょうか。扱いは正社員のため、保証もしっかりしていますしボーナスもあります。大切なお子さんのための学費を積み立てることができます。

また、「パート」も良いでしょう。薬剤師は時給が高いため、少しの時間でまとまった収入が得られます。

お金に苦労することなく、安心して子育てをするためにも、そして愛する子供の将来のためにも、少しでも世帯収入を増やしてみませんか?

時短勤務でも貴重な人材

例えば、お子さんが未就園児(保育園や幼稚園に入る前)の場合は、なるべくお子さんと一緒に過ごし、働きに出るとしても1日2時間~3時間程度に抑え、保育園や幼稚園に入った後、多少勤務時間を伸ばすといった勤務形態が好まれています

薬剤師の世界は極度の人材不足であり、数時間程度の勤務でも薬剤師を確保したいという思いを抱えた薬局、ドラッグストア経営者が数多くいます。

そのため、育児・子育て中の主婦を確保しようと必死になっているのです

時給はどんな仕事よりも高め

薬剤師の時給は、他のどんな仕事よりも時給が高めに設定されています。

パートでも平均的には時給2000円~3000円と、これでも高めなのですが、時給5000円前後で求人を出している所もあるほどです

そのため、1日2時間、1週間で3日程度働くだけでも月収が12万円ほどになり、家計の大きな助けとなるのです。

さらに派遣として働く場合にはさらに大きな収入を期待することができます。

なぜ高待遇の求人が多いのか?

薬剤師の求人が高待遇な理由は簡単で「人手不足」というのが最大の原因です。

例えばドラッグストアの場合、薬剤師が在籍していないと薬の販売をすることができない場合があります。つまりその間は売り上げが立たないわけであり、お客さんも他の店舗に流れてしまいます。

お客さんが他の店舗に流れてしまうのは、大きな機会損失です。また「このドラッグストアでは薬を買うことができない」というイメージが付いてしまうことが一番店舗にとってはダメージとなってしまいます。

このようなこともあり、少しの時間でも良いので、働いてくれる人材を確保したいと考えるわけです。その辺りは、子育て育児中のママ薬剤師と利害が一致するわけです。

長い時間働きたい方

ママ薬剤師の中には「長い時間働きたい」と思われる方もいることでしょう。そんな時には、お子さんを預けることになるわけですが、現実的な預け先として考えられるのは以下の通りです。

  • 親に子どもを預ける
  • 託児所に子どもを預ける

親に子どもを預ける

現実的に子どもを預ける上で一番安心できるのが「親に子どもを預ける」でしょう。

親にとって孫の面倒を見ることになりますので、よく面倒を見てくれることでしょう。ただし同居しているのならまだしも、頻繁に長い時間預けるとなると、子どもを見る親の負担も大きくなることでしょう。また、親子関係が良好であれば良いのですが、全ての家庭がそうであるとは限りません。また、子どもを預けることによって親子関係にトラブルを抱えてしまう可能性もあるので、その辺りは注意が必要です。

託児所に子どもを預ける

気兼ねなく預けられるのは「託児所に子どもを預ける」だと思います。一般的な託児所ではなく、例えば総合病院内、もしくは隣接している託児所の場合は、他にもお医者さんや看護師さんの子どもを預かっているので、安心して預けることができます。

何かトラブルが起きた際にも、すぐに子どもの元に行くことができますし、急な病気の場合でも、そのまま病院で診てもらうことも可能です。

問題点を挙げるとすれば、託児所内には、「お医者さんや看護師、薬剤師の同僚の子どもが預けられている」ということです。

つまり職場の同僚の子どもが預けられているようなものです。子どもがトラブルを起こした際に、そのまま親の問題にまで発展しかねないという不安があります。

子どもを自分の手元から離して誰かに預ける分、メリットやデメリットは生じてくるものです。その辺りを天秤にかけ、自分のライフスタイルに合った方法を選ぶと良いでしょう。

沢山の条件を提示する

以上のように、未就園児のお子さんをお持ちのママ薬剤師さんが仕事をするのは、色々ハードルが高いでしょう。ただし条件を付けることで働きやすくなります。

また、ある程度条件を付けたとしても、「それでも働いてもらいたい」と思う薬局・ドラッグストア経営者は多いのも事実です。

ただし自分の条件に合った職場を探すのは難しいものです。

そういった時に、多くの薬剤師が利用するのが「薬剤師転職サイト」です。薬剤師転職サイトを利用することで、専門のコンサルタントが希望の条件を満たした求人案件を探してきてくれます。

更に、そこから交渉も分かりにしてくれ、さらに高待遇で採用されるといったことも珍しくありません。

求人を探すのも、交渉するのも全てコンサルタントが代わりに行ってくれるので、こちらが行うことといったら「希望の条件を言って待つだけ」です。

小学生未満のお子さんを持つ薬剤師への転職事情をカンチとオヤジさんが解説

小学生未満のお子さんを持つ薬剤師への転職事情をカンチとオヤジさんが解説

小学生未満のお子さんをお持ちのママ薬剤師さんへおススメしたい薬剤師としての働き方を、カンチとオヤジさんが解説していますので、こちらも参考にしてみてください。

次回、「小さな子供を預けて働く薬剤師の悩み」をお楽しみに!

 

転職先を『お子さんの年齢』で選ぶ

複数に無料登録して就職成功確率大幅アップ!

※転職を成功させるコツは「複数の求人サイトに登録すること」です。すべて無料で登録することができます。


記事のタイトルとURLをコピーする

このページの先頭へ