薬剤師が転職時に提示する条件 特に人気の6つとは

薬剤師が転職するとき、転職先の会社に求める条件としては主に6つが挙げられます。

  • 総合的な満足度
  • 給与の金額
  • 休日の数
  • 残業の有無
  • 転勤・異動の有無
  • 主婦でも働けるか

これら希望する条件を転職先の会社が受け入れてくれるのかどうかがカギとなってきます。

今回は、これら薬剤師が転職するときの条件として人気の6項目について紹介するとともに、それらを転職先の会社に受け入れてもらう方法を紹介します。


●このページの目次


1.人気のある働き方

このように、薬剤師一人ひとりによって、求める働き方は異なってきます。自分の環境に合った働き方を選ぶことで、無理なく長く続けることができます。

高い満足度

高い満足度の薬剤師求人情報

一般的に薬剤師が好む転職条件を広く紹介しています。

働く理由や状況は、薬剤師一人ひとり違うものです。なので、どういった条件や職場が好条件であり満足できるのかも変わってきます。

まず、どのような条件のもとで仕事をすれば満足できるのかを、自分自身で見つめ直してみるところから始めると良いでしょう。

 

 

高収入

高収入の薬剤師転職

薬剤師の給与は元々、他の職業に比べると高く設定されていることが多く恵まれています。

さらに収入をアップさせたいと考える方は、転職の条件として「給与アップ」を希望し交渉することで、比較的給与額はアップしやすいです。

問題はしっかりと交渉できるかできないかにかかってきます。

 

 

土日休み

土日休みの薬剤師求人

「土日を休みたい」といった現場の薬剤師の声は多く聞かれるものです。

それは、勤め先によっては休みが不規則であり、家族や友人との時間を満足に確保することが難しいためです。

例えば総合病院の門前の場合は、病院が休みの土日は休日としていることが多いので、そういった職場を選ぶのも1つの手です。

その他、転職する時に交渉次第で自分の好きな日を休日に選べる場合もあります

 

 

残業なし

残業なしの薬剤師求人情報

残業は突発的に発生することがあり、これにより予定が仕事終わりの予定に大きく影響を及ぼすことがあります。特に薬剤師の場合、人手不足ということから残業をせざるを得ないことも多々あります。

転職の際に「残業なし」もしくは「少ない残業」の職場を選ぶことで、残業に悩まされない生活を送ることができます。

残業の有無は転職前に確認できます。

 

 

転勤なし

転勤なしの薬剤師転職

特に広い範囲で展開している大手調剤薬局やドラッグストアの場合ですと、店舗間の転勤や異動が必要となってくる場合があります。

転勤や異動を望まない方も多く、最近では地域密着型と称して無理な異動をさせない店舗も多いです。

しかし、「転勤なし」を条件にすることで、1つの店舗で働き続けることができます。

また、多店舗のない個人薬局を選ぶのも良いでしょう。

 

 

主婦が活躍

主婦が活躍できる薬剤師求人

薬剤師は主婦でも働きやすい職業と言えます。短い時間でも働くことができ、働く時間帯も比較的自由に選びやすいのが特徴です。

時短勤務やアルバイトといった働き方が人気です。

 

 

2.転職をする際には条件を提示した方が良い

転職をする際には条件を提示した方が良い薬剤師の場合、転職するときには転職先に対し条件を提示した方が良い業種と言えます

理由は簡単で条件が通りやすいということです。なぜ提示した条件が通りやすいかというと、「人手不足でなかなか人材を確保できないため」です。これは全国的に言えることです。

せっかく薬剤師として働くなら、なるべく好条件の職場で働きたいですよね。

しかし、条件を提示せず、採用側の言われるままの条件を飲んでしまう薬剤師も少なくありません。それではせっかく転職した醍醐味が薄れてしまいます。

薬剤師の転職は条件面で現状維持はあってもマイナスはあり得ません。むしろプラスになることが多いのです。

そのためにも、転職の際には必ず条件を伝えるようにしましょう

3.条件を提示しないと損をする

条件を提示しないと損をする転職する際に条件提示することは非常に重要なことです

なぜなら、転職した後に労働条件の変更することは非常に難しく、長い目で見て大きく損をしてしまう可能性が非常に大きいためです。

少し考え方を変えてみましょう。

薬剤師が転職するときに、働く上での条件を提示するのは今や一般的となっています。もしあなたが交渉なしに、会社が提示する条件で入職したとします。

その後、あとから入職してきた薬剤師がいたとします。その人はあなたと同じ労働条件で入職したのでしょうか?おそらく違います。給与が高い可能性があります。賞与が多い可能性があります。もしかしたら残業が免除されているかもしれません。昇進が約束されているかもしれません。

先にその職場に入職し同じ仕事をしているのにも関わらず、後から入ってきた後輩に抜かれてしまう可能性があるのです。

入職前に条件提示をするのかしないのかだけで、これだけの差が生まれ非常に損になってしまうのです。

4.同じ地域にもっと良い条件の可能性

転職活動を始め様々な求人情報を集めないと、なかなか気づきにくいことですが、実は同じ地域の薬局やドラッグストアで同じような仕事内容なのに、労働環境が良い職場はあるものです。


「いや、そんなことはない。色々な求人情報誌や広告を見たけど、みんな同じような求人ばかりだった。」

そう言われる方もいるのですが、求人情報や広告に掲載されている薬剤師募集には秘密があるのです

それは「採用側の思惑が強く反映されている」ということです。少し分かりにくいと思うので補足しますが、例えば「薬剤師募集!時給2500円」という求人が出ていたとしましょう。


「時給2500円なんだ。ふ~ん。」

このように思われる方は転職に慣れていないということが分かります。転職に慣れている方の場合は以下の通りです。


「時給2500円?もう少し高くなるな。」

理由は先にもお話した通り、薬剤師は全国的に人手不足です。何とかして人材を確保したいと多くの薬局やドラッグストアが考えています。そのため、他に取られるくらいならもっと高い時給を出しても良いと考える会社は数多くあります。実際、時給5000円で募集している会社もあるくらいです

そのことを知っている薬剤師は転職したいと思った会社に対し時給交渉を行います。

5.正社員の場合も同じことが言える

正社員の場合も同じことが言える正社員の場合でも同じことが言えます。例えば求人誌に「年収400万円以上~」と出ていたとしましょう。このような求人が出ていた場合でも、さらに多くの年収に出来る可能性があります。

例えば東京都の20代の薬剤師の年収は約630万円です。40代にもなると840万円です。

これは交渉を行った結果です。もちろん、全部が全部と言うわけではありませんが、可能性はあるということです。

その他にも、「休日」「残業」に関して交渉することで、自分が望むワークスタイルにしやすいのです。

6.自分の望むワークスタイルを手に入れるためには交渉が必要

欧米では自分の労働条件を少しでも良くしようと、会社側と交渉をするのは一般的ですが、日本の場合、日本人気質なのかもしれませんが、自分の労働条件に付いて交渉する人は少数派の印象を受けます。

しかしそれでは損をしてしまいます


「交渉なんてしたら会社から変に思われる・・・。」

そう心配される方もいるようですが、薬剤師の世界では交渉は日常茶飯事です。あなたより後から入職してきた同僚が、あなたよりも良い給与をもらっているということも珍しくありません。

なぜ、このようなことが起こり得るのか?それは「交渉をしたのか?それともしなかったのか?」によります。

7.交渉をするために必要な事


「交渉のやり方なんて分からない。どうすればいいの?」

そう思われる方もいるかと思います。当然です。本来の職業は薬剤師ですからね。交渉するのは仕事ではありません。

もし交渉が必要となった時には「交渉のプロに任せれば良いのです」

薬剤師が職場を変更するときに、代わりに交渉してくれる専門家がいるのをご存知でしょうか?

それが「薬剤師転職サイト」です。

薬剤師として働いたことがあるのなら、一度は耳にしたことがあるかと思います。

現在では数多くの薬剤師専門の転職サイトがあり、それぞれに交渉のプロが在籍しています。

ちょっと待って!薬剤師転職サイトって怪しいんじゃないの?


「薬剤師転職サイトってなんか怪しい!!」

そう思われる方も少なからずいます。分からなくもないのですが、転職を成功させている薬剤師の多くが転職サイトを利用している現状があります。周りの薬剤師に聞いてみれば分かります。

では、なぜ多くの薬剤師が利用しているのかというと、以下の5つの理由があります。

  • 転職する薬剤師のほとんどが利用しているから安心
  • 上場企業が運営している
  • 実際に転職サイトのスタッフと会うことができる
  • 利用料は無料
  • 交渉は全て代わりにしてくれる

当サイトのおススメとしては、交渉を日頃から何度も行っている、交渉経験豊かなスタッフのいる転職サイトをおススメします

それは必然的に多くのユーザー登録をしている転職サイトということになり、それは大手企業が運営している転職サイトということになります。

交渉の経験値によって、実際に働いた時の労働条件は大きく変わるため「交渉力」は転職においては非常に重要なことなのです。

8.おススメしたい3つの転職サイト

当サイトがおススメしたい転職サイトは以下の3つです。

このどれもが大手企業が運営しています。利用者がTOPクラスで多いため、その分、交渉を行っており、交渉の経験値は高いと言えます。


複数に無料登録して就職成功確率大幅アップ!

※転職を成功させるコツは「複数の求人サイトに登録すること」です。すべて無料で登録することができます。


記事のタイトルとURLをコピーする

このページの先頭へ