薬剤師が選ぶ満足度が高い求人サイト

薬剤師にとって「満足度の高い求人は、実は人それぞれ異なってきます」「給与が高い」と満足する薬剤師もいれば、「残業がない」と満足する薬剤師もいます。

いずれにせよ、満足しながら仕事ができれば生活全体が充実してきます。余裕を持ちながら仕事に取り組めるでしょうし、プライベートももっと楽しめることでしょう。

ここでは「ここがこうならもっと満足できるのに」という考えから転職をした経験を持つ薬剤師に話を聞きまとめてみました。

●薬剤師が選ぶ満足度の高い求人サイト

この3つの薬剤師求人サイトが特におススメです。それぞれ独自の非公開案件(好条件案件)を取り揃えていますので、より良い条件での転職を希望している方は、3つ全てに登録することをおススメします

 

全てのサイトが大手が運営しており、利用料無料です。また専任のコンサルタントが、希望の職場が見つかるまでサポートしてくれます。

 

給与がもっと高いと満足!

『数年勤めた薬局での給与に不満があり転職を考えました。給与にこだわって新しい職場に転職した結果、大きく年収を上げることができ、とても満足することができました。』

薬剤師と言う職業は、元々給与の高い職業です。とはいっても、勤めている会社によっては給与が低く設定されていることもあります。また、地域によっても給与格差はあります。

このようなこともあり、もっと高い給与を求めて転職を考える方は数多くいます。

例えば「東京都の30代の薬剤師の給与」を例にしたいと思います。東京で働く30代の薬剤師の平均給与は「495万円」です。

一方、高い給与を求め転職した結果の最高給与額は「660万円」になります。その差「165万円」。1か月あたりの給与が約10万円以上にもなります。少し分かりにくいかもしれないので、表にしてみました。

東京都 例 20代 30代 40代 50代
平均年収 461万円 495万円 544万円 530万円
最高年収 630万円 660万円 840万円 720万円
差額 169万円 165万円 296万円 190万円

「転職をすると給与が上がるの?」

このように思われる方もいるかと思うのですが、多くの場合「給与は上がります」。これは薬剤師が人手不足であるため、高い給与を提示してでも薬剤師を確保したいと考える経営者が多いためです。

逆に、高い給与を出してでも確保しないと、他の会社に人材を取られてしまうため、確保できるうちに確保しておきたいと思う経営者が多いのです。

給与が高ければ、余裕を持った生活を送ることができます。生活レベルを上げることができるでしょうし、家族に楽をさせてあげることができるでしょう。子どもの教育にもお金をかけれるでしょうし、好きな趣味を始めることもできます。もちろん、老後の備えにもなりますね。

残業がないと満足!

『家庭があり子供がいるため、決まった時間に帰宅できないと困ってしまいます。以前の職場は残業がたまにあり、その度に家族に迷惑をかけていました。そのため転職をした結果、残業が全くなくなり、満足の行く転職をすることができました。』

給与も大事ですが、労働条件も大事です。特に「残業の有無」に重点をおく薬剤師がいます。

薬剤師の業界は人手が足りていないため、少ない人数で仕事をしていることが多いです。薬をもらいに来る患者からしてみれば、薬局の人手が足りているのかどうか気にすることはありません。そのため、次から次へと患者が来ます。

来た患者を追い返すことはしないので、全てに対応をしていくわけですが、そうなると患者がいる時間帯は接客や調剤に追われ、薬局が閉店した後に雑務をすることになります。

また、閉店時間に患者がたくさん来ることもあります。そうなればどうしても残業することになります。多少の残業は致し方ないこともあるかもしれませんが、それでも例えばお子さんをお持ちの薬剤師の場合、多少の残業も厳しいことがあります。

また、仕事とプライベートをしっかり区別している薬剤師にとっても残業はストレスになることでしょう。

「残業をしなくても良い会社はあるのか?」

薬剤師の世界では、残業をしなくても良い会社はかなりたくさんあります。求人に「残業なし」と表記されていることも珍しくありません。また「残業ほぼなし」と言った表記を目にすることもあります。

残業が少なければ、1日の内で自由に使える時間が長くなります。家族や子どもと過ごす時間を長くとることもできます。趣味に時間を費やすこともできますし、キャリアアップのための勉強時間を確保することもできます。疲れた心身をいやす時間に費やすこともできますね。

また、決まった時間に帰れるというのは生活リズムを整えられ、規則正しい生活を送れる魅力があります。

時短勤務だと満足!

『本当はフルタイムで働きたいのですが、子供が小さいうちは一緒にいる時間を長く取りたいと考え、時短勤務で働ける薬局を選びました。満足しています。』

薬剤師のおよそ6割は女性と言われています。ただし、女性は結婚や出産、育児、介護等で男性よりも職場を離れること多いです。

「フルタイムは難しいけど、数時間短く勤務したい」

そんな方に人気の仕事スタイルが「時短勤務(短時間勤務)」です。

薬剤師不足の今、そんな薬剤師の手を少しでも借りたいと思う経営者が多く、「時短勤務(短時間勤務)」を採用している会社が多くなってきました。

時短勤務を利用することで、勤務時間を短くすることができ、その上で、他の事に費やす時間を確保することができます。正社員のため、ボーナスも支給されますし福利厚生も利用することができます。

ただしこの制度を導入していない会社も結構多いのが難点です。

時短勤務なら産休・育休明けのお母さんが体に無理せず現場復帰できますね。小さなお子さんも長い時間預けることなく、親子のコミュニケーションの時間を長く持つことができます。

また、介護をしている方にとっては、表に出て気分転換をするにはちょうどよい時間ですし、介護しながらでも働けるちょうどよい長さですね。

通いやすいと満足!

『以前の職場は車で40分かかっていてストレスでした。転職した今は、電車で10分、駅から徒歩5分で通いやすくなり満足の行く転職となりました。』

「職場への通いやすさ」を転職のポイントとする薬剤師もいます。通勤時間を短縮することで、その時間を他のことをする時間に当てられるのが大きなメリットです。

片道30分の通勤時間であれば、往復で毎日1時間使っていることになります。それが週5日なら5時間。1ヵ月なら約20時間・・・。

「通勤時間が面倒」という方もいますし、「なるべく通勤の時間を短くし、家事や育児の時間を確保したい」と考えるママ薬剤師もいます。

そして、通勤時間を短縮するために、住まいの近くや駅やバス停の近くの会社を選んだりします。

長い通勤は、それだけで疲れてしまいますよね。それも毎日となると尚更です。通勤時間を短縮し、毎日1時間~2時間の時間を確保できたら、何をしますか。

職場が家からすぐ近くなら、毎日の通勤でストレスを溜めることもなくなりますし、お子さんと接する貴重な時間を長く確保することができます。子供の成長は早いですからね。少しでも長く笑顔を見続けるたいですよね。

また、プライベートの時間も確保しやすくなりますね。

通勤時間を短くするだけで、その時間を利用してできることって沢山ありますね。

パートや派遣で満足!

『正社員で働いていたのですが、プライベートを充実させたいと思い、時間に融通の利きやすいパートを選びました。私自身はパートと言う働き方が自分には合っていると思い、満足しています。』

「パート」「派遣」は薬剤師にとっては仕事のスタイルとしてとても魅力があります。

「1日3時間」「週3日」「期間限定」といったスタイルです。少なくても時給2000円以上はもらえますので、かなり収入面では優遇されています。私の知る範囲では「時給5000円」という薬局もありました。

高時給のため、短い時間で大きな収入を生むことができます。これにより、忙しい主婦の方やプライベートを充実させたいと考えている方に特に人気が高いです。

パートや派遣は薬剤師業界では貴重な存在です。一方、働いている側からしてみると、時間に自由が利きやすいため、正社員として働いているとできないことも沢山できるようになります。

育児・介護中の方の場合、1日数時間、息抜き代わりで働けます。

短期間だけ集中的に働き旅行や趣味で人生を楽しむ人もいます。

ゆったりとした生活を送りたい方、時間を有意義に使いたい方にはぴったりの働き方ですね。

人間関係が良好なら満足!

『以前の職場では、人間関係が悪化してストレスを毎日感じていました。でも、職場を変えてからはストレスを軽減することができました。満足しています。』

人間関係で悩んでいる薬剤師は非常に多いです。何とかしようと思ってもなかなか解決できないものです。特に薬局の場合、調剤室はそれほど広くないため、嫌な人間との距離が近い環境で仕事をしなければなりません。大きなストレスとなります。

人間関係のトラブルはなかなか解決しないものであり、そういった時に転職を考える方が多いです。

人間関係は働く上で実はとても重要なことですね。

「あの人がいなければ・・・」

ストレスによって力を発揮できていない。そういったことはよくあることです。でもそんな心配する必要はありません。ストレスのない職場に転職すればよいのです。

ストレスがない中での仕事を想像してみてください。ちょっとくらい大変な仕事でもサクサクこなせると思いませんか?自分の能力をもっと発揮できると思いませんか?それによって昇進や昇給もしやすくなると思いませんか?

あなたの力を必要としている職場はそこだけではありません。

転職することで「不満」から「満足」へ

今回質問させていただいた薬剤師はどの方も、それぞれ違った不満を抱えていていました。結果として、転職することにより不満を解消することができ満足することができたようです

中には転職した結果、また新たな不満が出てきた方もいましたが、転職するほどではないとのことでした。

転職を考えたとき一番重要なことは「転職するほどの不満なのかどうなのか?」です。あまり転職しすぎては、もし次に転職をする際に面接で不利になる可能性があります。転職の回数が増えれば増えるほど転職の成功率を下げてしまう可能性が高まりかねないのです。

ただし、今回インタビューさせていただいた薬剤師は全員、転職したことには満足しており、全ての方が「薬剤師転職サイト」を活用していました

自分で求人を探して面接を受けに行くのも良いのですが、転職サイトを利用すると、給与面であったり、残業時間であったり、時給であったりと、あらゆる交渉を転職サイトのスタッフがしてくれるのです。

 

転職サイトのスタッフが全てを代行してくれる

今回インタビューした全ての薬剤師が転職サイトを利用した経験がありました。その理由は「とにかく楽で確か」という言葉にまとめられます。

仕事をしながらでも転職活動

転職サイトを利用すると、希望に沿った求人を転職サイトのスタッフが代わりに探してきてくれます。そのため、転職を希望する薬剤師が求人を見つけるために、色々情報を集めて回る必要がありません。

データベース化されているから早い

大手の転職サイトの場合、データベースとして7万件以上もの求人を常時抱え、さらに日々増えていっています。大量の求人情報を抱えているため、大抵希望通りの求人を見つけることができるのです。またコンピュータでデータベース化されていますから、求人情報をすばやく見つけることができます。

多くの場合、即日、もしくは翌日までには複数の希望通りの求人情報を知らせてくれます。

日頃から交渉をしているから任せても安心

「満点の求人」と言うのはなかなか見つけることは正直難しいです。しかし「満点に近い求人」を見つけることは、そう難しいものではありません

そして「満点に近い求人」「満点の求人」にするために交渉をする必要があります。労働条件の交渉は非常に重要な事であり、転職に失敗する薬剤師は交渉をしなかったり、もしくは交渉が失敗したのにも関わらず転職してしまうのです。

交渉を成功させるためには、交渉のプロにお願いすることが重要です。交渉のプロ、それは転職サイトのスタッフです。

特に大手転職サイトの場合、毎日のように転職を希望する薬剤師の代わりとなり、転職先の会社と交渉を行っています。交渉内容は「給与の額」「就業時間」「手当」など多岐に渡ります。

これにより、「満点に近い求人」「満点の求人」に近づけることができるのです。

高い満足度の求人をカンチとオヤジが解説

高い満足度の薬剤師求人の実情を、カンチとオヤジさんが分かりやすく紹介しています。

次回、「満足度が高い薬剤師求人って?人それぞれ違うもの」をお楽しみに!

転職先を『条件』で選ぶ

転職先を『お子さんの年齢』で選ぶ

転職先を『年代別』で選ぶ

複数に無料登録して就職成功確率大幅アップ!

※転職を成功させるコツは「複数の求人サイトに登録すること」です。すべて無料で登録することができます。


記事のタイトルとURLをコピーする

このページの先頭へ