主婦が活躍できる薬剤師求人を比較

薬剤師の仕事は、結婚し家事や育児に忙しい主婦でも活躍できる職業と言えます

短い時間だけでも、そして曜日を指定してでも、雇いたいと思う薬局やドラッグストアは数多くあります。また、時給も約3000円前後は当たり前なので、短い時間の中でも大きな収入になるのが魅力です
主婦業ってとっても忙しいですよね。そんな忙しい中でも少しでも生活を楽にしようと頑張って働こうと思っている方は沢山います。

薬局やドラッグストアは全国的に極端な人手不足であり、少しの時間でも働ける人材を探しています。そのため、家事や育児での忙しい方でも、少しの時間だけでも働ける上に、時給も高くまとまった収入を得ることができます。

「子供の成長は早いから、お子さんとなるべく長く一緒にいたい。でも少し収入があれば助かる。」

そう思うお母さん薬剤師には、「パート」「時短勤務」というワークスタイルをおススメします。

お子さんが保育園や学校に行っているたった2~3時間程度で、まとまった収入を得ることができます。

お母さんの頑張りは、きっとお子さんや旦那さんに届くことでしょう。

主婦には主婦の働き方がある

主婦には主婦の働き方がある主婦は何かと忙しいものです。家事や育児は想像以上に労力のかかる仕事です。

しかし、家事や育児をしながらでも仕事をしやすいのが「薬剤師」という仕事です

家事や育児をしながらフルタイムで仕事をするのは難しいかもしれませんが、「1週間のうちに数日」「1日の内に数時間」という働き方なら、主婦業をしながらでも働くことが可能となってくることでしょう。

「このような条件で採用してくれる会社があるのかな?」

という心配をされる方もいるかもしれませんが、薬剤師の業界は人手不足であるため、ある程度無理そうな条件を出しても採用される可能性が十分にあるのです。

将来的には現場復帰をしたい

将来的には復帰したいと思っています。そのためにも1週間に数日、1日に数時間でも勘が鈍らないよう、現場で働いていたいと思っています。

薬剤師として活躍してきて、将来的に現場復帰を考えている主婦の方は数多くいます。一度現場から離れ、家事や育児、子育てをしていると、どうしても勘が鈍ってしまい、将来的に復帰する際に不安を感じてしまうのです。

そのため、少しの時間でも良いので、継続的に仕事をしていたいという需要は非常に高いのです。

そういった需要を満たせるのが現在の薬剤師業界です

人手不足のためなかなか人材が集まらず、少しの時間でも働いてくれる人材が欲しいと考えているのです。そのため、「1週間のうちに数日」「1日の内に数時間」という主婦の要望は非常にありがたいのです。結果として双方の需要が満たされる形となり、結果として主婦でも働きやすくなっていると言えます。

家族の理解・協力が必要になることも

主婦が薬剤師として働くときには家族の理解・協力が必要になることも主婦が働きに出るということは、どうしても家族の理解や協力が必要になります。働きに出る際には、必ず家族と相談し、理解を得るようにしましょう。

とは言っても、他の職業に比べ、薬剤師と言う職業は、給与面に関しては非常に恵まれています。そのため、少しの時間、例えば1日2時間~3時間程度でも、採用してくれる薬局は数多くあります。

また、時給が1時間当たり3000円前後と高めなので、1日3時間でも働ければ、日給約10000円程度になります。これだけ収入を得られれば、家計の大きな助けになることでしょう。このことから、短い時間であれば、働きに出ることに理解を示してくれるのではないでしょうか。

短時間勤務もできる

主婦の薬剤師におススメな短時間勤務多くの薬剤師求人では、短時間勤務をすることが可能です。「2時間、3時間程度でも欲しい」と思っている薬局やドラッグストアは多くあります。

これは、薬剤師がいないと薬の販売ができないということに起因しています。薬局の場合、1人当たり扱う処方箋の数の上限が決まっています。上限を超えてしまうと、取り扱えなくなる為、利益が上がらなくなります。

ドラッグストアの場合も、薬剤師が不在の時は、薬の販売をすることができません。その間は利益が上がらないのです。

「空いているときもあるし、空いていない時もある。」

そう住民に思われたら、お客さんの足も遠のいてしまいます。商売にとって非常に痛手となります。このようなこともあり、なるべく薬剤師不在の時間を少なくしたいのです。このことから、ほんの数時間でも人員を確保したいと考えるのです。

曜日を選んで勤務する

曜日を自由に選んで薬剤師として働く「短時間勤務」と同じように、「曜日も自由に選べる薬剤師の求人」は数多くあります。これも少しでも薬剤師を確保しておきたいという、薬局側の考えです。

主婦をしながらだと、「この曜日は時間が空けられ仕事ができるけど、この曜日は難しい」といったこともあるかと思います。

それでも人材を欲しがっている薬局にしてみると、少しでも働いてくれるのは有難いため、そしてそう思っている薬局が多いため、曜日指定で働くことも可能なのです。

主婦だからって仕事ができる それが薬剤師の良い所

主婦だからって仕事ができないわけじゃないこのように、主婦は働く時間の確保が難しいですが、薬剤師業界であれば、条件を付けることで、比較的容易に働くことができます

これも薬剤師は人手不足であるからこそです。他の薬局やドラッグストアも同じように人手不足であり、求人は人材の奪い合いとなります。そのためなるべく自分の求人を選んでもらうために、雇う側としては労働条件を緩く設定せざるを得ないのです。そのため、時間帯指定をしても、曜日指定をしても、受け入れてくれる薬局・ドラッグストア・会社は数多くあります

また、高時給のため、世の中にある様々なアルバイトをするよりも、楽に収入を得られるのが魅力です。家計の大きな助けとなりますし、薬剤師の免許を持っている方にはおススメです。

条件交渉は自分で?代わりにしてもらう?

薬剤師の仕事条件での条件交渉は自分で?代わりにしてもらう?「短時間勤務」「曜日指定の勤務」、更には「高時給」

全ての条件が揃えば、働く主婦にとっては非常に有難い条件になるかと思います。ただし、これら条件はしっかりと交渉をした上での結果です。

雇う側としてみたら、「安い給料で長い時間働いてくれる人材の存在が一番都合の良いもの」です。なので、条件交渉をしないと、いいように使われてしまう可能性があります。

そんな時、自分で求人募集に問い合わせをするのではなく、代理人に交渉してもらうと良いでしょう。代理人と言っても堅苦しいものではなく、世の中に数多く存在する「薬剤師転職サイトのスタッフ」に代わりに交渉をしてもらうということです。

薬剤師転職サイトは、薬剤師の免許を活かして就職・転職をしたいと考えている方を支援するサービスです。全て無料で利用できるといったメリットがあります。

薬剤師求人サイトが無料なワケ

 

転職サイトを通すか通さないかによって、労働条件と職場での扱いが大きく変わる可能性があります

転職サイトを利用すると労働条件が約束される

転職サイトを利用して、就職・転職したとします。この時、代理人は条件の交渉を行ってくれます。これにより、働く時間、働く曜日、時給が決定します。そしてこれらを盛り込んだ契約書を作成します。

契約書を作成するため、仕事が始まってからルールを変更される恐れがありません。

「仕事を始めたら、話が違った」

といった事を良く耳にすると思いますが、契約書を書いてもらうことでこういったことが起こりにくくなるのです。万が一、ルールを変更されたら、契約違反のため再び代理人が交渉してくれます。もしも折り合いがつかなかったとしたら、転職サイトに数万とある求人情報から、新しい求人案件を紹介してくれます。

このように転職サイトを利用することは、転職希望の薬剤師にとってはメリットしかありません。色々制限があり何かと忙しい主婦が「少しでも良い条件で働きたい」と考えているのであれば、『薬剤師の転職サイト』利用した方が良いと思います

主婦の薬剤師の求人事情をカンチとオヤジさんが解説

主婦の薬剤師の求人事情をカンチとオヤジさんが解説

ママ薬剤師の求人に関してカンチとオヤジさんが解説していますので、こちらも参考にしてみてください。

今回はママ薬剤師のサプリさんも登場。

次回、「主婦の薬剤師は時短勤務で働く人が多い!」をお楽しみに!

 

転職先を『お子さんの年齢』で選ぶ

薬剤師転職・求人 関連記事

転職先を『条件』で選ぶ

転職先を『お子さんの年齢』で選ぶ

転職先を『年代別』で選ぶ

複数に無料登録して就職成功確率大幅アップ!

※転職を成功させるコツは「複数の求人サイトに登録すること」です。すべて無料で登録することができます。


記事のタイトルとURLをコピーする

このページの先頭へ