残業がない・少ない薬剤師求人

人手不足が続く薬剤師の世界では、少ない人材で業務を行うため、無理な残業や望んではいない残業を強いられることが少なくはありません。

しかし、人材が少なく貴重だからこそ、残業をさせないようにしようと考えている会社もあることをご存知でしょうか。

ここでは、「残業がない、もしくは少ない薬剤師の求人」についてお話したいと思います。
「残業さえなければ・・・」

たまにや、多少の残業なら良いかもしれませんが、頻度が多いと体に負担もかかりますし、ストレスも溜まってきてしまいます。

「帰るといつも子供は寝てしまっている・・・」
「プライベートに時間をさけない・・・」

残業はあるのが当たり前と思っている方がいるかもしれませんが、そんなことはありません。残業がないのが当たり前の職場は沢山あります。

子供と食事をしたりお風呂に入ったり、恋人と一緒にいる時間を増やしたり。残業がないことで得られるものがあります。

残業がない職場を探してみてはいかがでしょうか。

そもそもなぜ残業はあるのか

そもそも薬剤師に残業はあるのか?

そもそも、「なぜ残業があるのか?」ということですが、この原因は、「仕事量に対して、労働力が足りていない」もしくは「必要でない仕事を行っている、効率が悪い」ということです。

働く薬剤師の能力の問題も多少はあるかもしれませんが、経験を積んでさえいればそこまで大きな要因とは通常なり得ません。

仕事量に対して、労働力が足りていない

薬剤師の基本的な仕事は「接客」「調剤」です。その他にも仕事は数多くあるのですが、メインはその2つと言えます。

患者が多くなる季節、薬剤師はこの2つの業務に追われます。すると、その他にもやらなければならない仕事を後回しにすることになります。残した仕事は残業して片付けるしかありません。

もし、薬局内で十分な人材を確保できていれば、仕事を分散することができ、残業をすることもないのですが、多くの薬局が人手不足であるため、残業をせざるを得ない状態になっています。

必要でない仕事を行っている、効率が悪い

薬局の経営者は万能ではありません。色々なタイプの人がいます。それにより経営者の考え方によっては、働く薬剤師に負担をかけてしまう場合があります。

例えば、患者への接客です。非常に大切なことですし必要不可欠なことです。患者自身にしっかりと薬の理解してもらうように努めるべきだと思います。しかし、あまり長い時間をかけて接客をしていてはその他の業務に支障をきたしてしまいます。それに、患者の多くは長い時間病院で待たされ、さらに薬局でも待たされていることが多いです。そのような場合、長い時間の接客は患者への負担となり得ます。

なので、経営者の中には「患者への説明は丁寧にするように」と強く指示している場合がありますが、あくまでもケースバイケースでしょう。丁寧な説明こそが、薬局の人気を高める要因の1つだと思っている経営者の考え方は決して否定はしませんが、状況を見て適切に動く必要があります。

患者が少ないシーズンであれば、ゆっくり丁寧に説明をするべきでしょう。しかしたとえばインフルエンザのシーズン。大量の患者が来店するときに、ゆっくり説明なんてしていられません。患者もいち早く薬をもらいたいと思っていますので長い説明を聞きたくはありません。

このようなこともあり、ケースバイケースで患者と接することが、患者にとっても薬剤師にとっても大切なことだと思います。

また、残業をすることで評価するといった経営者もいます。遅くまで仕事をしている人が評価されるといったものです。これはどこの社会にもあるかもしれません。効率よく早く仕事を終わらせる人にとってはこういった考え方を押し付けられるのは非常に迷惑なことでしょう。

有能な経営者の元で働くことこそが、残業時間を減らす1つの方法かもしれません。

残業代は支払われるのか

薬剤師の残業代は支払われるのか?

100歩譲って、望まない残業を行ったとしましょう。それでも残業代が支払われれば納得することもできるかもしれません。

しかし、会社によっては残業が「みなし残業」と扱われたり、残業代が支払われないといったケースもあります。

みなし残業は、給与の中に残業代が固定費として含まれているものです。そのため、残業時間が0時間でも100時間でも、残業代は同額ということになります。

また、残業代が支払われない場合もあるようです。私の周りではそういった話は無かったのですが、そういった噂があることも事実です。残業代が支払われないというのは、「労働基準法」に反することになってしまいます。

高年収と数字のマジック

薬剤師の給与の数字のマジック

みなし残業の他に、残業代が全く支払われないケースもあるようです。正確に言うと、年収の中に含まれているといった感じです。薬剤師の求人を探していると「年収500万円~」「年収700万円」といった文字を目にすることがあると思います。

実はこれは数字のマジックの場合があります。年収の数字の中に残業代金が含まれていることがあるのです。その他にも、住宅手当、通勤手当といったものが含まれていることがあります。

そのため、求人情報に掲載されていた年収を期待して転職したのに、実際は期待したほどではないということも少なくはありません。

結論!「残業がない・少ない薬剤師求人」を見つけるために

以上のようなこともあり、残業に関しては転職前にしっかり確認を取った方が良いでしょう。

  • 残業はあるのか?
  • 残業代金は支払われるのか?

しかし、実際こういった話を自分から聞ける人は少ないのが現状です。そのため、多くの薬剤師は転職の際に薬剤師転職サイトを活用します。正確に言うと、薬剤師転職サイトのコンサルタントを活用しています

コンサルタントは、転職者の希望通りに転職ができるよう、サポートしてくれます。その際、給与や労働条件の交渉を代理で行ってくれるのです。万が一、交渉が決裂したとしても、すぐに次の求人を紹介してくれます。

ただし、ただでさえ人手不足の薬剤師業界ですので、ある程度の条件であれば、採用する側も飲んでくれるのが一般的です。

転職後に万が一、残業に関するトラブルが発生したとしましょう。つまり約束を守ってくれなかった場合です。その時にも転職サイトのコンサルタントが代わりとなって交渉してくれます。

いずれにせよ、残業や残業代に不安を感じるのであれば、自分で交渉するよりも、多くの薬剤師が利用している薬剤師転職サイトを活用した方が良いでしょう。

残業なしの求人をカンチとオヤジさんが解説

残業のない薬剤師求人に関してはカンチとオヤジが解説していますので、こちらも参考にしてみてください。

次回、「残業はしたくない!残業なしの薬剤師求人を探せ!」。Don’t miss it!

薬剤師転職・求人 関連記事

転職先を『条件』で選ぶ

転職先を『お子さんの年齢』で選ぶ

転職先を『年代別』で選ぶ

複数に無料登録して就職成功確率大幅アップ!

※転職を成功させるコツは「複数の求人サイトに登録すること」です。すべて無料で登録することができます。


記事のタイトルとURLをコピーする

このページの先頭へ