託児所有りの薬剤師求人勤務先ランキング

働く女性にとって、子育てをしながら仕事をするのはとても大変なことです。それは薬剤師でも同じこと。そのため、託児所が完備されている病院や薬局が転職先として人気となります。


託児所有りの薬剤師求人勤務先ランキング

病院の託児所に子供を預ける薬剤師

特に入院施設のある総合病院に託児所が設置されていることが多いです。そのため、病院内で働く看護師や薬剤師が利用しています。

働いている職場からすぐ目の届く場所に預けるため、安心して働くことができます。子供は体調の変化が起こりやすいものですが、預けているのが病院内の託児所のため、そういった時にでもすぐに対応できるのがメリットです。

また、同じ境遇の同僚も多くいるため、子育ての悩みを相談することができます。さらに、病院内の託児所の場合、民間の託児所に比べて利用料金が比較的安いことが多いのも嬉しいです。

ただし、こういった求人を求める子育て中の薬剤師は多く人気が高い求人案件となるため、一般にはなかなか求人情報が出回らないことが多いです。

こういった求人情報を手に入れる一番の方法は、転職サイトに登録し、専任のコンサルタントに探してもらうのが一番確かで簡単な方法となります。


シッピングセンターの託児所を利用する薬剤師

最近では、大型ショッピングセンター内に薬局が出店しているのをよく目にすることがあります。そういった薬局にも薬剤師が働いているわけであり、そこで働く子育て中の薬剤師は、ショッピングセンター内の託児所を利用していることが多いです。

メリットとしては近い場所に子供を預けることができるので、万が一何かがあっても、すぐに子供の元に行くことができます。また、仕事が終わった後に、そのまま買い物をして行けることです。

その他、ショッピングセンター内の薬局で働いていなかったとしても、託児所だけを利用することもあります。


薬局周りの託児所を利用する

本当は働く薬局に託児所が設置されているのが一番良いのですが、まだまだそういった薬局の数は全国的にも少ないのが現状です。

そのため、職場に近い民間の託児所や保育園を利用される方が多いです。病院の託児所に比べ、利用料金が高めに設定されている傾向があります。

また、施設によっては利用時間が決められていて、遅い時間まで預けることができない場合があります。

残業や夜勤を行う場合には、対応してくれる所を自分で探す必要があります。

働き方によっても異なってくる

薬剤師の働き方によっても異なってくる

「病院」「大型店舗」「薬局」の順番にランキングにしましたが、「どのような働き方をするのか」によっても異なってきます。

例えば、フルタイムではなく短い時間だけ働くというのであれば、親族(親・兄弟・親戚)に預けるといった方法を取る方もいます。ただし預けるときは信頼関係がしっかりと成り立っている状態で預けないと、後々トラブルの原因ともなるので注意が必要です。

子供の年齢によって働き方を変える

子供の年齢によって働き方を変えるママ薬剤師預ける子供の年齢によっても職場を選ぶことが多いです。まだ、子供が小さい場合には、子供から長い時間離れることができませんので、「短時間勤務」を選ぶ方が多いです。短時間勤務とは「1日2時間、3時間」程度の事を言います。

薬剤師の場合、1日2時間程度からでも求人募集をしている薬局は沢山あります。ただし、同じような境遇の薬剤師にとって人気の求人となるため、転職サイトでは「非公開求人」になることが多いです。

■薬剤師転職・求人 関連記事

複数に無料登録して就職成功確率大幅アップ!

※転職を成功させるコツは「複数の求人サイトに登録すること」です。すべて無料で登録することができます。


記事のタイトルとURLをコピーする

このページの先頭へ