20代後半の薬剤師が転職するときに注意したいこと

ここでは「20代後半」の薬剤師の転職事情について紹介しています。

20代後半の薬剤師は、仕事をし始めてから数年がたち、薬剤師としても一通り仕事を覚え、更に、業界内の事情にも詳しくなってきます。

これにより、転職を考え、実際に行動に移す薬剤師が多くなります。

将来のことを見据え、どのような薬剤師になりたいのかをしっかりと考えて行動するようにしましょう。

20代後半の薬剤師の特徴

まずはじめに「20代後半の薬剤師の特徴」を紹介したいと思います。

まずはじめに20代後半の薬剤師の特徴を紹介したいと思います。

薬剤師として仕事をし始めたばかりの頃は、一人前に仕事ができるようにと必死になり、なかなか周りが見えないものです。

しかし、20代後半ともなると、仕事にも慣れ、余裕が出てくることで、色々自分の状況を見つめ直すようになってきます。その時、自分の置かれている環境に疑問を持ち「転職」の2文字が頭をよぎる人は少なくありません。

また、採用する側にとって、20代後半の若い薬剤師は非常に欲しい年代となります。既にある程度の仕事を覚えているため即戦力となり、会社の将来を任せられる人材となり得るからです。

そのため、この年代の薬剤師が転職で困ると言ったことはありません。

その代り、あまりにも簡単に転職することができるため、特に考えず転職してしまい、失敗をしてしまう薬剤師が増えるのもこの時期です。

「もっと良い条件で働きたかった・・・。」と悩む薬剤師も多いです。

転職しやすいため、好条件を求めすぎ転職を繰り返していくと、気づいた頃には「数多くの転職歴」を持つようになっています。

すると、その転職歴が足を引っ張り、本当に就職したい職場が見つかったときに就職ができなくなってしまうこともあります。

そのようなことにならないよう、自分に合った職場を一発で見つけられるよう、多くの業界、求人情報に常日頃から敏感になっていた方がよいでしょう。

薬剤師仲間や求人情報誌、薬剤師専門の転職サイトなどをフル活用し、将来安心して仕事ができる環境を探した方がよいでしょう。

20代後半の薬剤師の転職のメリット・デメリット

仕事に慣れてきた20代後半の薬剤師というのは、非常に転職しやすい時期でもありますし、会社側からしても使いやすい時期でもあります

この時期の転職は大きなメリットもありますが、少し間違えてしまうと、今後のキャリアにも影響を及ぼしかねません。

将来、どのような薬剤師になりたいのかをしっかり考えた上で、転職をするようにしましょう。

 

20代後半の薬剤師の転職のメリット

20代後半の薬剤師の転職のメリット病院やメーカー職への転職を希望するのであれば、20代後半が一番良い時期です

病院やメーカーは基本的に新卒採用、中途採用があるとしても30歳までというところが多くあります。職種を変えて病院やメーカーに転職したいと考えているのであればできるだけ早く行動したほうが良いでしょう。

病院やメーカー以外への転職でも、20代後半の薬剤師にとって転職は有利な時期です。採用する側にとっても、若くて仕事を理解している人材を確保することは非常に有意義なことであるため、需要は高いと言えます。

例えば女性の場合。将来的に結婚や出産を考えているのであれば、産休・育休の取得を考慮して20代後半には転職しておきたいところです。

またキャリアアップとしての転職を考えているのであれば、20代後半、もしくは30代の内に様々な経験を積んでおくことが、今後につながっていくことでしょう。

会社側としても、仕事に慣れてきておりプライベートでの縛りも少ない20代後半の薬剤師は採用したい人材になるので、希望にあった転職先も見つけやすくなります。

20代後半の薬剤師の転職のデメリット

20代後半の薬剤師の転職のデメリット20代後半という時期は、非常に転職をしやすい時期ではありますが、「転職を失敗しやすい時期」でもあります

この時期に転職を失敗してしまうと、転職を繰り返す癖がついてしまい、後々困ることになるので注意が必要です。

どのようなことが転職失敗の要因となってしまうのかを、一部紹介したいと思います。

若い薬剤師にとって転職で一番変化することは「給与の金額」でしょう。大学を出てすぐに就職すると、比較的低い賃金で採用されます。

しかし、薬剤師業界は特殊で転職することで、一気に給与額をアップさせることができます。場合によっては年収が倍になるということもあります。

デメリットは若さもあり、まだ業界の深い所まで知らないことがあるということです。そのため、思わぬ落とし穴にはまってしまうことがあります。

将来の方向性が決まっていないと転職に失敗する

■ 将来の方向性が決まっていない

転職に失敗する原因としては、自分の方向性が決まっていないということが挙げられます。やってみたいからと他の職種に転職してみたものの、思っていたのとは違うということでまた転職してしまうというケースがこれにあたります。

■ 分かったつもりになっている

また「分かったつもりになっているだけで、会社のことや業界のことを理解できていない」ということもあります。会社のやり方が気に入らないという理由で転職した人が、次の会社も同じ理由でやめるといったケースです。

そもそも調剤薬局や病院などは、企業の大きさからしてみれば中小企業並みの規模のところがほとんどです。大企業並みの福利厚生はありませんし多少の無理を言われることがあるのはどこの会社も同じです。薬剤師は国家資格だから優遇された働き方ができると思っている人は、この点でつまづくことになります。

20代後半は使いやすい年頃

転職に失敗する原因は他にもあります。

20代後半の薬剤師というのは、会社側からすると「非常に使いやすい人材」です。新卒と違ってほとんどのことはできるため、店舗応援や併設店の一人薬剤師なども任せやすくなります。

このため注意しないと、希望と違った店舗配属や応援ばかりを繰り返しさせられ、昇進にもなかなか結びつかないということもあります。

裏を返すと、「非常に使いやすい人材」とは「業界にとって必要な存在」でもあるのです。ピンチをチャンスに変えられる時期ですから、しっかりと判断したいところです。

転職が簡単だからこそ失敗をする

転職が簡単だからこそ失敗をする薬剤師は転職がしやすい業種であるため、転職を一度すると何度も転職を繰り返してしまう人もいます。ただし、20代後半で転職を繰り返す癖がついてしまうと、きちんとしたキャリアも身につかないまま転職歴だけが残り、最終的に採用してもらえないなんて事もあるのです。

転職しやすく転職のメリットも大きい20代後半ですが、将来のプランをしっかり考え次に活かせる転職をする必要があります。そのためにも、想像する将来像から逆算していくのも1つの手だと思います。

  • 最終的にこうなりたい!
  • そのためにはこの道に進まなければならない。
  • その道に進むためにはこの勉強をしなければならない。

と言った具合です。もちろん人生何があるか分かりません。計画通りにはならないことばかりでしょう。それでも、無計画で突き進むより多少なりとも計画を立てて行動した方が良いかと思います。

特に薬剤師の場合、進む道を少し変えるだけで、全く違った人生になることもあります。

  • 職場を変えただけで給与がアップし、生活レベルが向上した。
  • 病院薬剤師になったら給与は下がったが、安定の生活を手に入れた。
  • 転職前は休日が不規則だったが、転職したら土日休みになった。
  • 高い給与につられて転職したけど、残業が凄く増えた。
  • 残業なしの職場に転職したけど、人間関係が最悪でストレスが溜まる。

どの道を選ぶのかによって大きく人生が左右されます。薬剤師の仕事を理解でき初めてきた20代後半だからこそ、まず一旦周りに目を向けてみると良いでしょう。

20代後半で採用されやすい薬剤師とそうでない薬剤師とは?

20代後半の薬剤師が転職する場合、調剤薬局やドラッグストアに転職する場合には、採用されない方が少ないと思います。しかし、病院やメーカーなどになると、人によって採用されたり採用されなかったりということがあります。

では採用される薬剤師と採用されない薬剤師の違いはどこにあるのでしょうか。

 

採用されやすい薬剤師とは?

採用されやすい薬剤師とは20代後半の薬剤師で採用されやすい薬剤師の一番の条件は、「辞めにくい人」ということになります。

具体的にいうと、今までの転職回数が少ない、もしくは全くない人です。ただし初めての他職種への転職の場合はできるだけ若い方が採用されやすくなるので、この場合においては転職までの期間というのは大きな問題になってきません。

しかし同職種への転職の場合や、転職回数が複数回になる場合には、あまりに短い期間で転職していると採用されにくくなってしまいます。

病院やメーカーの場合は特に熱意・やる気を見られる

仕事に熱意とやる気を持っている人はどこでも採用されやすくなります。

病院やメーカーは基本的には中途採用はほとんどありません。新卒で入るのが一般的です。そこにあえて中途で入るということは、「ある程度できて当たり前」という前提で採用されます。手取り足取り教えてもらうといったことはまずないでしょう。即戦力として扱われるのです。つまり、それまでも実績・経歴を見られます。

とは言っても、新しい職場ではルールも異なりますので、しっかり覚える必要があります。そういった努力を短期間で埋められるような人材は重宝されます。

労働条件は悪くなる

また病院であれば、夜勤であったり休みの日数や収入が、他の職種より少なくなったりします。メーカーであれば職種によっては、出張や転勤が当たり前になることもあります。労働条件面から考えると、薬局やドラッグストアに勤めているよりも、悪くなることもあります。

そのような条件は必ず面接の際に確認されます。少しでも条件が悪くなることを知ると、言葉に詰まったり悩んだりしてしまうことでしょう。しかし、事前に労働条件の事を調べておき、自分の中でしっかりと答えを出せていれば、言葉に詰まらず即答することができるでしょう。

面接する側にとっては、提示された条件下でも就職したいという明確な意志を表してくれる人材を欲しいと考えるものです。。

採用されにくい薬剤師

採用されにくい薬剤師とはまず全ての職種に言えることとして、短い期間で転職を繰り返している薬剤師は採用されにくいことでしょう。また転職理由が明確で無い場合も同様です

また会社に求める条件が厳しかったり、会社の意向にそぐわない場合というのも採用されにくくなります。

例えばドラッグストア併設店を多く出店しているような会社で調剤単独店のみでの勤務を希望していたり、チェーン店で1つの店舗でのみの勤務を希望しているような場合です。このようなケースを避けるためにも受ける会社についてしっかりとリサーチすることが必要になってきます。

病院やメーカーへの転職は難しい

特に病院やメーカーの場合であれば年齢が上がるほど採用されにくくなります。30歳を超えるとこのような職種に就職することはかなり難しいと言っても良いでしょう。20代であってもできるだけ早い方が就職できる可能性が高くなります。

20代後半の薬剤師の場合、転職出来ないと言ったことはほとんどありません。調剤薬局やドラッグストアへならば、問題なく転職できることでしょう。しかし転職先が病院やメーカーに絞って考えている場合は、話は別になります。かなり厳しいものになると思って間違いないでしょう。

そのような場合は、今までの経験や資格以上に熱意とやる気がポイントになってきます。面接の際にしっかり自分の意志と何をしたいか何ができるのかということをアピールしましょう。

そもそも病院やメーカーは人気の高い就職先です。病院の場合は始めの給与こそは低めですが、毎年昇給があります。メーカーの場合も同じことが言えます。薬局やドラッグストアに比べ安定しているという面でも人気が高くなります。

普通に転職する限りはそこまで問題はない

普通に転職する限りはそこまで問題はないつまり、調剤薬局やドラッグストアに転職する場合には、20代後半は問題なく転職することができます。しかし、メーカーや病院となると、採用されやすいとは言い難くなってきます。正直運も必要です

「運」というのは、「たまたま新規病院が開院した」とか「たまたま空きが出た」と言ったものです。

また、人手不足の今だからこそ、転職活動を行えば、不採用になることの方が珍しい状態となっていますが、それでも転職回数が多い人や、個性が強すぎる場合には、採用が見送られる可能性があります。

転職を成功させるために必要な事

以上にように、20代後半の薬剤師の場合、薬局やドラッグストアを転職先と希望するならば特に悩むということはありません。ただし、病院やメーカーとなると話は別となり、運も必要になってきます。

いずれにせよ、転職を繰り返した過去を持ってしまうと、転職の成功率は下がっていきます。

転職を繰り返す主な理由は、「自分に合った職場を見つけることができない」ためです。つまり解決方法としては「自分に合った職場を見つければ良い」のです。

そんな時に役に立つのが「薬剤師転職サイト」です。薬剤師の転職に特化したサービスであり、転職のプロが希望に合った求人を探し出してくれます。多くの薬剤師が登録し活用していているのが実績の証拠です。

20代後半の薬剤師の求人サイトの選び方

20代後半の薬剤師の転職では、初めての転職である場合も多く、転職を決めた本人自身が何をして良いのか分からないといったこともよくあります。また、勉強を目的に病院への転職を希望していたり、メーカーへの転職を希望するような場合、個人で探すには案件自体がなかなか見つけられなかったりします。

このようなことから、常日頃から転職を扱っている転職サイトを利用した転職をおススメします

 

この年代、つまり20代後半の薬剤師は非常に需要が高いといってもよいでしょう。そのため、「仕事がない」ということは通常ありません。

しかし、転職が容易すぎて簡単に転職先を決めてしまい、結果として転職に失敗してしまう人が多いのもこの年代です。

せっかく需要の高い年代ですので、転職には失敗したくないところです。

そのためにも、転職サイトを利用し、プロの意見を参考にした方が良いでしょう。

20代後半におススメしたい転職サイト

薬剤師の転職サイトは本当にたくさんあります。インターネットで検索をかけると、あまりにも沢山の求人が出てくるので、どれにした方がよいのか、どれにすべきなのか迷ってしまうと思います。

「とりあえず今と違う環境で働きたい」と考えてあまり慎重に転職先を選ばずに転職してしまうと、結局またすぐに転職をすることになってしまいます。

ではどのように選べばよいのでしょうか。

まず押さえておいてもらいたいこと

20代後半の薬剤師は、薬局やドラッグストアにとって一番欲しい時期の人材と言えます。また、転職が初めて、もしくは転職回数が少ない状態です。この2点を抑えておいてください。

20代後半の薬剤師は即戦力

20代後半、そして30代の薬剤師はどの会社でも欲しい年代です。前の職場で薬剤師として働いてきた経験がある為、基本的な指導をしなくても済みます。

会社というのは、経験のない、もしくは少ない人材に対して、「教育」を行います。教育にはコスト(時間もお金)がかかってきます。しかし、既に薬剤師としての仕事経験があればこのコストを大幅に削減することができるのです。

会社が変わったため、多少基本的なことは指導しますが、即戦力となってくれるのは会社にとっては非常に有難いことなのです。

転職回数が少ないからこそ足元を見られることがある

今までに転職経験がない、もしくは少なかったりすると、どのくらいの条件で働くことが適正なのかが、なかなか分からないものです。採用する側の会社経営者にも色々な考えの持ち主がいますが、「高い給料を払ってでも人材が欲しい」と思う人もいれば、「なるべく優秀で安く人材を雇用したい」と考えている経営者もいます。

もし後者の場合、転職経験がなかったり少ないということが分かると、相場よりも安い給料を提示してくることがあります。

また、社会保険や福利厚生、残業、交通費、住宅手当など、働く上で重要になってくることの説明をうやむやにして、採用しようとすることも考えられます。

若いうちは転職サイトを利用した方が良い

このように、若い薬剤師は会社にとって欲しい人材なのに、労働条件で足元を見られないためにも、転職のプロにお願いすることをおススメします。この転職のプロというのが、「薬剤師転職サイト」になります。

経験豊富で代わりに交渉をしてくれる

転職サイトのスタッフは日々、転職希望の薬剤師に向かい合い、転職活動のサポートを行っています。そのため、若い薬剤師にとっては初めての事だとしても、転職サイトのスタッフにしてみると日常茶飯事の事であり、経験豊富ということになります。

このため、どのようにサポートを行ったら転職が成功するのかというノウハウを蓄積しています。そのため、自分一人で転職活動をするよりも、ずっと条件の良い会社を見つけ出してくれるのです。

また、交渉は全て代わりに行ってくれます。「もう少し給与が高ければ・・・」「残業がなければ・・・」といった希望を、代理となって交渉を行ってくれます。そのため、希望さえ出しておけば、後は待っているだけで良いのです。

労働条件の相場を教えてくれる

どの仕事にも「相場」というものがあります。年齢を重ねた薬剤師の場合、相場をある程度は理解していますが、若い薬剤師の場合、相場が分からない方も多くいます。

例え相場を知っていたとして、それよりも低い条件を提示されたときに、本当は断れば良いのに、言い出せない方もいます。

転職サイトを利用すると、スタッフが相場を教えてくれます。また、低い条件を提示されたときには代わりに交渉してくれたり、断ってもくれます。

複数の大手転職サイトに登録

それでもやはり初めての転職はわからないことが多いものです。そのような場合にはとりあえず大手の求人サイト数社に登録するのが良いでしょう。

大手の転職サイトの場合、多くの薬剤師が転職するときにまずは利用します。そのため、コンサルタントの経験値が高いのです。自分が分からなくても、どのような転職先が向いているのかを適切にアドバイスしてくれ、サポートしてくれます。

20代前半で転職した経験を持つ女性薬剤師の体験談

私自身も転職しようと思った時にはまだあまり条件などが絞れていなかったのですが、大手のコンサルタントの方が的確なアドバイスをくれたお陰で、何が自分にとって必要か必要でないか、そしてその条件であればどういった転職先を探さなくてはいけないかといったことがわかるようになりました。

小さいサイトにも登録していたのですが、話を転職会社側の都合の良いように持っていかれてしまい、自分の希望とはそぐわなくなってしまったので断りました。

 

転職に慣れてきたら他の転職サイトも試す

転職慣れをして薬剤師側が転職サイトを使えるようになれば、小さいサイトでも思い通りの求人を探すことができるのでしょう。ただし、まだ転職に慣れていない20代後半の転職では、大手を選んだほうが無難に転職できるでしょう。また、大手の方が求人数が多いのでたくさん求人の案件を持ってきてくれます。

しかし大手でも得意分野と不得意分野というものはあります。大手だからといって安心して一社しか登録をしていないと、希望の転職先が見つからない場合もあります。比較検討するためにも数社は必ず登録したほうが良いでしょう。

でも何度も転職するのはなるべく避ける

ただし、そもそも転職は何度もしない方が良いでしょう。転職を繰り返していると、離職癖があると取られてしまうようになります。

「きっとここでもすぐに辞めるだろう・・・」

そう思われてしまうと、採用の妨げになってしまいます。そのため、なるべく初めからしっかりとした計画を立てて転職をした方が、将来的に良いでしょう。

20代後半の薬剤師の転職の注意点

20代後半の薬剤師が転職する場合、大きく分けて2つのパターンが考えられます。

1つ目はスキルアップをするために他の職種に転職する場合。そして2つ目は会社の待遇などの不満から同職種に転職する場合です。

若い薬剤師が転職を成功するためには、転職先の情報収集と契約交渉が必要でしょう。また転職した後にも契約内容を守ってもらうようにしなければなりません。

若い薬剤師が転職するときに見落としがちなことは「契約書」です。働くということは雇用契約を結ぶということであり、しっかりと雇用条件を文章で交わす必要があるのです。

これを怠ってしまうと、話が違う!といったことに繋がる可能性があります。

 

スキルアップのために他の職種へ転職

薬剤師がスキルアップのために他の職種へ転職スキルアップをするために転職を考えている方は、できるだけ早めに行動にうつした方が良いと思います。調剤薬局やドラッグストアへの転職は年齢制限の面から考えると、それほど厳しくはないのですが、病院やメーカーなどは年齢制限がある場合が多く、30歳を超えると転職が難しくなってくることがあるためです。

20代でもできるだけ早めの転職が有利であることには変わりないので、希望があるのであれば早めに転職をした方が良いと言えます。

転職先選びには注意

ここで気を付けたいことは「転職先の選び方」です。

例えば病院への転職を希望している場合、病院には救急医療に携わるような急性期の病院と、老人病棟が主な慢性期の病院があります。多くの薬剤師は急性期の病院をイメージして転職に臨みます。

しかし実際には急性期の病院はあまり求人がないため、きちんと把握せずに慢性期の病院に就職してしまうと、毎日調剤ばかりのルーチンな業務に失望するということがあります。

またドラッグストアから調剤を本格的にやりたいと調剤薬局に転職した場合、ドラッグストアの経験があるからと併設店ばかりに回されて調剤業務にあまり携われないということもあります。

このような事例を防ぐためにも、転職を希望している職種についてしっかり調べ、自分の希望を叶えられるような職場を選ぶことが大切です。もし自分で調べることが難しいようであれば、転職サイトを活用し、専門スタッフの助言を得るとスムーズに目的の職種を探し出すことができます。

同職種への転職

薬剤師が同職種へ転職するときの注意点同職種への転職ですが、ここでも注意が必要です。

同職種への転職の場合、20代後半の薬剤師というものは転職先の会社にとっても使いやすい人材となります。新卒とは違い、大抵の業務はこなせますし、役職についていない、もしくは、ついていたとしても日が浅いため、年配の薬剤師より給与面、待遇面で扱いやすいのです。つまり便利な存在として扱われる可能性もあるわけです

面接の際には、通勤範囲や併設店への勤務の可否は確認はされても、サラっと流されがちです。所属店は通勤時間が短い調剤単独店でも遠くの併設店に応援ばかり行かされたり、最初の所属は希望していた店舗でも、数ヶ月で全く条件の違う店舗に移動させられたりなどということがないように、気になることはきちんと書面にして確認しておくことが必要です。

また転職したら給与面においても初年度は下がる場合がありますが、その後、昇給がないといった可能性もありますので、今度のキャリアプランについての確認は必須になります。

必ず契約内容は書面にして確認

必ず契約内容は書面にして確認20代後半と言えば、まだ転職経験もほとんどないことが多いので、分からないことが多いものです。そのため、「労働契約の重要性に気づかない」方もいるかもしれません。

必ず転職する前には、転職先と結んだ労働条件を書面にし、双方で1部ずつ保管するようにしましょう。契約にはない扱いを受けたときには、速やかに申し出るようにしましょう。これは働くものの、当然の権利だからです。

とは言っても、20代の若い薬剤師が、年配の薬剤師や会社の上司に意見しにくいことでしょう。そのため、労働条件が契約内容と異なったとしても我慢して働き続けるなんてこともあるかもしれません。

そういった場合、もしも自分で解決できなさそうであれば、「転職サイト」を活用して転職サイトのスタッフから助言を受け行動してみると良いでしょう。場合によっては、転職サイトのスタッフが代わりに交渉してくれるので利用してみると良いでしょう。

いずれにせよ、後悔のない転職をしましょう。

転職サイトを勧める理由

ただ薬剤師として仕事をしている時には、特に交渉をすることはありません。しかし「仕事を辞める、転職する」と言った時には『交渉』がとても大きなポイントとなってきます。

例えば薬剤師として他の薬局に転職する場合。交渉次第で年間所得額が数百万円単位で変わってくることもあります。決して大げさな表現ではありません。事実です。採用する側としては、なるべく安い給与で仕事をしてもらいたいと考えるものです。そのため、こちら側が何も言わなければ安い給与のまま働き始めることになります。

給与や待遇の交渉はしづらい・・・だから・・・

転職する先の薬局に、なかなか給与額を自分から提示することは抵抗がある若い薬剤師が多いです。正直、若くなくても言いにくいものです・・・。

そういった薬剤師のために、代わりに交渉をしてくれるのが「転職サイトのスタッフ」です。転職サイトのスタッフは日常的に交渉を行っています。それだけ沢山の薬剤師が転職を希望しているということです。そのため、交渉事に慣れています。

  • どのくらいの給与が適正であるのか
  • もう少し給与を高くできないか
  • 残業なしにできないか
  • 土日休みにできないか

など、こちらが望む様々な条件を提示してくれます。

交渉ですので、条件が通ることもありますし通らないこともあります。しかし、全く交渉をしたことがない人間が交渉をするよりも成功率は当然高くなります。また、万が一交渉に失敗したとしても、他の優良な会社を紹介してくれます。

このようなことからも、もし転職を考えているのなら薬剤師の転職サイトを活用した方が良いと考えます

5.カンチから一言!「契約は絶対です!」

20代で転職をする薬剤師は非常に多くいます。その動機は様々ですが、転職先で気持ちよく仕事をするために、転職前に条件面をしっかりと確認しておく必要があります。

「話が違う!」

仕事が始まってから、このように思う薬剤師が実は結構いるのです。それは些細なことかもしれませんし、大きなことかもしれません。いずれにせよ、契約と言う「約束」をしたのに、覆してくる会社を信頼し続けるのは難しいでしょう。

会社側も、1つ条件を変えられると、どんどん変えてきます。そんな感じで、上手いように使われてしまいます。

それでは理想の転職とは言えません。契約書の意味がありません。契約は絶対なものなのです。契約とは違った仕事を割り当てられたり、労働条件になった場合には、毅然とした態度で話し合いをしましょう。

また、自分で話し合いが難しいというのであれば、転職サイトという便利なものがあるので、相談してみると良いでしょう。

参照⇒薬剤師が転職するときに必ず確認すること

 
 

20代後半の薬剤師のキャリアアップとは?

20代後半になると会社や業界のことなどがわかるようになり、キャリアアップについて考えるようになります。

では、20代後半の薬剤師にとって、キャリアアップする道というのはどのようなものがあるのでしょうか。

 

20代後半は、若いからこそ、様々なことにチャレンジすることができます。関連資格を取得したり、パソコンや英語の能力を高めたりすることで、キャリアアップにつながる世界です。

また、転職も給与をアップさせたり、労働条件を良いものにしたりとキャリアアップと言えます。

年齢を重ねるとなかなかできないことも、若いからこそできることもあるのです。

他の職種に転職をしてキャリアアップ

まず1つ目に、他の職種に転職をしてキャリアアップを狙うという方法があります。

転職してキャリアアップをする場合よく見られるのが調剤薬局から病院への転職やドラッグストアから調剤薬局への転職というものです。どちらも薬剤師としてのスキルを磨きたい、薬剤師としての知識をもっと活かしたいと思って転職する人が多くみられます。

同じ職種であっても転職でキャリアアップをすることはできます。例えば調剤薬局であれば小さい薬局で移動もないようなところから大手のチェーンで様々な科の門前を経験できるようなところへ転職したりドラッグストアであればドラッグストア単体のところから調剤併設店も経験できるような会社へ転職するなど、自分の経験の幅を広げられるようなところへの転職はキャリアアップにつながります。

会社内でキャリアアップ

2つ目として、現在の会社内でのキャリアアップを目指す方法です。

調剤薬局の場合であれば管理薬剤師・薬局長からマネージャーを経て本部の業務へというのがスタンダードな形でしょう。

資格を取得してキャリアアップ

転職をせずキャリアアップするには資格の取得という方法もあります。研修認定薬剤師などは会社によっては昇給や昇進のために必須という会社も多いのですが、他にも薬剤師が取ると後々有利になる資格というものもたくさんあります。

ドラッグストアの併設店が多い会社であればサプリメントアドバイザーやヘルスケアアドバイザーの他、ポップの作成のためにもカラーコーディネーターや色彩検定といった資格をとる人もいますし、最近では在宅医療を行う薬局も増えてきたのでケアマネージャーの資格を目指している人もいます。

他にも調剤薬局であれば漢方・生薬認定薬剤師などを目指す人もいます。どんな資格を取得するかについては、どんな資格が今の自分の仕事につながるのかを考えて選ぶと良いでしょう。

パソコンや英語の能力を高める方法も

また薬剤師の多くがパソコンや英語などに弱く、この2つの能力を持つことは昇進や転職の際にも強みになります。

一見、この2つの能力は、薬剤師の仕事とは関係なさそうですが、医療業界でもIT化が進んできており、現場でもパソコンのスキルを持つ人は重宝されます。英語の能力も患者さんとして海外の方が来る機会も増えており、薬局の立地によっては英語のスキルが必須になってきます。

転職するにせよ資格を取るにせよ今後自分がどのような働き方をしたいか考えて選ぶことが重要です。脈絡のない転職や資格は意味が無いどころか今後のキャリアアップにマイナスになってくることさえあるので注意してください。

20代後半の薬剤師の悩みランキング

就職したての頃は、右も左もわからず毎日を過ごすだけでも精一杯だったのが、数年経ち、20代後半になることには色々なことが分かってきます。

色々なことが分かって、段々ルーチンな毎日に疑問を抱くようになってきます。このままで良いのか?今の仕事は本当に自分がしたかった仕事なのか?理想と現実の間で悩む。そんな時期と言えます。

 

20代後半の薬剤師にありがちな悩みを、ランキング形式で紹介しています。

  • 第1位 今の職種でキャリアアップ?他の職種でキャリアアップ?

    altタグ

    会社に入ってしばらく仕事を続けるうちに一番多く抱える悩みは「今の職種で続けていくのか否か」ということです。

    調剤薬局に入ったものの、思ったほど薬剤師としての専門性を活かすことができなかった、ドラッグストアに就職したが品出しと商品の場所を説明するばかりの毎日に嫌気が差してしまったなどというのは、調剤薬局に勤める薬剤師がよく考えることでもあります。

    一方で、20代後半に入ると少しずつ昇進していく人が出てきます。調剤薬局なら管理薬剤師や薬局長を経て早い人だと30歳頃にはマネージャー職につきますし、ドラッグストアでは、郊外型の店舗であれば就職して数年で店長になります。

    一念発起して他職種に転職してキャリアアップするか、今のまま昇進してキャリアアップしていくか。20代後半に入ると誰もが選択を迫られる問題です。

  • 昇進による収入アップは仕事量に見合っているのか?

    https://yakuzaishi-work.net/wp-content/uploads/2015/04/70-300x203.jpg

    仕事をしている以上、収入というのは大きな問題であり、重要なことです。

    薬剤師というのは基本給が低く、薬剤師手当てや役職手当てなどで月給がある程度高くなるものです。そのためボーナスが企業薬剤師などに比べて低い場合があり、現場で働いている限りでは収入もあまり上がっていきません。

    最近では薬局であっても開いている時間帯が長く定休なしという薬局も増えてきたので、仕事内容がハードな割に収入が少ないということもあります。

    さらに薬局長やマネージャー職に就くと仕事はさらにハードになっていきます。昇進を目の前にした20代後半の薬剤師達は上司の姿を将来の自分に重ねて、仕事の大変さと得られる収入を天秤にかけて悩むことになります。

  • この会社で続ける意味は本当にあるのか?

    この会社で続ける意味は本当にあるのか?

    将来的なキャリアや収入、待遇など会社内の様々なことが分かってきた20代後半では、今の職種で続けていきたいとは思っているが、このまま今の会社にいる意味を考えてしまうということがあります。

    会社の方針や昇進の仕方、現場と本部の温度差など様々なことが原因となります。会社のやり方が気に入らないという理由で辞めていく人が増えるのがこの時期です。

    20代後半では以上のようなことに悩みながら転職を決意する人も少なくありません。

20代後半の薬剤師転職体験談

ここで掲載している体験談は、当時27歳の女性の薬剤師のお話です。

結婚を機に転職をしたことになっていますが、実際には薬局で不当な扱いを受け、転職サイトを利用して転職しました。

結果として収入や休日は減ってしまったものの、結婚や出産をしていても働きやすい環境に満足しています。

そんな彼女の転職体験談をご覧ください。

参照⇒20代後半の薬剤師の転職体験

 
 

複数に無料登録して就職成功確率大幅アップ!

※転職を成功させるコツは「複数の求人サイトに登録すること」です。すべて無料で登録することができます。


記事のタイトルとURLをコピーする

このページの先頭へ