有名ブロガーにリツイートしてもらった結果 あ、あれ?

まず結論から言いますと、前回投稿した記事のアクセス解析を見ていたところ、有名ブロガーのイケダハヤトさんにリツイートしてもらったことが分かりました。

今回はそのことについてお話したいと思います。


●このページの目次


はじめに

当サイトでは記事をアップするたびにSNSに「新しい記事をアップしました」と言った感じで告知をしていました。

薬剤師の求人・転職サイト「薬剤師カンチが教える!薬剤師求人サイト転職成功術!」を公開

いいね はてブ リツイート
10 12 22

「薬剤師 転職」「薬剤師 求人」で上位を狙ったサイトの構築方法

いいね はてブ リツイート
7 14 6

半年以上かけて作成したサイトの「アクセス数の推移」と「売り上げ」www

いいね はてブ リツイート
8 6 4

ツイート数は私自身がツイッターで呟いた物に対してのものです。その後、色々な所で拡散したようですが、詳細には追っていません。(追えていません・・・。)

いずれにしても、ほどほどの数字かなと思います。別にバズることを意識していたわけではなく、ただSNSで告知しただけですので、ある意味、これだけの数字が残ったということは有難いことだと思っています。

ネットの有名人にリツイートしてもらった

前に私の運営するブログの記事がバズッたことがあるわけですが、前回の記事に関してツイッターで告知したところ「もしかしたらバズるかも?」と思った自体が発生したので、今回記事にしてみることにしました。

それはブロガーで有名なイケダハヤトさんにリツイートされたためです。実はアクセス解析を見ていた時に「https://twitter.com/ihayato」といったアドレスを発見。もしかしてと思い、アクセスしてみたら彼のツイッターでコメント付きでリツイートしているのを見つけたと言った感じです。

ちなみに記事を書いている2016年1月4日の時点で、彼のフォロワーは60539人いる状態です。つまり彼にリツイートされると、それだけの人のアカウントのタイムラインに流れるということです。これは大きな露出となります。

ええ、そりゃ期待しました。メチャクチャ期待しました。

結果は・・・

2016-01-05_01h44_29

「リツイート数5・・・?あ、あれ?おかしいな・・・。彼にリツイートされたら、もっとツイッター上で拡散すると思ったのに・・・。」

ということでアクセス解析の画像が次の通りです。

アクセス

彼にリツイートしてもらったのが、20時38分と推測できました。(多分この時間で合っていると思います。)

その時間にアクセスはかなり上がりました。

時間帯 PV UU
20:00~21:00 152 134
21:00~22:00 116 90
22:00~23:00 80 65
23:00~24:00 77 57

その後、徐々に減っていってはいるものの、なかなかのアクセス流入です。ただそれでも正直思ったような結果にはならなかったことがちょっと意外でした。

彼は、日本のインターネットの世界では比較的有名な方だと思います。バズるときに必要不可欠なインフルエンサー的存在でもあると思います。

その割には・・・なぜ???

以下では私なりの仮説を立ててみました。

なぜ拡散しなかったのか

一応お断りしておきますが、別に拡散目的で記事を書いたわけではありません。拡散してくれればいいなぁとは正直思いますが・・・。

今回の場合は、インフルエンサーと思われる人物からリツイートがあったため、バズりを意識しただけです。

では、なぜインフルエンサーと思われる人物にリツイートされたのに、バズらなかったのか?いくつか可能性を挙げていきたいと思います。

  • そもそも彼はインフルエンサーではない
  • 彼のフォロワーと属性がずれていた
  • 彼のフォロワーのアカウントの多くは使われていない

以上の3つのうちのどれかが有力だと思われます。

経験上の話ですが、本当に拡散するときは「はてブ」が付き、ホッテントリ入りすることで長くアクセスを呼ぶことに繋がります。

ちなみに私が以前書いた記事でバズッた時のアクセス解析が以下の通りです。

0209-access

拡散が拡散を呼び、色々な所に飛び火して、数日間おかしなアクセス数が集まりました。ちなみにバズる前日のアクセスは6でした・・・。

お断り

一応お断りとして、今回多くの方にリツイートしていただき、本当に感謝しています。そして有名なイケダさんがリツイートしてくれたことにも感謝しています。

       

複数に無料登録して就職成功確率大幅アップ!

※転職を成功させるコツは「複数の求人サイトに登録すること」です。すべて無料で登録することができます。

記事のタイトルとURLをコピーする

転職先を『条件』で選ぶ

転職先を『お子さんの年齢』で選ぶ

転職先を『年代別』で選ぶ

このページの先頭へ