「投薬」という言葉は失礼!?日常的に使いますよ

   

薬剤師が患者に薬を渡すことを「投薬」といいます。この投薬という言い方は「薬を投げる」と書くことから薬剤師の中でも様々な意見を持つ人がいます。

薬を患者に投げて渡すなどとは随分上から見ている言い方なので、使わないほうが良いという人もいれば、投げるという字には適切なところに渡すという意味もあるので、問題がないという人もいます。

中には仏教的な意味があって、むしろ良い意味なのだという人もいます。これらの意見のどれかもしくはいくつかを薬剤師になりたての頃には耳にするのだと思います。

色々言われてはいますが日常よく使われる言葉です。作り終わった薬剤を「投薬お願いします」と言って渡しますし、社内の電話がかかってきた時など「今、薬局長は投薬中なので後でかけ直します。」などと言ったりします。

現在の所、薬剤師法の中でも普通に投薬という言葉は使われていますので、「そういった言葉」といった感覚で使えばよいのかなと個人的には感じます。

   

同じカテゴリー内の記事一覧

       

複数に無料登録して就職成功確率大幅アップ!

※転職を成功させるコツは「複数の求人サイトに登録すること」です。すべて無料で登録することができます。

記事のタイトルとURLをコピーする

転職先を『条件』で選ぶ

転職先を『お子さんの年齢』で選ぶ

転職先を『年代別』で選ぶ

このページの先頭へ