実録!薬剤師転職求人サイトの今!アクセス状況は?

前回の記事「薬剤師転職サイトを作りはじめて8か月後のクリスマスに起きた奇跡」を書いてから1ヵ月以上が経ちました。

そろそろ報告をしたいなと思い、記事を書くことにしました。今回は、「現在のアクセス状況」をメインにお伝えしたいと思います。


●このページの目次


現在のアクセス状況

まず先月までのアクセス状況を紹介したいと思います。今回は忍者ツールのグラフで紹介します。

2016-02-19_04h16_32

画像が小さくて分かり辛いかもしれませんので、少し紹介させていただきます。

アクセス状況としては悪くない

サイトのアクセス数としては一応右肩上がりです。時折大きくアクセスが伸びている所がありますが、これは以下の事が原因です。


12月7日・・・薬剤師の求人・転職サイト「薬剤師カンチが教える!薬剤師求人サイト転職成功術!」を公開をアップ。

12月12日・・・「薬剤師 転職」「薬剤師 求人」で上位を狙ったサイトの構築方法をアップ。

12月20日・・・半年以上かけて作成したサイトの「アクセス数の推移」と「売り上げ」wwwをアップ

1月5日・・・有名ブロガーにリツイートしてもらった結果 あ、あれ?をアップ。


これらの記事を公開した日には、有難いことに多くの方に記事を閲覧してもらえ、ピョコピョコとアクセスが跳ね上がっています。単発的なアクセス集中が何度かあり、時間とともにアクセス数はわずかながら伸び続けています。

この記事を書いているのが2月19日なわけですが、2月18日のアクセス数(ユニーク数)は288でした。11月の同じ曜日を見ると214ですから結構伸びています。

ちなみに最近の平均ユニーク数は250前後です。11月の平均ユニークは160ほどです。

と言った感じで、数字的に見ると順調に思えます。

アクセスが伸びている原因

アクセスが伸びている原因は2つ考えられます。

①サイトの力が上がり、様々なキーワードで順位が上がった
②薬剤師の繁忙期がこの時期だから

特にが大きな原因であると考えています。

今の時期は薬剤師求人の世界では繁忙期と言われています。そのため、通常の月に比べるとアクセスは勝手に上がります。

また調剤報酬改定が迫っており、関連キーワードで上位表示しており、その影響でアクセス数が伸びているというのも原因です。

サイトは修正加筆程度で大きくは触っていません。

問題点

アクセス状況は特に問題はないと考えています。ビックキーワードで上位表示しなくても、このくらいのアクセス数であれば集めることができるというのも注目すべきことだと思います。

しかしサイト運営者として、そしてアフィリエイターとしては大きな問題点が浮き彫りとなっています。

サイト運営者としても問題点

長い間、色々なサイトを作成してきましたが、このサイトはユニークアクセスに対しページビューが少ないと思います。

そう思っているだけで実際どうなのかということを、運営している他のサイトと比べてみました。

ユニーク数 ページビュー 1人当たりのページビュー
サイトA 8624 13577 1.57
サイトB 32659 57729 1.76
サイトC 110991 427374 3.85
当サイト 23355 37038 1.58

サイトCが際立っていますが、その他はどんぐりの背比べ状態かなと言った感じです。特に根拠があるわけではありませんが、目標としては1人当たりのページビューが少なくても「2ページ」は超えてもらいたいなぁと思っています。

そこから言うと、当サイトも含め「サイトA」も「サイトB」も何とかしなければならないなと思います。

1人当たりのページビューをもっと伸ばすことができれば、ユーザーにとって有益性の高いサイトとなるわけで、それはつまりサイト運営者としても喜ばしい限りです。

アフィリエイターとしての問題点

アフィリエイト目的のサイトですので、マネタイズできなければ意味がありません。アクセスがどんなに伸びても、ページビューがどんなに伸びようとも、結局アフィリエイターとしては収入が増えなければ意味がないのです。

そして、マネタイズの面から言うとこのサイトは正直上手くいっていません。ページビューが少ないと言っても1日平均250前後のユニークがあるわけです。それなのに、全然決まりません。発生もほとんどしません。たま~に発生する程度です。

嬉しくて記事にしてしまうほどたま~にです。これではマネタイズで成功しているとは言えません。

一方、ページビューがあまり良くない「サイトA」や「サイトB」はそれなりにマネタイズには成功しています。ここがアフィリエイトの面白い所でもあり難しい所です。同じようなアクセス数やページビュー数を獲得したとしても、同じように発生するかというとそうではありません。扱う分野によって大きく発生数が左右されてしまうのです。

それで言うと、薬剤師案件は獲得しにくい案件なのかもしれません。

今後の課題

ページ単位の質を高める

今後の課題はいくつもあるのですが、闇雲にページ数を増やすのは辞めたいと思います。それよりも1ページ1ページの質を高めていきたいかなと思っています。

そのための施策第1弾として、特に価値がなさそうなページを「noindex」にしました。価値のあるないはターゲットとしているキーワードでの順位や目視で判断しました。例えば、このサイト内には「地域の求人情報」を掲載していました。静岡県、愛知県、岐阜県の市町村の求人情報を掲載していたわけです。(現在は停止中です。)

しかし、ほとんどアクセスを獲得することができませんでした。また、数ページは検索で上位表示してはいたものの、結果が得られない状態でした。つまりサイトのボリュームを増やす程度の役割しか果たしていなかったのです。ということで、地域に関する情報はバッサリとnoindexにしてしまいました。(ちなみにfollow)にはしてあります。

そして、結果としてどうなったのかというと、需要キーワードでの検索順位が下がったわけでもありませんし、アクセス数が下がったわけでもありません。特に目立ったマイナスがあったわけではないのです。

このことからも、同じように質の低そうなコンテンツはバッサリ切って、もっとサイト内の精度を上げて行こうかと思っています。

※2016年8月に地域の求人情報サイトは停止しました。

心理学を導入

さらに、「心理学」を絡めたページ作成・修正を行っていこうかと思います。コンバージョンを上げるためには心理学が必要であるとは思っています。サイトと心理学は非常に密接な関係があると思っています。

例えば「カチッサー効果」というものがあります。要求だけを伝えるのではなく、理由を説明してから要求すると言ったものです。多くのアフィリエイトサイトは自然とこのように作ってあるとは思うのですが、もっと意識をしていく必要があるのかなと思います。

その他にも「ピグマリオン効果」を導入するのも良いでしょう。今までの努力をたたえ、その頑張りができるならもっと良い環境があるよと言った感じで勧めていくものです。教育者や経営者で利用している人は多いのではないでしょうか。

色々あるわけですが、この辺りを考慮してページを修正していこうかなと思っています。

       

複数に無料登録して就職成功確率大幅アップ!

※転職を成功させるコツは「複数の求人サイトに登録すること」です。すべて無料で登録することができます。

記事のタイトルとURLをコピーする

転職先を『条件』で選ぶ

転職先を『お子さんの年齢』で選ぶ

転職先を『年代別』で選ぶ

このページの先頭へ