「コーヒーミル」で錠剤を粉砕

   

「コーヒーミル」で錠剤を粉砕少量の錠剤を粉砕する時は、乳棒と乳鉢を使用して手で潰しますが、たくさんの錠剤を潰す場合は「コーヒーミル」を使用する薬局が多くあります。

使用する時はコーヒーミルの中にPTPから出した薬剤を入れ、一気に潰した後、篩(ふるい)にかけて大きさを均一にします。篩(ふるい)の上に残った薬剤は、再びコーヒーミルで潰して篩(ふるい)にかけるという作業を繰り返します。

気をつけなくてはいけない点は、コーヒーミルについた薬剤をきちんと回収しないと、量が変わってきてしまうこと、粉砕する量が多すぎるときちんと粉砕できなくなるため量が多い時には複数回に分けて粉砕することです。

また、古くなったコーヒーミルは、ゴム製のパッキンが劣化して粉砕した錠剤の中に取れてしまったゴムが混じってしまうことがあります。薬剤によっては酸性や塩基性が強くゴムを劣化させやすいものもあるため注意が必要です。

錠剤を粉砕するときに

錠剤を粉砕するときには様々な道具を使うことがあります。今回のコーヒーミルもそうですが、粉砕機を使うこともあります。その後、篩(ふるい)を使う薬局もあれば茶こしを使う薬局もあります。

薬を提供する患者さんや働いている職場によっても異なるとは思います。ただし、薬局方には篩(ふるい)に関して記述されている項目もあることも事実です。

参照⇒第十六改正日本薬局方 改正点のポイント

 

※サイト上部で使用している画像はイメージです。

   

同じカテゴリー内の記事一覧

       

複数に無料登録して就職成功確率大幅アップ!

※転職を成功させるコツは「複数の求人サイトに登録すること」です。すべて無料で登録することができます。

記事のタイトルとURLをコピーする

転職先を『条件』で選ぶ

転職先を『お子さんの年齢』で選ぶ

転職先を『年代別』で選ぶ

このページの先頭へ