「錠剤自動分包機」で大幅に時間短縮

   

錠剤自動分包機錠剤を1回分ずつ袋詰めにするのは粉薬を作る機械からもできますが、全自動で作る機械もあります。それが「錠剤自動分包機」です。薬局では自動分包機というと「錠剤自動分包機」を指すことが多いです。

錠剤自動分包機には薬ごとにカセットが割り当てられており、カセットの中にPTPから出した状態の薬を入れます。薬は500錠や1000錠単位でPTP包装されずに容器に入れられてバラ錠として販売されているものもあるので、よく分包する薬はバラ錠で購入して自動分包機に入れます。

バラ錠は数量が多いため、あまり処方されない薬はPTPのものを購入してカセットに入れる際に手でPTPから出していれます。バラ錠での保管は湿気ってしまいやすいなどの問題があるため、相当数処方されるものでないと頼みません。

錠剤自動分包機錠剤自動分包機には小さなパソコンがついているので、処方が出たら患者名、分包する薬剤、服用法などを入力します。

患者ごとに処方を保存する機能があるので前回出た処方を呼び出して今回の処方と照らし合わせることも可能です。あとはスタートボタンを押せば自動で分包されます。

どうしても機械物なので、使い慣れないとなかなか操作が難しかったりすることがあります。納入されたばかりの頃は納入元のメーカーに問い合わせをして色々聞きながら操作を覚えるといった感じでした。

操作に慣れてくると、相当早く分包することができ大変便利です。

   

同じカテゴリー内の記事一覧

       

複数に無料登録して就職成功確率大幅アップ!

※転職を成功させるコツは「複数の求人サイトに登録すること」です。すべて無料で登録することができます。

記事のタイトルとURLをコピーする

転職先を『条件』で選ぶ

転職先を『お子さんの年齢』で選ぶ

転職先を『年代別』で選ぶ

このページの先頭へ