20代後半の薬剤師転職・求人の注意点

ここでは「20代後半」の薬剤師の転職事情について紹介しています。

20代後半の薬剤師は、仕事をし始めてから数年がたち、薬剤師としても一通り仕事を覚え、更に、業界内の事情にも詳しくなってきます。

これにより、転職を考え、実際に行動に移す薬剤師が多くなります。

将来のことを見据え、どのような薬剤師になりたいのかをしっかりと考えて行動するようにしましょう。








転職体験談(27歳女性)


ここで掲載している体験談は、当時27歳の女性の薬剤師のお話です。

結婚を機に転職をしたことになっていますが、実際には薬局で不当な扱いを受け、転職サイトを利用して転職しました。

結果として収入や休日は減ってしまったものの、結婚や出産をしていても働きやすい環境に満足しています。

そんな彼女の転職体験談をご覧ください。



20代後半の転職サイトの選び方


この年代、つまり20代後半の薬剤師は非常に需要が高いといってもよいでしょう。そのため、「仕事がない」ということは通常ありません。

しかし、転職が容易すぎて簡単に転職先を決めてしまい、結果として転職に失敗してしまう人が多いのもこの年代です

せっかく需要の高い年代ですので、転職には失敗したくないところです。

そのためにも、転職サイトを利用し、プロの意見を参考にした方が良いでしょう。



採用されやすい薬剤師とされにくい薬剤師とは?


需要の高いこの年代でも、採用されやすい薬剤師と、そうでなく薬剤師がいます。

採用されやすい薬剤師は、「即戦力となる人材」です。一方、採用されにくいのは「短期間で転職を繰り返す人材」です。

採用する会社にとっては、将来会社を背負って立つ人材を求めているわけであり、すぐに転職してしまう可能性のある人材は、初めから雇うことはありません。



20代後半の転職のメリット・デメリット


若い薬剤師にとって転職で一番変化することは「給与の金額」でしょう。大学を出てすぐに就職すると、比較的低い賃金で採用されます。

しかし、薬剤師業界は特殊で転職することで、一気に給与額をアップさせることができます。場合によっては年収が倍になるということもあります。

デメリットは若さもあり、まだ業界の深い所まで知らないことがあるということです。そのため、思わぬ落とし穴にはまってしまうことがあります。



20代後半の転職の注意点


若い薬剤師が転職するときに見落としがちなことは「契約書」です。働くということは雇用契約を結ぶということであり、しっかりと雇用条件を文章で交わす必要があるのです。

これを怠ってしまうと、話が違う!といったことに繋がる可能性があります。



20代後半のキャリアアップとは?


20代後半は、若いからこそ、様々なことにチャレンジすることができます。関連資格を取得したり、パソコンや英語の能力を高めたりすることで、キャリアアップにつながる世界です。

また、転職も給与をアップさせたり、労働条件を良いものにしたりとキャリアアップと言えます。

年齢を重ねるとなかなかできないことも、若いからこそできることもあるのです。



20代後半の悩みランキング


20代後半の薬剤師にありがちな悩みを、ランキング形式で紹介しています。




20代後半の薬剤師の特徴


薬剤師として仕事をし始めたばかりの頃は、一人前に仕事ができるようにと必死になり、なかなか周りが見えないものです。

しかし、20代後半ともなると、仕事にも慣れ、余裕が出てくることで、色々自分の状況を見つめ直すようになってきます。その時、自分の置かれている環境に疑問を持ち「転職」の2文字が頭をよぎる人は少なくありません。

また、採用する側にとって、20代後半の若い薬剤師は非常に欲しい年代となります。既にある程度の仕事を覚えているため即戦力となり、会社の将来を任せられる人材となり得るからです。

そのため、この年代の薬剤師が転職で困ると言ったことはありません。

その代り、あまりにも簡単に転職することができるため、特に考えず転職してしまい、失敗をしてしまう薬剤師が増えるのもこの時期です。

「もっと良い条件で働きたかった・・・。」と悩む薬剤師も多いです。


転職しやすいため、好条件を求めすぎ転職を繰り返していくと、気づいた頃には「数多くの転職歴」を持つようになっています。

すると、その転職歴が足を引っ張り、本当に就職したい職場が見つかったときに就職ができなくなってしまうこともあります。

そのようなことにならないよう、自分に合った職場を一発で見つけられるよう、多くの業界、求人情報に常日頃から敏感になっていた方がよいでしょう。

薬剤師仲間や求人情報誌、薬剤師専門の転職サイトなどをフル活用し、将来安心して仕事ができる環境を探した方がよいでしょう。

20代後半の薬剤師の転職のメリット・デメリット

20代後半は薬剤師として転職がしやすい時期です。ただし転職がしやすいからこそ転職を繰り返すことは危険です。

20代後半で採用されやすい薬剤師とそうでない薬剤師とは

20代後半の薬剤師は薬局やドラッグストアであれば転職しやすいでしょう。ただし、病院やメーカーの場合、20代だとしても難しくなってきます。

20代後半の薬剤師の求人サイトの選び方

20代後半の薬剤師は転職の時期としては良い時期なのですが、初めて転職する人も多く、戸惑いながら転職活動をすることが多いです。結果として転職に失敗してしまうことがあるため、転職を成功させたいのなら転職サイトを利用してみると良いでしょう。

20代後半の薬剤師の転職の注意点

転職は時期が遅くなればなるほど、成功しづらくなってきます。20代後半はまだまだ転職するには良い時期と言えます。

20代後半の薬剤師のキャリアアップとは

20代後半の薬剤師がキャリアアップをする方法としては、今の会社内で上を目指すか転職をするかのどちらかになることでしょう。

20代後半の薬剤師の悩みランキング

20代後半の薬剤師が抱える悩みをランキングを紹介しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ